第260話 (2001/3/23 ON AIR)
「ヒトによる」 作/高橋あやのすけ

閉店前のレストラン
掃除を終えた小島さんは、エプロンを外してたたむと、カウンターで集計している店長に近づいた。
小島

店長、掃除終わりました。

店長

お疲れさん。じゃ今日はあがって。

小島

はい。

しかし、小島さんは、動かずに店長を見ていた。小島さんの視線に気付いた店長は、集計用紙からふと、目を上げる。

店長

どうした、小島?もうあがってもいいぞ。

小島 店長。
店長

ん?

小島

お話があります。

店長

何だ?

小島

昨日、吉岡さんが。

店長

おお、吉岡がどうした。

小島

店長からセクハラ受けたって。

店長

えっ?

小島

ですから、昨日吉岡さんが店長からセクハラを受けて困ってるって、他のバイトのみんなに相談してました。

店長

俺はセクハラなんてしてないぞ。

小島

でも・・・。

店長

俺、今まで一度もそんなことしたことないだろう?

小島

そうですね。

店長

吉岡は俺に何をされたって言ってるんだ?

小島

さわられた、って。

店長

さわられた?

小島

はい。髪の毛をさわられた、って。

店長

かみのけ。

小島

はい。

店長

髪の毛ぐらいでセクハラなのか?

小島

はい。

店長

冗談じゃない。

小島

気持ち悪いからやめてほしいって言ってました。

店長

気持ち悪いってことはないだろう。じゃあ、美容師さんは、みんなセクハラじゃないか。

小島

それは違うでしょう。

店長

わかってるよ。

小島

さわったんですか、店長?

店長

お前、さわった、ったって、(と、店長、小島の髪手を伸ばしかけて、)ちょっといいか?

小島

ええ。

店長

(小島さんの髪を軽くさわって)こうだぞ?吉岡って髪の毛まっすぐでいいな、って。

小島

そうですか。

店長

小島は今のがセクハラだと思うか?

小島

いいえ。

店長

だろ?俺、ほら、くせ毛だからさ、それってすごいコンプレックスだった訳だよ。それでな、何て言うんだ?ああいうまっすぐな髪の毛がうらやましくてそれでまあ、ついさっきみたいに撫でたくなったんだよ。

小島

やっぱり、さわったんですね。

小島

親しみ、ですか。

店長

だから俺は、いやらしい気持ちは全然なくて、ただ単にうらやましくてそれでまあ、ついさっきみたいに撫でたくなったんだよ。

小島

親しみ、ですか。

店長

親しみったって、その、なんて言うか、同じ職場で働くものどうしとしてさ。

小島

この際、店長がどういう気持ちでさわったかは、全然関係ないと思います。

店長

関係ないって、おい。

小島

吉岡さんは店長に髪の毛をさわられて、それが気持ち悪かったんです。

店長

まあ、そりゃそうなんだけどさ。

小島

もしこれが吉岡さんの大好きな福山雅治なら、何の問題もなかったわけです。

店長

何だ、そりゃ。それじゃあまるで俺が、俺だったからいけないみたいじゃないか。

小島

そうです。

店長

福山と俺のどこが違うんだ。同じじゃないか。

小島

私がもし、私と藤原紀香と同じでしょ、って言ったら店長は同じだと認めてくれますか?

店長

いいや。

小島

じゃあ、店長と福山雅治も違いますよね。

店長

それとこれとは違うだろ。

小島

同じです。いいえ、これがもし、福山雅治じゃなくて、他の誰かだったとしても、吉岡さんは何も言わなかったかもしれません。でも、相手が店長だったからダメだったんです。要するに吉岡さんは店長のことをちっともよく思っていなかったんだと思います。

店長

お前、ひどいこと言うなあ。

小島

セクハラってそういうものなんじゃないんですか。

店長

ちょっと誉めただけだったのに。

小島

店長が32年間女性とつきあったことがなくって、バイトの女の子とどう接したらいいのかわからずに今回のような行動をとってしまった気持ちは、よく分かります。

店長

そんなもん、わかんなくていいよ。

小島

でも、今後は吉岡さんには絶対にさわらないほうがいいと思います。

店長

わかった。気をつけよう。

小島

それと、今後は仕事で必要なこと以外は話しかけないようにしてください。

店長

なにー?

小島

今度されたら、訴えるって言ってました。

店長

そんな無茶な。

小島

彼女の父親は弁護士なので、それができるって。

店長

親が弁護士だろうが、何だろうが関係ないだろう。普通に考えてみてもだな・・・。

小島

実際、前に吉岡さんが務めていたバイト先の店長は訴えられて、慰謝料を払わされたあげく、店を辞めたそうです。

店長

本当か?

小島

本当です。

店長

わかった。じゃあ、それも100歩ゆずって、これからはなるべく吉岡にはさわらないようにするし、仕事で必要な話以外はしないように気を付けよう。

小島

なるべく?

店長

・・・絶対に。

小島

そうですね。

店長

ちくしょう。

小島、少し笑った。

小島

店長。

店長

何だ?

小島

店長はまっすぐじゃないとダメですか?

店長

えっ?

小島

髪の毛。

店長

いや、別にダメじゃないけど。

小島

よかった。

店長

何が。

小島

私も店長と一緒で、ちょっとクセ毛だから。

店長

えっ?

小島

私、さわられても全然イヤじゃないですよ。

店長

えっ?

小島

もちろん、誰でもってわけじゃありませんけど。

店長

ああ。

小島

もう一回試しにさわってみます?

店長

え?

店長が少しこわばった。小島、かまわずに店長の手をとって、自分の頭へ持っていく

店長

あっ。

小島

・・・ね。

店長

ああ。

小島

どうですか?

店長

ああ。

小島

クセがあるからポワポワしてるでしょう?

店長

うん。やわらかい・・・。

小島

私の頭、いつでも使ってくれていいですよ。

店長

うん。

小島

私は全然イヤじゃないですから。

店長

うん。

小島

小島、店長の手から頭を離した。

店長

あっ。

小島

また、さわってください。

店長

ああ。

小島

吉岡さんのことお願いしますね。

店長

わかった。

小島

じゃあ、お疲れ様です。

店長

おつかれ。

小島、行ってしまった。

店長

・・・確かに、相手によるんだよな。

と、店長は自分の手を見つめた。