220話(2000年6月16日 ON AIR)

「水族館」

作・久野 那美
海から遠く、離れることにきめました。
大きな町を作る場所は海から遠く離れたところがいいのです。
海から遠く離れたところに。
大きな立派な町ができあがりました。
みんな海が恋しくて、こっそり海へ帰ってきてしまうからです。 これでは町ができません。
新しい町の町長さんは考えました。
そして。いいことを思いつきました。

大きな入れ物を作って、海を少し持っていくことにしたのです。
大きな入れ物が町の真ん中におかれ、町の人の人数分だけ海が注がれそれでも。大きな海の入れ物はあんまり人気がありませんでした。
気持ちがしっくりこないのでした。みんな気恥ずかしくなるのでした。
海から遠く離れて来たのに町の真ん中に「海」を飾っておくなんて、なんだかとてもみっともないことのような気がしたのです。
町長さんはもっと考えました。
そして。いいことを思いつきました。

ここは町なのだから。「海」にも、住人を募集すればいいじゃないか。
魚たちに頼んでみました。
海藻たちに頼んでみました。
海辺の動物たちに頼んでみました。

こうして、町の真ん中に、魚たちの暮らす小さな「海」ができあがりました。
町は空っぽにならなくなりました。
みんな魚に会うのを口実に、「海」を見に行くようになったからです。
日曜日の昼下がり。
水族館の中で、父親と小さな娘が語り合っている。
…おしまい?
…おしまい。
…ふうん。
どうした?
それって、昔話?
そうだよ。
ほんとの話?
ほんとの話。おとうさんのおとうさんのおとうさんのおとうさんが、そのお父さんから聞いた話。
…だから、日曜日になるとみんな水族館へ来るの?
そうだよ。
だから、今日もこんなに混んでるの?
うん。
あたしたちじゃなくて、みんな海を見にくるのね。
そう。そして私たちがそれを手伝う。
なんか、かっこいいよね。
かっこいいだろ。
…おじいちゃんも、そう言ったの?
…。
蛸のプライドだね。
…。
ねえ。おとうさん。
うん?
あたしも、海が見てみたい。
あたしたちが海をみたいと思ったら、どうすればいいんだろうね。
…うーん…
ああ。おとうさん。うしろむいちゃだめだよ。ほら、子供がこっちみてる…。
おしまい。