290話(2001年10月19日 ON AIR)
「リセットの街」

作・

作:芳崎 洋子(絆~あざない~)
ゲスト出演:小栗一紅(流星倶楽部)

  
 

神戸の街が一面に見下ろせる展望台
二人は眼下に広がる夜景を眺めている
男は東京から大阪に転勤して半年
標準語を話す
男 感慨深げに

  
一億円かぁ。

一億円?

いや、一億二千万円か。今1ドル120円位だろ。

え?

え?もっと安かったっけ?

何のこと?

ほら、“百万ドルの夜景”って言うから。

あぁ。

圧巻だよなぁ。キラキラしたうねりが流れて、その周りで光りの玉が瞬いてる。

うん。

この電力消費量の総額が百万ドルだったりして。

まさか。

あぁ~、海と山に挟まれた街かぁ。
東京の連中に見せてやりたいよ。転勤だっていい事あるぞ~、ってさ。
あ、神戸、よく来るの?

あんまし来ぇへん。

どうして?大阪より買い物しやすそうだし、ごちゃごちゃしてないし。

(きっぱり)ええねん、大阪の方が。

……ふ~ん……。

  
 

男は少しためらいがちに

  
……じゃあ、ここ初めて?

え?

この夜景見るの初めてかなぁ、って。

夜景は見たことあるよ。
ここかどうかは忘れたけど。

  
 

男 やや意気消沈して

  
……そうだよな。

誰かて見てるんちゃう。阪神間で生まれ育ったら。

  
 

男 探るように

  
……やっぱ、あれだよね……?

何?

やっぱ男とだよな、一緒に夜景見るなんて言ったら。

何で?

普通、女同士で来ないだろ、こういうとこ。……ここに来たら急に口数少なくなったし。

小さい時のことやって。

小さい時?

うん。一緒に来たのは神戸の伯父の家族とやし。

あ……、そうなんだ。
(ホッとして)俺、また特別な思い出でもあんのかと思った。

……特別な思い出……。

そっかぁ。

  
 

男は嬉しそう
女は遠くを見つめて

  
そん時もな、今みたいにネオンがキラキラしてたわ。別に感動もなかったけど、このキラキラは毎晩毎晩ずーっとキラキラなんやろうなぁ、って思ってん。

うん、今も変わらずキラキラしてる。

ううん。…消えてん、あん時。

え?

いっぱいのキラキラはな、何かすごい事が起こるとそこだけポッカリ真っ暗になんねん。

すごい事?

うん。きっと今ごろ、ニューヨークも真っ暗やろな。
そこの灯りだけ消えて、ポッカリ…。

……あぁ。

(割とあっさりと)ここのキラキラが消えた時、伯父の家族も一緒に消えてしもた。

…そうなんだ。

うん。

  
 

小さい間。
男 その場を取り繕うように

  
でも人間ってたくましいよな。そんな事があったなんて思えないくらい今じゃ元通りだし。えーっと、何年前だっけ?

今度の1月で7年。

(励ますように)もうないよ、これが消えるような事は。
ネオンもこの街も綺麗なまんまだって。

うん。…でも綺麗すぎるからなぁ、このキラキラに責められてるような気がすんねん。
街の景色も、建物も、ニコニコ歩いてる人達も、リセットしてんねんけど綺麗すぎてな。
見るもの全部が、忘れてエエんか、って責めてくんねん。

……リセットの街か……。

心もリセットするんやろか…。絶対忘れられへんって思てたはずやのに…。

  
 

小さい肩。

  
なぁ。

ん?

行こうか。

……エエの?さっき来たとこやのに。

うん、俺も日ぃ改めるよ。リセット。

うん、……ごめんな。

  
 


二人が歩き出した時
街のネオンが一斉に消えた

  
あれ?

何か急に暗なったなぁ。

(街を指さし)ほら、あっち!

(街を見下ろし)あっ!

消えた!

……消えてる。……街のキラキラが、全部……。

  
 

二人は
ただ暗くなった街を見下ろしていた

遠く
遠くで
パトカーのサイレンが響いている