200話(2000年1月28日 ON AIR)
「タツの日」

作・

久野 那美

 

*N…ナレーション(ひとりごと)です。

  
  
 

風の中。絶え間なく、ブランコの音。

  
兎(N)1月1日。快晴。公園はしんと静かだった。
町にはもう、人がいない。
次の町へ向かわなくては。
無性に話したくなる。謝りたいのか…?言い訳をしたいのか?
誰かに聞いて欲しいのに。
聞いて欲しい時にはいつも、その誰かがいない。
自業自得。
食べたのは自分なのだ。この町の人をみんな。

ふと。後ろで誰かの気配がした。
もう、誰もいないはずなのに。
振り返ると…大きなタツが、丸い目でこっちを見ていた。

タツあけましておめでとうございます。

兎(N)タツは軽く会釈をし、新年の挨拶をした。
隣のブランコへ腰掛けると、不器用にこぎ始めた。
ブランコが揺れるたびに、大きなしっぽがじゃりじゃりと地面をえぐった。
ブランコに乗るのに適した形をしていないのだ。

  
 

じゃり、じゃり

  
タツ兎さん…ですよね。

わかります?

タツええ。わかりやすい形ですから。

兎(N)馬鹿にされたような気持ちがした。
それでも誰もいないよりずっとましだ。
新年早々、タツと、話してみようと思った。
自分のことを…
絵に描いたような元旦の光景だ。

わかりやすいのは形だけです。見てわからないこともありますよ。

タツ???

ひとを食べる兎の話…聞いたことありますか?

タツひとを食べるんですか。

はい。

タツあなたが?

ええ。

タツ兎なのに?

兎なのに。

タツふうん。

食べないと死んでしまうんです。この町の人もみんな、食べてしまったんです。

タツこの、町の人…。…(ぼおっ炎を吐く)

………炎を吐きましたね。

タツ…ごめんなさい。

いえ…。

タツきいてますよ、ちゃんと。

…。

人を食べる兎との付き合い方を誰も知りません。僕にもわからないんです。
勉強しました。法律や、文学や、哲学や科学…。法律は人を食べる兎を裁いたりしないんです。だから、僕には罪がないのかもしれないと思いました。
でも法律は人を食べる兎の権利のことも、説明したりしませんでした。
文学や、哲学や、科学が教えてくれるのは、人間と世の中のことでした。
正しいことや間違ったことについてでした。人を食べる兎のことではありませんでした。

タツ文学…(ぼおっ炎を吐く)

はい。

タツ哲学…(ぼおっ炎を吐く)

はい。

兎(N)なんだかひどく疲れてきた。
タツは炎を吐くばかりで、顔色一つ変えずにブランコをこいでいた。
後悔した。やっぱりタツなんかに話すべきではなかったのだ。
しかも彼女は追いうちをかけるのだった。

タツ何をやっても、どうしようもないんですね。

…。

タツ兎なのにね。

…。

タツあなたが「間違った兎」だからですね。

兎(N)タツはきっぱりと言い放ち。そして七色の炎を吐いた。
救いようのない気持ちになった。
こんなことまで言われたことはなかった。
それはきっと言われる前に…。
もしかしたら…、ふと思いついて尋ねてみた。

兎  あなたも人間を食べるんですか?

タツ いいえ。

兎  …タツって、は虫類ですか?

タツ …(無視)

兎  卵を産みますか?

タツ (無視)

兎  …空を飛びますか?

タツ (無視)

兎  休みの日は何をしてるんですか?

タツ (ぼーーーーーっ大きな炎を吐く)

兎  …ごめんなさい。質問されるのは嫌いですか?

タツ 答えられないんです。何を聞かれても。

兎  ??

タツ 存在しない生き物だから。

え?

タツ正しいタツも間違ったタツもいない。タツなんていないんです、どこにも。

だって…。

タツあなたは今、私と話をしているけれど、ほんとはそんな気がするだけ。

…。

タツだからわたしは人間を食べたりしないし、兎も食べたりしないし、あなたも私を食べることができない。

…。

  
 

風が吹く。

  
タツ(ぶるるっとふるえる)

寒いですか?…。

…寒いですか?

タツ平気です。寒い時は炎を出しますから。

兎(N)タツは地面に降り、大きな炎を吐いた。
炎はブランコをひとつ燃やした。
……ぶらんこはひとつだけになった。

  
 



ふとブランコの音が止まる。兎がとび降りたのだ。

  
タツ何処行くんですか?

おなかがすきました。ここにはもう。食べるものがありません。

タツ乗らないんですか?

はい。

タツ(ブランコを揺らしてみる)

兎(N)背後でじりじりと音がした。振り返ると、タツが残ったブランコをこいでいた。

タツさよなら。(ほおっ)

…さようなら。

兎(N)タツに背を向けて、てくてくと歩いた。
次の町は遠かったけれどやがてたどり着いた。
空腹になるとひとりづつ、人間を食べ続けた。
誰かに話したいとき、いつもそこには誰もいなかった。
空っぽの町をあとにするたび。タツのことを思い出した。
そういえば。あの日、初めて誰かに「さようなら」を言ったのだった。
また、どこかで会えるだろうか。
どこにもいないはずのタツは、
今もあの公園にいて、
大きなしっぽをひきづって、
窮屈そうにブランコにのっているような気がしてならない。

(終わり)………………………………………………………