26話(1996年9月27日 ON AIR)

「 ジャングル 」

作・桐口 ゆずる
人物
僕  カツノリ
珠子 タマコ
行く手には、うっそうとしたアマゾンの密林が立ちふさがっていた。ここからは、歩いて行かなければならない。ガイドに尋ねると、集落までは数時間だという。はたして、水の塊が融けるまでにたどり着くことが出来るか?いや、フィツジェラルドは、巨大な船を山越えさせたのだ。この屈強な男たちが氷の塊ひとつ山越えさせられなくてどうする。 しかし、道なき密林を進むのは、容易なことではなかった。氷が融けて滴り落ち、男たちの額には汗がにじんだ。一刻も早く辿り着かなければ。文明の象徴である、この姿を変え未来た水の塊を、未開の原住民に見せてやるのだ。無垢な人々の汚れなき瞳が、初めて目にする神の姿に恐れおののくことだろう。
遠くに女の悲鳴。
その時、女の悲鳴が聞こえた。その声色には文明の香りがした。でも?なぜ?こんな未開の土地にレディーが。いや、そんなことを考えている暇はない。一刻も早く、彼女を救わなければ。
遠く、「カッちゃんーカッちゃんー」の声
その声は、タマコーなぜだ?なぜ、こんな所にタマコが!
珠子
カッちゃん、根きり虫!
珠子、ここはアマゾンだぞ。氷が、氷が融ける…あ……え?
珠子
夢見てたん、カッちゃん。
……(ため息)そうみたいや。
珠子
アマゾンって、なに?
モスキートコーストや。
珠子
なに?
昨日見たビデオ。
珠子
ああ、映画。
それより、タマ、人が寝てる時に変な声出すな。夢見が悪いやないか。ああ、気分ワル?。
珠子
そやかて、ラベンダーの植え換えしてたら、根きり虫がうじゃうじゃ出現してきてんから。
そんなもん、踏みつぶしたらええやないか。
珠子
怖い。カッちゃん、やってよ。
今、気分が悪い。後でやったる。
珠子
ほら?。
そやけど、タマも好きやな。先週もなんかやろ。
珠子
あれは、ポーチュラカの挿し木。どんどん伸びるから、きって挿し木しといたら、また増えるやろ。
なるほど。
珠子
ねえ、カッちゃん。
今度は、なんや?
珠子
ベンシャミン、欲しいと思わへん。それもおっきい奴。
高いんちゃうんか。
珠子
ううん。例の植木屋で安いヤツ見つけてん。
そんなんしてたら、この部屋、ジャングルみたいになるぞ。
珠子
ええやん。ジャングルみたいにしよう。
オエッ。気分ワル?。
珠子
なんでよ。素敵やんか。
珠子が広くもないベランダに鉢植えを置きはじめたのは、仕事を辞めてからだった。少しは殺風景でなくなる。そう喜んでいたのも、束の間。あっと言う間に、コンクリートは緑に覆われた。
珠子
佳子がね「ポトス、挿し木で増やしたから、あげる」って言うてたやんか。でも、車のの中に置いといたら、枯れてしまってんて。
なんで、車の中に置いとくんや。
珠子
知らん。きっとドライブに連れていったんちゃう。
なんで、連れて行くねん。
珠子
可愛いからちゃう。
赤ちゃんを炎天下の車中に置き去りにして死なす親がいた。でも、鉢植えをドライブに連れて行って、枯らす奴いるだろうか?
珠子
でも、ほら、この間、前の車の中で、植木に話しかけている中年の女の人がいたやんか。
ああ、信号待ちしてる時な。でも、あれはやな、助手席に子供が座ってて、鉢植えを持たされててんで。シートの陰になって、僕らから見えへんかっただけや。
珠子
違うよ。おるんよ。植物に話しかける人。
植物を友とするのは、孤独な殺し屋レオンだけではなかったのだ。しかし、レオンは鉢植えに話しかけたりはしなかった。彼が、鉢植えを友としたのは、話しかける必要がなかったからだった。
珠子
今、ベランダガーデニングが流行ってるでしょ。そやけど、究めていくとやっぱり庭がええわね。
一戸建てか?夢のまた夢やな。
珠子
そんなぁ、せつないなぁ。
タマコ、そんな植木の世話したいんやったら、いっそ田舎にでも引っ越すか?田舎いったら、庭ぐらい手に入るやろ。
珠子
田舎か……それもええね。
珠子は田舎が嫌いだった。だから、ガーデニングを究めると言っても、しょせん、ベランダに溢れるほど鉢植えを並べるのが精一杯のところだろう。そして、僕が「この狭いマンションをジャングルにするつもりか」と文句を言う。しかし、都会のちっぽけなマンションがジャングルになるはずもなかった。慎ましい暮らしの中の、小さなオアシス。ロマンは?冒険は?そんなものは、あるはずもなかった。
珠子
植物ってね、正しく世話したら、ちゃんと育つんよ。そやから、あたし好みやわ。人間の子供はそうはいけへんやんか。一生懸命育てても、思うような子になってくれるとはかぎれへんやん。大抵は、親の期待を裏切る。
それ、僕のこと言うてんのか。珠子  そんなんカッちゃんだけちがうよ。
それやったらええけど。
珠子
健康に育つかな、とか、学校の勉強についていけるかな、とか、いじめられへんかな、とか、非行に走ったり登校拒否せえへんかな、とか、心配事は山ほどあるやん。子供産まへん人多いはずやわ。
そやけど、このマンションでも、子供いてはるとこは、二人か三人いはるやろ。
珠子
そうやって、産んでしまえる人はええんよ。
正直言って、僕も今、子供が欲しいと言う切実な想いはなかった。でも、子供のない人生を決意することも出来なかった。自分の子供が出来る。子供を育てていく。それはあまりにも、茫然として、なにがどうなるか見えないことだった。適当にやって、それでなんとかなるような気もするし、とんでもないようなことが起こるような気もする。 冒険、そう、これこそ冒険かも知れない。
珠子
カッちゃん、なに考えてるん?
ううん、なんでもない。
珠子
なによ、遠い目してたくせに。
僕は、自分の考えを珠子には、まだ、言わないことにした。
【 おしまい 】