28話(1996年10月11日 ON AIR)

「いつか」

作・飛鳥 たまき
登場人物
アン(モデル)
俺(ショウの進行)
(ショウの前、人のざわめき)
(ショウが始まる 音楽)
(俺)
始まったぞ。舞台そで、音響、照明、楽屋、緊張がみなぎる。インカムを通して、ショウにかかわる全ての人の息遣いが鋭くなるのを感じる。
暗闇の中、ぼくのペンライトをたよりにアンがステージの中央でポーズをとる。
ライトが徐々にあがり、アン一人が浮かび上がる。
スレンダーなドレスの中のしなやかな体。
キリッとした瞳はステージの向こうの一点を凝視めている。
アン
「パリに行こうと思ってるの」
「パリ?」
アン
「そう、決めたの。パリへ行くって」
「…いつ?…」
アン
「十一月。」
「十一月?」
アン
「そう。十一月始め」
(俺)
アンは出発前、ステージのそでに立ちキット口を閉じる。神経を耳に集め、リズムを体全体で受け止める。自分だけの孤独な時間。
そして、「GO!」。スタンバイをかけていた俺は手をおろし、アンを送り出す。プレッシャーをプライドに変える一瞬。
その鮮やかさに俺はいつも身震いする。
(俺)
リハーサル。
「シーンイメージは『うぬぼれ』」
演出家の言葉にモデルたちはざわめく。
俺にとっても緊張のシーン。このシーン、俺の選んだ曲が初めて採用されたのだ。今回、トップに抜擢されたアンの見せ場。
ラスト四十五秒、七メートル四方。
アンは少し歩いて、立ち止まって、又、歩いてみる。
みんなの視線が集まる。
アン
「むずかしいよね」
(俺)
進行の俺だけが耳にすることができるモデルのつぶやき。
アンと初めて仕事をしたのは一年前。
年に一度のコレクション。
客席は立ち見のでる盛況だった。
俺は緊張でのどがからからだった。
アン
『初めてなの、こんな大きなコレクション』
『そうなの?俺も初めて』
アン
『ふふ…よかったー仲間がいて…ああ…どうしよう。ドキドキする』
『大丈夫だよ、すっごくきれいだもん』
アン
『ありがとう』
(俺)
シーンは『うぬぼれ』
ステージはルビー色に染められている。
魂を揺さぶるリズム。
胸から下へ布を巻き付けただけのような真紅のドレス。
歩くたびに布が微妙にゆれる。
肩にかけた薄い大きなストールが生き物のようにアンの体にまとわりつく。
挑戦的な瞳が客席を射貫く。
アンは四五秒のしめくくりに、ストールでゆっくり全身をかくした。
「パリって…あてはあるの?」
アン
「ううん……でも、今しかないって思ったの」
「そうか…」
アン
「世界の舞台に立ってみたいの」
「うん。君なら……がんばれよ」
アン
「ありがとう。一生懸命やる」
(音楽変わる)
(俺)
フィナーレ。
アンは微笑む。
「舞台に立つのが楽しいの」
「うれしくてたまらないの」と。
ステージのパネルの裏で、俺はほっと息をはき、リズムに身をゆだねる
(音楽の高まりと拍手。おつかれさん!やったねー。ブラボーの声)
(俺)
アンが飛び込んでくる。
興奮と喜びでほてった顔。
俺の頭にステージが浮かぶ。
俺の演出で、世界のモデルとなったアンがステージにたつ。
歓声はアンと俺へのはなむけだ。