217話(2000年5月26日 ON AIR)

「ひどい話」

作・深津 篤史
大雨…。
ああもう、
女、ケータイのスイッチ入れた。
男の声
もしもし、名倉です。お電話ありがとうございます。ただ今外出中につき電話に出られません。発信音のあとに
女、ケータイを切った。
使えん男やなあ、全く。
女、タバコに火をつけた。
ラジオ入るかな。
女、ガチャガチャとスイッチを押す。ノイズ。
使えんラジオやな。こういう時は何やろ。
女、しばし考え、鼻歌をうたう。
あかん、余計気がめいる。こういう時は、あ、そうか。
女、大きな声で鼻歌をうたう。
こ、これは一人カラオケBOXやないかい。
外は大雨…。
さみしいなあ。あ、そういや駅前のゲーセンにそういうのある言うてたなあ。一曲50円のカラオケBOX。一人で歌う用。けっこう利用客いるって。世の中はさみしいねんなあ。
外は大雨…。
水、入ってけえへんなあ。
ラジオのチューニング音。
って、何でここはこんなに浅いねん。
女が何かをけった音。
港ってふつうもうちょっと深ないか?こんな浅かったら船底に当たるやん。
女はもう一度けった。
かっこ悪いなあ。
と、突然ラジオから長唄がきこえた。
女、しばし聞きいる。女、ラジオのボリュームを少し下げ
こんばんは。深夜の貴方の時間です。みなさん、どんな深夜を過ごしていますか。
ゴポ…と波がきて、少しゆれた。
(少し笑って)旭区の25才のOLさん、ペンネーム…ドザエモンさん、ひどいペンネームですねえ。からのお便りです。
みなさん、こんばんわ。つい先日男にふられました。腹いせに彼の愛車で大阪港にダイビングです。大阪港は思ったより浅いです。いえ、何かにひっかかっちゃって、まだお空が見えます。雨がふってます。星はみえません。
雨と波の音。
これまた珍しい深夜の過ごし方ですねえ。ところでドアはまだ開きますか。無駄に命をすててはなりません。ドアが開くなら、表に出てみましょう。あ、カナヅチだったらごめんなさい。 
女、しばし考える。
雨か、どうせぬれるしなあ。
女、ラジオのボリュームをあげる。
あわせて唄ってみる。
あかん、何ゆうてるんかわからへん。テーマソングにもならへんちゅうねん。何のテーマ?ちょっと早い海水浴。行ってないなあ、海水浴。あいつと。あいつ、やるばっかしやもんなあ。何であんなんと半年もつき合うてたんやろ。正解、私もすきもんやから。あかん、あかんて、25のまだ若い乙女がすきもんなんて言葉使ったらあかん。
雨と波の音
ババくさい唄のせえやな。
女、ラジオ切った。
静かやま。
雨音は止んでいる。
って、これさっきより沈んでるやん。
雨音は止んでいる。
いや、それでええんやん。うん。当初の目的やってんから。
女、ラジオのスイッチを再び入れた。ノイズ。
旭区の「ドザエモン」さん。お便りありがとう。私はといえばですね、私も今、海にいます。真っ暗ですね。深夜ですから。波の音しかきこえません。何てゆうんでしょう。母なる海のゆりかごに抱かれてってやつでしょうか。何だかはずかしい事いってますね。これはやっぱりさみしいという事でしょうか。あ、お魚さんがいますねえ。見えませんけど。なんせ海ですから、お魚さんはいるはずです。私はお魚さんのエサになるんですねえ。これが自然なんだねえ。ゆうきゅうの営みなんだねえ。(と、シイナマコト調で)…なんでやねん。
女、ケータイに連絡した。
男の声
あ、もしもし、お前か
お前ゆうな
男の声
今、どこにおるねん。
つながるもんやな。
男の声
おい、俺の車は
なあ、あんたの車な
男の声
なんや
お魚さんのおウチになるんだねえ。
男の声
女、ケータイを切った。
さて、準備体操せんとな。足つったらあほらしいし、25才まだまだいける。