199話(2000年1月21日 ON AIR)

「沈黙のエレベーター」

作・四夜原 茂
エレベータが動く音。「ウィーン」とか「ゴゴゴゴ…」とか。
その後、ガチャンと扉が開く。かなり古いエレベータのようだ。
誰かがエレベータに乗る。ハイヒールの音が「カツカツ」と。
何階ですか?
あ、7階お願いします。
はい、7階ですね。(ボタンを押す)
どうもありがとう。
エレベータはゆっくりと上昇してゆく。ウィーンとかゴゴゴゴ…と音をたてながら。
かなり古いですよね。
え?
かなり古いですよ、このエレベーター。
そうですね。
まだ2階を通過したところでしょ。まだまだ着きませんよ、これじゃあ。
あ、やっと3階だ。3階を通過しました。もうすぐ7階までの中間点です。
このへんかな?このへんが中間点でしょう。がんばるんだエレベータ君。
ふふふ…。(笑う)
…よかった。笑ってくれて。
…よかったって?
僕ね、エレベーターの中で二人っきりになるの苦手なんですよ。
二人で息を殺して階数表示のランプを見つめるだけとか…
何か、緊張しちゃうじゃないですか。
特に男と女だとね。
そうでしょ。目のやり場に困るし、仕方なく動いてくランプを見つめることになるじゃないですか。
扉が開いてどちらかが出て行くと思わずため息がもれたり。
あ。あなたもそうなんだ。
これくらいのエレベーターならまだいい方だわ。もっと大きいと最悪。
二人で正方形の角んところにへばりついて無視し合うんでしょ。
あれはいやだなぁ。だから何かしゃべることにしてるんですよ。
「がんばるんだエレベーター君」とか?
まあ、たわいのない事をしゃべるだけなんだけど……

たいがい無視されますね。
そうでしょうねぇ。
…あなたは、ちゃんと笑ってくれたから…ちょっとうれしかったな。
……あれ…4階のランプは?
そうですよね。4階のランプ、こわれちゃってるのかな。
動いてるわよねぇ。
ええ、動いてます。
…普通なら私も無視したかも知れないわよ。
あ。やっぱり?
今日ちょっと楽しいことが起こりそうだから笑ったのかもね。
あ。7階で誰かが待ってるとか?
ふふふ、…まあ、そんなとこ。
いいなあ。うらやましいなあ。
……あなたは?
僕ですか?僕を待ってる人なんていませんよ。
いや、そうじゃなくてね。何階に行くの?
え?
ボタン押し忘れてるんじゃない?
ああ、いいんですよ。まず楽しいことが起こりそうなあなたを優先します。
あ、そう…。変じゃない?
何がですか?
5階のランプもこわれてるのかな?
きっとそうですよ。だって動いてるじゃないですか。
でも、もう着いてもいいころだと思うけど。
…えーと、そうですよね。いくら古いエレベーターでも、ちょっと遅すぎるかな?
ほかの階のボタン押してみましょうよ。
はいはい。(いろんなボタンを押す)
どう?
これで各駅停車にはなるはずなんだけど…あれ?動いてんのかな?
耳をすませると、動いている音はする。
動いてるわ。
変だなあ。7階が最上階なんですよ、このビル。どこまで上ってるのかなぁ。
非常電話はどこ?
ええと、ないですね。
非常電話、ないの?そんなエレベーター見たことないわよ。
だってほら、ないですよ。
……私、ケイタイ持ってるから電話してみる。
電波とどきますか?
ええ?こわいこと言わないでよ。…あー、よかった。ちゃんとエリアに入ってる。
「ピッ」と発信ボタン。
7階で待ってる人?
そう。…あ。クリス?あたし。エレベーターが変なことになっちゃって困ってるの。…そうじゃなくて、1階から乗ったんだけどどの階にも止まらないのよ。店の人に言って何とかしてくんないかな?…わかった。もう少し待つわ。あ、切らないでいいから、そのままにしといて。
ああ、よかった。これで助かりますね。
本当、どうなってんのかな、このエレベーター。あなたがさっき乗ってたときは何でもなかったんでしょ。
はい。ふつうに動いてましたよ。地階から1階までは。
まだ動いてる?
動いてますね。どんどん上がってます。
おいおいって感じね。
…なんか。あれですよね。
なに?
エレベーターのトラブルは困るけど、お話できましたよね。
そりゃそうだけど、やっぱりトラブルは困るわ。
そうですか?僕は何の会話もないエレベーターよりちょっとしたトラブルなら、そっちの方をえらぶなぁ。
そおぅ?…あ。クリス?どうなった?え?動いてる?だから、動いてるんだって、動いてるんだけど止まんないのよ。
「ガッチャン」とエレベーターが止まる。
あ。
ちょっと待って。止まったわ。
「ガチャンガチャン」と扉が開く。
扉も開いた。
じゃ、僕はここで降ります。けっこう楽しかったなぁ。またいつかあなたと会ってみたいです。どこかのエレベーターの中で。
男、歩き去る。
あ。さよなら。…え?ああ、地下から乗ってきた男の人。ここ…どこなのかなぁ…。え?地下はない?なに言ってんのよ。地下から乗ってきてたんだって。…どこのビルって…え?私、まちがえちゃってたのかなぁ。…ここ?なんかね。薄暗い廊下がずっと続いてるんだけど…。あ。扉が…。
 
「ガチャガチャ」と扉がしまる。エレベーターが降りてゆく。
おわり