210話(2000年4月7日 ON AIR)
「月夜」

作・

久野 那美

ひさしぶりに外へ出ると、しんと冷えた夜の空気はいつの間にか消えていて。
なま暖かい風がのったりと吹いていた。
夜桜が白く闇に浮かんでいた。
聞き覚えのある低い音が、遠くから聞こえてきた。
のぼり切った坂の向こうに月が見えた。

ごろん、ごろん、ごろん、ごろん…

道の向こうから、一心に坂道を転がって来る月が見えた。

ごろん、ごろん、ごろん、ごろん…。

どこも傷んでいない、どこもへこんでいない。

ごろん、ごろん、ごろん、ごろん…。

かんぺきなまんまるだった。

ごろん、ごろん、ごろん、ごろん…。

同じ速さで、同じリズムで、たんたんと、月は転がって来た。

ごろん、ごろん、ごろん、ごろん…。

輪郭はほんとうに大きくて、曲面は鈍く銀色に光っていた。

ごろん、ごろん、ごろん、ごろん…。

月が道をふさいでいるので、向こう側は何も見えなかった。

ごろん、ごろん、ごろん、ごろん…。

………そうだった。

ごろん、ごろん、ごろん、ごろん…。

こんな月の夜がときどきあった。

ごろん、ごろん、ごろん、ごろん…。

すっかり忘れていた。

ごろん、ごろん、ごろん、ごろん…。

ひとつきに一回。月はこんなかたちになる。

ごろん、ごろん、ごろん、ごろん…。

だけど、なかなかこんな風に会えない。

ごろん、ごろん、ごろん、ごろん…。

空を見るのを忘れてるから。

ごろん、ごろん、ごろん、…ごろん。(だんだんに大きくなり、停止する)

月は転がるのをやめて、私の目の前で止まった。路沿いにならんだ桜の木が、月明かりに照らされてぼんやりと光っていた。

  
 

  
こんばんは。

 …。

満月だったんですね。今夜。

…。

桜が開きましたね。

 …。

あなたがいると、夜の桜がきれいに見えます。

…。

おひさしぶりです。

…。

…わかってます。ひとつきに1回、あなたは必ずこんな形になる。

…。

私がずっと忘れてただけ。

…。

今夜誰かに会うなんて思わなかったから。

…。

あなたはいつも、そんな夜にやってくる。

…。

わかってます。ひとつきに1回、あなたは…。

…。

覚えてますか?私のこと。

…。

覚えてないかもしれません。あなたはいろんな人に会うから。

…。

だけど、………………私は、覚えてます。

…。

いつもは忘れてるけど、会ったときだけ思い出します。

  
 

  
夜中の校庭をごろんごろん横切っていくあなたを、屋上から見ていた夜。

…。

踏切の向こうに、あなたを見つけて立ち止まった夜。

…。

…帰るところがなかった夜。

…。

見上げると真っ暗な闇があって。
まんまるなあなたはそうやって一心に転がっていました。

あなたの周りはぼんやりと明るくて。

だけど輪郭はくっきりとかんぺきにまるかった。

…。

世の中にこんなにまんまるなものがあるなんて。

なんだかね。それがとっても可笑しくて。

…。

偶然だったんでしょうけど。あの夜も、あの夜も。

だってあなたがまんまるになるのはひとつきに1回だけ。
それもいつも決まった夜に。

でもね。偶然でもまんまるだった。あの夜も。あの夜も。

…。

こんばんは。って私は言ったけど。

…。

あなたは何も答えてくれなかった。

…。

あの夜も。あの夜も。

…。

無愛想に。

…。

あなたに会ったっていうことは…。私は今夜、また空を見てたんでしょうか。

  
 

  
私は、それ以上話しかけるのをあきらめた。……気がついたのだ。そこはすれ違うには狭すぎる道だった。壁に張り付くようにして、月のために道を空けた。

ごろん、ごろん、ごろん、ごろん…。

月は転がっていった。先は下り坂だ。だけど同じ速さで、だけど同じリズムで、月は同じように転がっていった。大きな音を立て、一心に転がっていった。

ごろん、ごろん、ごろん、ごろん…

音は少しずつ小さくなっていった。あたりはまた、少しずつ暗くなった。

銀色のまんまるがだんだんにだんだんに小さくなって、闇の向こうへ消えていくのを。
…見えなくなるまで見ていた。音だけはいつまでも耳に残って離れなかった。
あの夜がそうだったように。
あの夜がそうだったように。

こんな月夜がときどきあった。
世の中に、あんなにもまんまるなものがあったのだということを、
ふっと思い出す夜。

月のいなくなった道を、ゆっくりゆっくり歩いた。
桜はまだほんのりと白かった。
ごろん、ごろん、ごろん、ごろん、
帰ってぐっすり眠ろう。あの音を聞きながら…。

…………こんな月夜がときどきある。
……………………………