227話(2000年8月4日 ON AIR)
「夏のお仕事」

作・

深津 篤史

  
 

セミ時雨…

  
今日はもうええの

仕事

こう暑いと仕事ならんなあ

せやけど

って、おっちゃんがゆうてた

おっちゃんて、カントクの

うん。なあ、お好み焼でも食べにいこか

お好み焼

キンキンに冷房の効いた店でビールのんで

今晩やろ

コンサート

まあ、せやねんけどな

お好み焼たべて、ビールのんでる場合とちゃうやん

はるちゃん、幾つになったんやっけ

え、私

うん

20才

せやろ、もうどうどうとビールのめるなあ

お兄ちゃん 何言うてるの

お兄ちゃんか

どないしたん

お兄ちゃんももう今年で30才

知ってるよ

この仕事も今年で5年

うん

はるちゃん、まだ中学生やったもんなあ

お兄ちゃん

覚えてるか 5年前は桑名正博のコンサート

うん

若い子誰も知らん、知らん

うちのお父さんよろこんどったで

次が牧しんじや

そうそう

今年は名前も知らんような演歌歌手や

この町、若い人少ないから

ええとこやのになあ

ほな、なんで出ていったん

ははは

ええとこやのに

せやから毎年帰ってきてるんやないか、里帰り、仕事ついでに

うん

はるちゃんはどっか出ていこうて思たことないか

お父ちゃん病気やからな

旅館の手伝いか

うん、これでも三代つづいたシニセやからな

今時珍しいで そういうの

私、この町好きやから、何にもないけど

海ぐらいか

山もある

俺この町おっても仕事なかったからな

わかってる

ははは

何よ

いや、はるちゃんもゆうようになったなあ思て

いつまでも子供や思てたらあかんで

せやな

なあ、どないしたん

金、持ちにげされたそうやわ

されたいわんな。持ちにげしたんは社長やからな。

何、どういうこと

まあ、俺らにとっては持ちにげされたゆうことになるんかな

お兄ちゃん

ちゅうことで今日のコンサートはなしや。お好み焼たべにいこか

……

職探さんといかんなあ。来年からはこられへんか、ここも

お兄ちゃん

お兄ちゃんはやめにしようや。俺ははるちゃんにとってコンサートのお兄ちゃんやろ

うん

今日からただのおっさんや。30やしな。

なあ

何や

おっさん、お好みたべにいこか。私がおごったげるわ。

ははは

ぴちぴちの若い女の子のおシャクつきやで。

ぴちぴちなあ

明日、泳ぎにいこ

明日はまだ、こっちおれるんやろ

うん

 ー了ー