206話(2000年3月10日 ON AIR)

「空はピーカン、天井知らず」

作・狩場 直史
地方の喫茶店の店内。午前11時前後。
有線放送で昔の邦楽のBGMがかかってる。
(ex.サザンオールスターズ1st『別れ話は最後に』)
テーブルに向かい合って男と。
夢じゃ、食えませんよ。
(ナイフを動かしながら)冷めるよ早く食わんと。
女の、スパゲティーらしきモノを食す音。
きのう高校の同期のやつと会ったけどさ、また言われたわ、「好きなことやれていいよなあお前は」って。「夢があってさあ」って。真顔で。あああ、どうにかしてそのへんの誤解は解けないもんかねえ、
と、店内の有線に突如ボリューム大のノイズが混入し、消える。
うお。びっくりした、(奥のマスターに向けて)頼むよもう。(向き直って)ここ思いでの場所なんだから。なあ。
よくこうなるよ最近。
えそうなの。
接触悪いみたい。
よくここ来んの。
まあね。どうしても、足向いちゃって。
へええ。…
何よ。
来ちゃうんだ。ここに。
食器の鳴る音が際立つ。
朝からよく食うなあ。
(喰いながら)今に始まったことじゃない。
(女と同時に)ない、わな。
もう昼だって、お外は。
来客でもあったか、外の空気が入ってくる。
晴れ…ですか。今日も、空は。
(突然)取り返しのつかないことしてみたくて。
ん?
最近。したくて。取り返しのつかないこと。この前、3時間くらい歩いた。財布も持たずに。夜中。
はあ。
案の定帰れなくなって。ゆっくり、倍の時間かけて帰った。仕事も休んで。その日のノルマ、パア。
あのなあ。
また有線にノイズが混入。
まただ。…ま、いいけど…気をつけろよ。よく刺されなかったな、通り魔に。
知ってんの。
有名だよ全国的に。1ヵ月で8人だろ刺されたの。
昨日1人増えた。
尊敬するわ。ほんとに。
へ。
人刺せるくらい、狂えるんだもんなあ。はっきりしてるよなあ。
もちっと気をつけろよ。言葉なんか、絶対通じないんだから。
女の、水を飲みくだす音。
おおい。3杯目だよ。水。
渇くのよ。喉が。
喉が。
うん。(飲み干す)
(わざとらしく)いやいや、ええ飲みっぷりですなあ。もう一杯いかが(注ぐ)。あれ。
こぼさないでよ。
いや。太陽がまぶしくて。
太陽があ?
あれ。
男の目から涙が流れ出たらしい。
同調するように有線が乱れる。
やだ。泣いてんの。
おかしいな。
(笑)可笑しいわ。太陽がきれいだ、びえーんって。夢で食えない言うてる30男が。
一瞬の間。
・わはははは。(笑)
そういや泣いたことないな。
え?
うまく泣けたためしがない。最近。
一瞬の間。
・わはははは。(笑)
人のこといえるか。
(笑)だって。
(笑)変わるものと、変わらんものがあるんだなあって。
なに?
さっき、思ったの。
ぎゃははは。(笑)太陽見て。
昨日が最後のライブになるかもしれん。
え。
オレが、じゃないよ。うちのバンド。ガンちゃんで持ってるようなもんだろ、おれらのバンド。
岩元君?
そう、岩元ガンちゃん。どうふんばっても、力の差は歴然としてるだろ、音楽の。だからガンちゃん、どんどん背負わなくてもいいもん背負っちゃって、オレらも、オレらがしっかりしないとガンちゃんダメになる、ってテンパっちゃって、悪循環。空気どんどん悪くなってって。
うん。
で。ガンちゃんとうとうクルっちゃって。
あ。
あのときのやつの顔。忘れられない。オレ、こんなとき絶対説得できると思ってたんだよ。あいつを。どうにもならないことってあるんだなあ、って。思った。とても正気に戻せる状態じゃなかった。
でも昨日。
うん。本番直前にふらっとあらわれて。「唄えるか」としか聞けなくて。「ああ」って。結局フルでこなしやがって。
ああ。
いい演奏だった。おれが言うのもなんだけどな。
ううん。
一生ガンちゃんについて行こうと思った。おれもガンちゃんになろうと思った。一緒に狂うべきなんだ、とまで思った。でもさ。
また出てるよ、涙。
たとえばこの喫茶店。
え。
俺もどうしようかっていうときは、ここにきちゃうんだよ。いつも。この喫茶店。変わらないこのテーブル。接触不良の有線放送。(大声で)どうしてここじゃなきゃいけないのか!全然分からん。
まるで女に向けて言ってるかのよう。
有線の曲はいつの間にか「今夜はブギー・バック(smooth rap version)/スチャダラパーfeaturing小沢健二」に変わっている。
見上げたら、空はまぶしくて。変わらんものが、確かにあって。そんなところばっかり、目がいって。
ああ、おれはガンちゃんにはなれんなあ、はっきり、そう思った。狂うまで、おれは思いつめられんって。続けてしまうんだよ、あいつがいなくなっても。金にならないと分かってても、おれは。だらだらと。
…いや。ここ笑うとこ笑うとこ。いやあ。そんなセンチメンタルな気分になっちまって。
、水を飲み干す音。
狂えないじゃない。
え。
そんなこと言われたら。
なに。
いっそ青臭いことでも言ってくれたほうが、ふんぎりつくのに。「今の仕事やめろ。オレが食わせてやるから」とか絶対無理なこと言ってくれたら、かえってすぐ別れられるのに。そんなこと言わないって分かってるから、なおさら。
有線のノイズが。
この変わらない状態に耐えられなくなって。毎日、太陽まぶしくて。でも変わらないものはたしかにあって。
うん。
「うん。」じゃない。
うん。
わたしも思いつめてるとしたら?
え?
狂うくらいに。
あたしだから。
なに。
通り魔事件、あたしのしわざだったら。
ナイフのカチンと鳴る音、いすの擦り音。
はっきりとは分からないが、女がナイフをもって立ち上がったようだ。
もしそうだとしたら?説得できるの?
しないの?
…しないよ。
え?
お前は、そこまでいかないよ。
そんなことない。
なんてね。
え。
、男の前の食器を奪い取り、音もはっきり聞こえるような所作で、おおげさに食べはじめる。
できるわけ、ないじゃない。こんな、別ればなしも、はっきりできないようなヒトにさ…
モグモグいってて聞きとりにくい。
…こんなときになんだけど…
…(黙々と食う)
それ、オレのパフェ…
…(黙々と食う)
…まあ、パフェ頼む30男ってのも、なんだか、な…
(食いながら)今に始まったことじゃない
(女と同時に)ない、よなあ…
店内にはまだ「今夜はブギー・バック」が流れている。
なつかしいよねこの曲。
女の嗚咽(おえつ)が食器の音に交じって、かすかに聞こえる。間。
嘘つき。うまく泣けてるじゃない。
上記の音少し大きくなる。
お前は人、刺せないよ。お前も、オレもさ…いいかげんだから、さ…
有線の曲はラップパートの3番の以下の歌詞部(3分17秒)にさしかかる…

 “とにかくパーティーを続けよう
 これからもずっとずっとその先も
 このメンツこのやりかた
 この曲でROCKし続けるのさ…。”
おわり。