27話(1996年10月4日 ON AIR)

「やさしい時間」

作・み群 杏子
さっき、グレがやってきた。カーテンを引いた部屋で、私は、とっておきのお茶のセットを出して、グレをむかえた。
ひさしぶり。
さ、ミルク、飲んでね。ビスケットもあるわよ。
おいしそうだね。
やだ、そんなに鼻をくんくんさせないで。
だって、かなちゃん、いいにおいがするよ。
これでも女の子だからね。
大人の女って感じだな。
元気だった?
うん。かなちゃんは?
… 私、バスに乗ってたんだ。
バスに?
夢の話。バス代がなくて困ってたら、横から「これあげる」って、切符くれる子がいて、見るとね、小学校の時、好きだった男の子だったの。その子、切符を3枚持ってて、一枚は自分ので、もう一枚は私にくれて、あと一枚残っているのね。「どうしようか」って言うから、「明日つかえば」って言ったの。そしたら「だって、明日は、もうないんだよ」って言うのよ。私、悲しくなって… ねえ、どうして明日はないの。
きっとさ、その日が、その子の卒業式だったんだよ。そのバスは、学校に行くバスで、だから、明日からは、もう乗らなくていんだって、そういう意味だよ。
違うわ。乗らなくていいんじゃなくて、その子はないって言ったのよ。明日はないって。
… かなちゃん、参ってるね。
心がさ、今、ちょっと、参ってるでしょ。
わかる?
元気になるいい方法、教えてあげようか。かなちゃんの大切なものとか、気に入ってるものとか、一つ一つ、思い浮かべるんだよ。ほら、やってみて。
グレの写真。
サンキュウ。
ペパーミントのにおい。アンモナイトのぺーパーウエイト。回転木馬。落ち葉に埋まった秋の公園。
公園は僕も好きだ。
散歩したよね、よく。
今でも行く?
うん。
今度、あそこで待ち合わせしようよ。
グレと?
その時は、みんな連れていってあげるよ。かなちゃんのおばぁちゃんとか、おじいちゃんとか、学校の時の友だちとか、かなちゃんが好きだった、あっちへ行った人、みんなさ。
約束だよ。
うん。
グレ、あっちへ行って、3年になるね。
もうそんなになるんだね。
18歳だったね。
うん。
父さんは、犬にしては長生きだって、言ってたけど、でも、悲しかった。だって、私よりも、若かったんだから。
18年、僕は楽しかったよ、かなちゃんと一緒で。
本当?
本当さ。
… 私は目を閉じる。目の中で、虹色の回転扉がつぎつぎに開いて、なつかしい人たちがあらわれては消える。おじいちゃん、おばあちゃん、小出君、都倉君…、そして、グレも。グレは、灰色の尻尾を振って、私を見ている。
END