223話(2000年7月7日 ON AIR)

「ビターカフェ」

作・花田 明子
登場人物
石川(女)
高岡(男)
大通りに面したコンビニ前。タバコの自販機にお金を入れる高岡。
ゴトンというタバコの落ちる音とおつりの音。
石川
うーっす。
高岡
ああ。
石川
珍しい。
高岡
何が。
石川
時間通りじゃん。
高岡
なーに言ってるんだ。俺はいつも時間通りだよ。
石川
よく言うよ。
高岡
いやいや。
石川
いつから?
高岡
何が。
石川
禁煙、やめたの?
高岡
あーあ。いや、実は会社ではまだ禁煙をしているということになっている。
石川
相変わらずだなあ。
高岡
何が。
石川
禁煙は人のためにしてるんじゃないんだから。
高岡
もちろんさ。
石川
だったら会社の人が見てないところでもやらなきゃ、
高岡
気持ちはね、もちろん。でも実は会社でもこっそり屋上で吸ってる。
石川
ああ、そうですか。そうですか。
高岡
何、喰う?
石川
え?
高岡
何か喰うだろ?
石川
ああ、そだね。
高岡
じゃあ、この先のうどん屋。
石川
あ、いやそこは…。
高岡
うどんは嫌か?あそこ、うまいぞ。ちょっと変に元気なお兄ちゃんが働いとるが。
石川
うんと、でも…。
高岡
値段も手ごろだしさ。
石川
いや実は私今あそこでバイトしてるんだよ。
高岡
うそ。
石川
うん。
高岡
あそこ、確か河合さんも前にバイトしてたんだよ。
石川
え?
高岡
知ってるだろ?河合さん。クラブの先輩だよ。
石川
うん…。
高岡
学生のころ、お金ないとき、よく河合さんのおごりで喰ったなあ。
石川
高岡さんらしいね。
高岡
いや河合さんていい人でさあ。お前、金ないんだろ?だったらいいよ。ってさ。
石川
何か河合さんなら言いそう。
高岡
みんなしょっちゅう河合さんのおごりで喰ってたよ。
石川
へーえ。
高岡
もう10年近くになるけど。
石川
やっぱり他の店。
高岡
え?
石川
何となく。
高岡
…。
石川
何となく、あそこはあれだから。
高岡
…まあいいけど。
二人、歩き出した。
高岡
でもこの辺てあんまり店ないからなあ。
石川
いいよ、どこでも。
高岡
よし、じゃあちょっと言ったところに喫茶店があるんだが。そこで確かちょっとしたものなら食えるけど…。
石川
うん。じゃあそこ。
高岡
よし、「サバンナ」な。
石川
え?「サバンナ」?
高岡
うん。あ、知ってる?
石川
うん。だってうちのすぐ近くだもん。
高岡
ああ、そっか。
石川
うん。
高岡
確か河合さんも近いんだよな。
石川
うん、半年くらい前かな、引っ越してきたの。
高岡
あ、そうか。
石川
うん。
高岡
じゃあ河合さんも呼んじゃうか。日曜だし。
石川
いや、
高岡
何で。お前あんまり会ってないだろ?河合さん。
石川
そんなこともないよ。
高岡
え、そうなの?
石川
うん。
高岡
え、会ったりすることあるの?
石川
うん、まあ…。
高岡
ああ、近所だしあれか。偶然会うわな、そりゃあ。
石川
…。
二人、「サバンナ」に着いた。
「カラン、カラン、カラン」
サバンナのママ
あ、いらっしゃい。
石川
はい。
ママ
あ、今日はお連れさんいつもの人と違うのね。
高岡
…。
石川
ええまあ。
二人、座った。
石川
コーヒー。
高岡
(小声で)…俺も。
ママ
え?
石川
ホット二つ。
ママ
はい。
ママ、去る。
高岡
河合さんとよく来るの、ここ。
石川
うん…よくってほどじゃないけど、まあ。
高岡
ふうん。
ちょっとの間
石川
さっきのうどん屋さんもね。河合さんがバイト紹介してくれたんだよ。
高岡
そっか…。
石川
うん…。
高岡
そっか…。
石川
うん。
高岡
石川、話って河合さんがらみか?
石川
うん…。
高岡
そっか。
石川
何かね、河合さんいい人なんだよ。
高岡
知ってるよ、河合さんがいい人だってことは。
石川
何にも聞かない何にも言わないんだよ。
高岡
…ふうん。
石川
でもね。いつ電話しても機嫌よく話してくれるんだよ。
高岡
回りくどいなあ。何なの?石川。
石川
前にさ、酔っぱらった話したことあったでしょ?
高岡
酔っぱらった話?
石川
覚えてない?
高岡
どんな話だったっけ?
石川
友達と。帰り道。私、今までなったことないくらい酔っぱらっちゃって。
高岡
ああ、自転車に乗れなくて大変だったって話?
石川
その時ね。一緒に私の横で自転車引いてくれたの、河合さんなんだよ。
高岡
…へえ。
石川
そのとき一緒に月を見たんだ。
高岡
月?
石川
私、覚えてないけどそのとき、河合さんと見た月を一生忘れないって言 ったらしいの。
高岡
それ、そんな話だったっけ?
石川
高岡さんには月の話はしなかった。
高岡
…。
石川
何かね、そういうことだなって気が突然したんだ。
高岡
そういうこと?
石川
河合さんとは同じ月を見られる。けど高岡さんとはそうじゃないんだよ。
高岡
何それ。石川酔ってるの?
石川
酔ってないよ。何かねそうだったんだなって気が付いたんだよ。
高岡
…。
石川
だからね。なんかよく分からないことはやめようと思って。
高岡
…それってそういうこと?
石川
うん。
高岡
河合さんと付き合ってるの?
石川
付き合ってないよ。
高岡
ふうん。
石川
ほら。
高岡
何?
石川
「ふうん。」「さあ。」「へえ。」高岡さんの返事はいつもどこか遠い。
高岡
そんなことないよ。
石川
ううん、そう。
高岡
…癖なんだよ。
石川
知ってる。
高岡
35年そうだったから、多分変えられないんだよ。
石川
うん。
高岡
なあ。
石川
ん?
高岡
何か言いたいんだけど何を言えばいいのかよく分からんよ。
石川
うん。
高岡
こういうとき男気のある奴なら何かすごいこと言ったり、バカにすんなとか言ったりするのかな
石川
そうなると高岡さんらしくはないなあ。
高岡
ひどいこと言うなあ、石川。
石川
だってそうじゃない。
高岡
うん…。
と、コーヒーを持ってママがやってきた。
ママ
お待たせしました。
ママ、コーヒーを二つ置いて、去る。
高岡
(コーヒーを一口すすって)あ。本。
石川
え?
高岡
お前に本を借りてたろう?
石川
ああ、いいよ。
高岡
いや。
石川
高岡さんにあげるよ。
高岡
そうか。
石川
うん。
高岡
返すついでに今日、うちに来るか?
石川
…もうだめだよ。
高岡
そうだな…。
石川
うん。
高岡
ジョークだよ。
石川
うん。
高岡
なあ、石川。
石川
はい。
高岡
今日のコーヒーは何かやけに苦い気がするぞ。…苦いなあ。
石川
…はい。
おしまい