235話(2000年9月29日 ON AIR)
「不思議な洞窟」

作・

四夜原茂

  
 

どこかの洞窟の中らしい。音声が反響する。
足もとの水たまりに足をひたしながら男が歩いている。息が荒い。

  
ハア、ハア、ハア…いったい何をやってんだオレは、どうしてこんな所を歩くはめになったんだ…ハアハア…。
思い出せないぞ、何も思い出せない…ハアハア…。
きっと夢だ。きっと。

こっち、こっち、こっちよー(ココー)。

またあの声だ。どっちなんだよ、こっちって言ったって真暗なんだからわからないだろ…ハアハア…。
なんかナミエの声に似てるよな、昔、ナミエと温泉に行った時、あいつよく似たこと言ってたよなぁ、「誰もいないから、こっちに来たらー、こっちよ、こっちー」

まだ誰もいないからこっちに来たらー、こっちよ、こっちー。(エコー)

ははーん。やっぱり夢だ。おんなじこと言ってやがる。
夢ってのは昔の思い出とかがもとになって、それを切ったり貼ったりしてできてるもんだからな。
えー、どっちだっけ…ハアハア…。まてよ、温泉でオレは、ナミエに言われたとおり2メートルくらいの壁をよじ登って女湯に行ったんだ。
そしたらいきなりオバチャンの大群があらわれた。扉をガラガラーと開けてな。
なんと、ナミエのやつさけび声を上げたよな「キャー」って。
無茶苦茶だよ、本当に。素裸の男が女湯の仕切りをまたいでて、若い女が「キャー」だよ。
そのあと…うー、思い出したくもない悲惨な思い出だ。帰ろうかな。
えーと、…帰るったってどっちにかえればいいんだよ。こっちかな、…アー!!
バシャンと男はたおれた。

いててて…。何だこれは。こんな所に丸太が…あれ…丸太じゃないよ。
なんかおしりのあたりがくすぐったいよ。あれ。あれ、あれ、あれ?
…うっうっわー!これ、しっぽだよー!オレ、おしりから…しっぽ出てるー。

あなたー、はやくー。はやく来てー。(エコー)

そうかー。しっぽがあるってのはこんな感じなんだ。
まあ、夢だから本当にそうかどうかわかんないけど、恐竜の気持ちが少しわかる感じだなあ。
それにしても…けっこう長いよ、これ。ええと…ええと…すっげー。
5mくらいはあるよ。あれ?待てまて待てよ、いつだったか誰かに「しっぽが短い」って言われたような気がするぞ。えー?!
オレ人間なのにどうして「しっぽが短い」なんて言われたんだろ?
なんか白い服を着て、メガネをかけたやつが「シッポが短いし、動きが鈍い」なんて言ってたぞ。あれは…あははは…やっぱり夢なんだよ。
あれも夢の中の出来事だったんだよ。

なにやってるの?あなたー。がんばるのよー。(エコー)

がんばるって、何をがんばるんだよ。かってなこと言うんじゃないよ。
目標もないのにがんばれるかって。あれ?しっぽが動いてる。ちょっと押すなってなんで押すんだよ。どうして?え?いや、オレ帰るんだよ。出口に帰るんだって。
おい、かってに動くんじゃないって、あー!!
バシャーンとまたたおれた

うぐ、あぐ、うぐ。ちょっ、うぐ、あぐ…。ちょっと待ってて、ここ水がたまってんだよ。
水って言うかネバネバが…、あ、そうか。こうやって泳ぐと楽なんじゃないか。
おお、いいじゃないか。しっぽはかってに動くし、楽チン楽チン。

うふふふ…。今日ね、だいじょうぶなのよ。(エコ)

なんだ?何がだいじょうぶなんだよ。主語をちゃんと言えよ、主語を。
何がだいじょうぶなんだろう。まあ、あれか、何かが大丈夫なんだな。
「危険よ」とか「あぶない」なんて言われるより「大丈夫」って方がいいよな。
…あれ?待てよ。なんか変だな。
「だいじょうぶ」って方が「あぶない」って話、どこかで読んだような気もするな。
…まあ、いいか。これこれ、この「ま、いいか」
これがオレの性格なんだよな。「なんかめんどくさいなあ、ま、いっか。」
これでオレは30年以上生きてきたわけだ。まあ、いろいろ大変な目に会ってきたわな。
この「ま、いっか」で。

でも、もしもってこともあるからー。そのときは、…ね。(エコー)

おいおい、こんどは主語も述語もないよ。「そのときは…ね。」なんなんだよ、ぜんぜん意味がわからないじゃないか。お。ちょっと洞窟の感じ変わったな。
さっきよりせまくなった。こうやって両手を広げると壁に手がとどいちゃうよ。
そろそろ終わりなんじゃないか。ゴールだよ、ゴール。
ゴールには、何があるのかなー?。…あー!!

  
 

曲、喫茶店の店内のような。

  
おはよう。

ん…んんん、うーん。あれ?ナミエじゃないか。

あー、寝ぼけてるー。

あれ?あ、オレ寝てた?

ごめんなさい。ちょっと仕事が長引いちゃって。

ああ、いいんだよ。何か変な夢見てたみたいなんだ。
なんか洞窟をね、探険したりして…。

洞窟を?なにそれ?

さあ。何にする?コーヒー?

ええと、コーヒーは、やめることにしたの

ええ?ナミエ、コーヒーやめるの?どうして?
あんなに好きだったのに。

でもやめることにしたの。

ふうん。あーあ、オレのコーヒー冷めちゃってるよ。
ま、いいか。

  
  
おわり