225話(2000年7月21日 ON AIR)

「さまざまな結婚」

作・四夜 原茂
「老人2人の会話です。
デパートのすみっこによくある喫茶室。平日の昼間なのにかなり混んでる。じいさんが手を上げて合図する。
おーい。こっち、こっち、こっちじゃー。どこ見とんじゃ、わしはここじゃ。おーい。じれったいやつじゃなまったく。耳も遠くなってもうたのかの。おーい、ここじゃ、ここじゃーと、ティースプーンで、お茶の皿をカチャカチャたたく。
あなた、やめて下さいよ。はずかしいじゃないですか。
なにがはずかしいんじゃ。お前、もうちょっとで迷子になるとこじゃったろ。わしが呼んでやったからほれ、こうやって迷子にならんですんだんじゃ。
はいはい。
なにつっ立っとるんかの?すわってまあお茶でも飲んだちぇえ。おーい。そこのあんた。店の人か?ああ、注文じゃ。コーシーでええか?
ええ、コーヒーにします。
コーシーをたのむ。砂糖は多めに入れといてもらおかの。お前、その方がええじゃろ。甘党じゃしの。わしのコーシーなんかほれ、見てみろや。砂糖の「さ」の字も入っとりゃせんが。そらぁもう下がピリピリして飲めたもんじゃねえがな。
あなた、砂糖はここに入ってるんじゃありませんか。ほらほら、こんなにたくさん。
…ほんに。このツボに入っとったのかー。それならそうと言ってくれんと分からんじゃねえか。サービスの悪い店じゃなぁ、まったく。
入れてあげますよ、わたしが。いくつ入れましょうか?
まず、5杯くらい入れて様子を見ようかの。
はいはい。まず5杯ですね。
…で、どうじゃった?ええの見つかったかの?
見つかったって、何がですかね?
な、なんじゃて?お前、何も買うてねぇのか。
あれ?何か買う約束でしたかね。
なに言うか。お前が言いだしたんじゃど。記念日じゃからプレゼントの交換でもしよまいかって。
あら。
「あら」ってお前、じゃあ何のためにわしら、電車乗って、デパートまで来とんじゃ?
…さあ。
だめじゃ。とうとうボケがはじまってもうた。
ああ、誰でもなるんですよ。たいした事ないですよ。ちょっと忘れっぽくなってるだけですからね。
でもよ。記念日っちゃ、大事な日なんじゃ。それをお前…あ、コーシー来た。
カチャリとテーブルに置く音。
ああ、どうも。それじゃ、いただきます。
砂糖は多めに入れといてくれたかの?あんた。砂糖は入れといてくれたかの?
あなた。砂糖はこのツボに入ってますって。
あ、ああ、ああ、そうじゃった。
あなたは何を買ってくれたんですか?
わしはちゃんと買うた。宝石売り場のねえちゃん達に相談しての。50年間苦労かけた嫁にはじめてのプレゼントじゃからって…。
あなた、宝石買ったんですか?
ああ、ドーンと宝石ば買うた。お前のためじゃけん。金に糸目はつけんじゃった。
…。
あれ、どげんした?そんな目ばふせて。うれしくなかか?
うれしいですよ、そりゃ。なんか、昔のこと思い出しちゃったんですよ。そしたら何か、なんか泪が出て来ちゃったんです。
ああ、昔のことか。お前、美人じゃった。ああ、今でも美人じゃとわしは思っとるがの。昔は若くて美人じゃった。白い綿帽子かむったお前が馬に乗って来たあの日、ほんにわしは、しあわせ者じゃと思うた。
あなたも、りりしい男でした。ああ、今でもりりしい男だと私は思ってますよ。でも、若い男は輝いて見えるもんでしょ。あたしもしあわせ者だって思いましたよ。
うれしくてうれしくて、婚礼で飲みすぎたわしは、そのまま酔いつぶれてしもうたんじゃなかったかの。
うふふふ…。お調子者でしたね。あなた。
そうじゃ、調子に乗って、踊りまくった。あれがいかんかった。気がつくと朝が来ちょって「しもたー!」とわしは大声でさけんだんじゃ。
うふふ…。ほんとに大声でしたよ。アハハハ…。
その後、旅行に行ったかの?
熱海でした。
おろ?白浜じゃなかか?
熱海でしたよ。
たしか白浜じゃと思ったんじゃが…
どっちだっていいじゃないですか。たいした違いじゃないですよ。
ああ、そうじゃな。たいした違いはないわな。一泊二日の新婚旅行じゃ行き先はどこでもよかったんじゃ。
え?はじめて聞く話ですよ、それ。行き先はどこでもよかったんですか。
あたり前じゃろ。新婚旅行なんじゃもん。目的はひとつだけじゃ。
そうだったんですか。
じゃが、まてよ。この旅行でもわしは、酔いつぶれちょったかな?
あたり前ですよ。あんなに飲んで、何度も温泉につかったら誰だってフラフラになりますって。
はずかしかったんじゃろ。
え?
なんかの。わしら、見合いの時に一回だけ顔を見て、次に会うたのが婚礼の日じゃったろ?なんかわし、はずかしゅうて、それで酒のいきおいで、お前と…。
あーあ。なんかそんな感じでしたね。二人っきりになるとなんかソワソワしてましたでしょう。仕方ないから散歩に出て、お宮の松の前で写真とったりしましたよ。
そんなことしちょったかの?海を見ながら砂浜を歩いたのはなんとなく覚えちょるんじゃが、お宮の松とかは覚えちょらんなぁ。
あなた緊張してましたよ。出来上がった写真を見ると、口をへの字にして、こうやって腕組みして海をにらみつけてましたよ。
そんなことしちょったか…。やっぱ、はずかしかったんじゃろな。お前はどうだったんじゃ?
あたしも、そりゃ、はずかしかったんですよ。だから、あんまりしゃべらなかったでしょ。
ああ、そうじゃったなぁ。お前、あんまりしゃべらなかったから、わしがひとりでいろんなことしゃべって…なんか、こいつわしと居るのいやなんじゃないかなとか思っちょった。
そうじゃなかったんですよ。そうじゃなくて、なんかはずかしかったし、あなたがどんな人かまだわからなかったし…。
そうじゃったのかー。
今ならいろいろ話せて楽しいでしょうにね。もったいないことしましたね。
ああ、もったいない旅行じゃったなぁ。
ええ、もう二度と行けませんしねぇ。
…行ってみるかの。
え?
白浜。
熱海。
ああ、熱海。
だめですよ。もう手おくれなんですよ。
あー、やっぱり手おくれなのかのー。…お前、あれ知り合いか?
え?
ほれ、あのバアさん。さっきからずーっと、こっち見てるんじゃがな。見覚えはあるんじゃが、誰だか思い出せん。誰じゃったかいのー?ほれ、大きな包みかかえて、入り口の所につっ立ってるじゃろ。
あらあら、たいへん。こんな所に私がいたんじゃ奥様はお困りでしょう。じゃ、失礼します。
え?なんじゃて?
ほらほら、大きなプレゼント持ってるじゃありませんか。あなたは、ちょっと忘れっぽくなってるだけなんですよ。私が呼んで来ますから、スプーンでカチャカチャやって、人を呼んだりしちゃいけませんよ。じゃあね。
おわり