212話(2000年4月21日 ON AIR)
「春の宴」

作・

深津 篤史

  
 

街のざわめき

  
父さんやっぱり遅れるって。

うん。

予約12時だったよね。

まあ、30分くらいだったら

30分か

今どこだって

ええとねえ

駅ついてんの?

どうしよ

え、何?

先、食べちゃおっか。

何いってんだよ

だって

今日はその、あいさつだろ。俺ら2人でメシ食ってどーすんだよ。

うん

結納とか、そういうカタくるしいのはなしにして、とりあえず食事でもくって、だから、今日は君のお父さんがメインなわけでしょ。

そんなにポンポンいわないでよお

あ、ごめん

うちのお父さんってね、ついてない人なの

え、何

ここ一番って時に失敗する人なの

何の話?

でもお父さんのせいじゃないのよ

何?

今朝はね、おフロがこわれちゃったんだって

フロがどうしたの

父さん、ここんとこ仕事忙しくって2日くらいおフロ入ってなくて

それで

近所のおフロ屋さんが朝ブロやってるからってそこに行ってね。

うん

おじいちゃんと2人っきりだったんだって

うん

息子さん、最近交通事故でなくされてね

知りあい?

ううん、全然知らない人。でも、話しかけられたらムゲにするわけにもいかないでしょ

まあ、そうだよな

でも、まだ間に合う時間だったのよ、新幹線にのったら

新幹線のってんの

だって早いでしょ

そりゃまあ、そうだけど

ここからは父さんが悪いんだけど

何、何

こだまのつもりがひかりにのったんだって

止まんない、止まんない

って、どこにいるの?

んなにポンポン言わないでよお

いや、ごめん。

て、あわてて、ひきかえしてね

ああ、良かった

そしたらね

まだあんの?

こっちにはついたのよ、ここから先は父さん悪くないのよ、地下鉄がね

地下鉄が

何か、事故で動かないって

タクシーでこっちくるって、さっき電話で

じゃあ、向かってんだ

うん

良かった

ごめんね。

いや、いいって

  
 

ケータイ電話の音

  
…もしもし、あ、お父さん、今どこ。え、何、…どこだろう?聞きにいってる?誰が?運転手さん?…そうなの。うん。それは性がないよねえ うん、うん。私だって 春だもんねえ しようがないねえ …うん、まってるから、じゃあね

一体何がおこってんの?

ええとね

春だからどうしたの

運転手さん、道わかんないんだって

え、だってここ誰でも知ってる…

タクシーのりはじめて一週間なんだって

は?

最初にちゃんとわからないって断られたんだけど

じゃあ、別のにすればいいじゃん

だって、だってね。今日はめでたい席だからカタイことはいわないでって、ゆっくり急いでいってくれって

何だそれ

君もこれからだ。うちの娘もこれからって、だからおいわいの席だから…ごめん

春か

うん

春だもんなあ。