第283話 (2001/09/07 ON AIR)
『月食』 作:久野 那美

花火の季節は終わった。中秋の名月にはまだ早い。
9月の初めの夜の空はどうにも中途半端で、たいくつだ。
夜の風は肌にちょうど気持ちいい温度なんだけど、日中が前ほど暑くなくなったからか、そんなに感動するほど「涼しい」訳でもない。
夏休みも終わってしまった。出かけるあてもお金もない。
それでも週末はとりあえず毎週やってくる。
外からは虫の声
時折風に吹かれて風鈴がなる
男はタバコを片手に、ベランダの縁に腰かけている
なにしてんの?
え?

蚊がすごいじゃない。うわ…。

そう?

…閉めてよ。網戸!

ああ…。うん…。

何見てんの?

月。

月ー?

うん。

月…?

女、空を探す

・・・。

真っ暗じゃない。

うん。

何見てんの?

月。

…?

月食。

月食?
知らない?今夜、皆既月食なんだよ。

…………ふうん。

女、一緒に空を見る

……何見てんの?

だから、月食。

こんな真っ暗なのに?
皆既月食だから。

…。

全部隠れるんだ。

…。

なかなかないんだよ。そういうのは。

…。

な、ほんとに真っ暗だろ。

…うん。暗い。

な。ほんとに何も見えないだろ。

…うん。見えない。

すごいよなぁ。

…。

ふたり、並んで月食を見る

ねぇ。

何?

よく見るの?

うん?

月食。

今日みたいなのは普通は見られない。

普通に見られる方のはよく見るの?

自慢じゃないけど、小学生の時から欠かさず見てる。

知らなかった。

そう?

実は天文マニアなの?

月食マニアかな。
他の星は興味ない。

ふうん。

なんかさ、大きな天体の動きが肉眼で確かめられるって、わくわくしない?
宇宙の神秘を感じませんか?

そうかなぁ。

わかんないかなぁ。

いつ終わるの?

明日の朝。

朝まで見てるの?!

うん。

ここで?
蚊が入るのに?

……蚊????!!!!

男、変な顔をする

…今夜こそ、最後まで見るんだ。

え?

欠けるところか戻るところか、いつもどっちか見損ねるんだよ。

…ふぅん。

今夜は皆既月食だ。
完全に消えて完全に戻るまで、絶対に見届けてやる。
これまでの無念を一気に晴らすんだ。

…はあ?

テコでも動きそうにないので、私も横に並んで、真っ暗な空をベランダから二人で眺めた。
月はなかなかもとの形にならなかった。
夜はだんだん更けていく。
なんだか。
何をしているのか、だんだんわからなくなってきた。
この人にはわかってるんだろうかと、隣を見ると、彼は隣でうとうとしていた。
この時間が永遠に続くような気がした。
いつまでも、空は闇に包まれたままで、見るものもない広いだけの空をもてあましながら、たいくつに耐えきれずに眠り込んでしまうような気がした。
本当は、闇の向こう側で空はきちんと計画を遂行しているのに。
この平凡で退屈な闇の前で。
本当のことはとても不思議でおかしな事に思えた。

月はさっきまでたしかに丸かったし、
これからまた、
たしかに元通り丸くなるのに。

虫の声
風鈴の音