291話(2001年10月26日 ON AIR)

「旅に出よう、秋だから」

作・四夜原 茂
ゲスト出演・武田躁美(劇団鉛乃文吾)
郊外を走るJRの中
対面シートに男と女が座っている。
なに考えてんの?
いや、べつに。
当ててみましょうか?あなたはさっきからずーっと同じ事を考えてる。
「どうしてオレは電車に乗ってるんだろう。」
<どうしてオレは電車に乗ってるんだろう。
「見知らぬ女と一緒に」
<見知らぬ女と一緒に。>
それからあなたは、ビデオを巻き戻して、今日のお昼にあなたが立っていた駅前の様子を思い浮かべる。そして注意深く検証するの。いったい何があったんだろうって。
<いったい何があったんだろう。>
ほらほら、また同じこと考えてる。堂々めぐりになってるわよ。
目を覚ませ、コースケ。
<…コースケ。まるでナミエだ。本当にこいつはナミエにそっくりだ。コースケって言った後の勝ち誇ったようなあの表情。どこがナミエと違うかというと…えーと、えー……。
駅前の雑踏
コースケ!
わ!!
あ、びっくりした?アハハハ…、コースケびっくりしてる。ごめんごめん、アハハハ…。
ちょっとぉ…。
だから謝ってるじゃないの。ごめんね。
………。
あれ?怒った?
いや…誰だっけ?
え?
ちょっと待てよ。…あー!いや、違う。えーと、どこかで会ったことある。えーと、えーと。あれ?思い出せない。
あーあ、私ってそんなに印象薄い?
いや、ね。もうここまで出かかってんだけどさ。ヒント下さい。
もう…。あなたと12時に待ち合わせして、買い物に行く女。それが私よ。
え?ナミエ?
ナミエ。
ナミエ…はまだ来てないよ。
私がナミエなんです。
いや、だからね。…あ。わかった。
ナミエと同じジャンパー着てるからだよ。それでどっかで会った事あるなーって思ったんだ。
ナミエのジャンパー、ほら、ナミエのネックレス、ナミエの時計、ナミエのスニーカー。
…あんた、誰?
ナミエ。
ナミエじゃないよ。
じゃあ、ナミエに頼まれてナミエの代わりに来たナミエのコピー。
あいつ、何か企んでるのか?
そうじゃないと思う。ナミエは遠くへ行ったのよ。
はー?遠くへ行ってお星様になったとか?
そうじゃなくて。仕事で遠くへ行くことになったから、今日来られないって。
それで君を代わりによこしたっての?電話くらいかけて来ても良さそうだけどな。
携帯通じないんだって。
え?そんなとこへ行っちゃったのか。
さ。お買い物いこ。
ああ…って、ちょっと待ってよ。お買い物って言ったって、あれだよ。そこのコンビニへ行って夕食のおにぎり買って、あと、レンタルビデオ屋をのぞいたりするだけなんだよ。
いいじゃないの、いこ。
あんたには悪いけどさ。オレ、一人で行くわ。
な、なんでよ。どうしてよ、コーちゃん。
なんかさ…。
落ち着かない。
そ、そう。
なじめない。
そう。
すぐ慣れるわよ。2ヶ月もあるんだからさ。
2ヶ月?!ナミエ2ヶ月も帰って来ないのか?!
大丈夫よ、心配しないで。あたしがちゃんとナミエの代わりするから。
ナミエの代わりって、その、ビデオ屋寄ってからオレの部屋へ行くんだよ、いつも。
それで?
それで、その、ビデオ見ながらオニギリ食べてさ。えー、夜になるじゃないか。そしたら、えー、その、ベッドも恋しくなるし。あー、えへん、そのだね…。
今日初めて会ったのに、いきなり……?
だから、そうじゃなくて…。
変態!
ちょっと。声が大きいよ。みんなに見られてるよ。
コーちゃん、見損なったわ、あなたのこと。
だから、何言ってんだよ。君がナミエの代わりをするって言うからじゃないか。
誰でもいいの?
誰もそんな事言ってないよ。
いいえ、誰でもいいみたいだった。女だったら誰でもいいぞ。ぐへへへへ。きゃー、けだものー!
ちょっとちょっと、そうじゃないよ。そうじゃなくてさ、オレはさっき一人で行くって言ったじゃないか。な、ここで君とわかれて一人でコンビニ行くんだからさ、変なこと言わないでくれよ。
お金、ないの?
え?うん。ないよ。
なんだ、早く言ってくれればいいのに。貸したげるよ、お金。
どうするの?そのお金で。
はじめてのデートなのよ。ちゃんとしたいんでしょ。コーちゃんも。さ、行こう。
ちょっと待って。はじめてのデートってまさか。
映画見るとか。
勘弁してくれー。オレ、暗い所ダメなんだよ。
あれ?ナミエとは行ったんでしょ。月に2回は映画見てたって言ってたわよ。
それは昔の話。その頃いろいろ無理してたんだよ、オレ。映画の後イタメシ屋に行ったり、ショットバーに行ったり、大変だったんだよ。
ネックレスを買ったり時計をプレゼントしたり。
そうそう。オレ、すっごく苦労したの。わかる?
わかる。ナミエも苦労したって言ってたわ。
ナミエも?
映画もイタメシも、ショットバーも、実はあんまり好きじゃなかったのよね、ナミエ。
お。はじめて聞くよ、その話。
でもコーちゃんが連れてってくれるから行ってたわけ。嬉しかったって。
なんだよ、それ。好きじゃなかったけど嬉しかったっての?
そう。コーちゃんも無理してるのわかってたしね。映画がビデオに変わって、イタメシが焼肉を経由して、牛丼に変わり、コンビニのオニギリになってゆくと、ナミエ、凄く落ち着いたって言ってた。
なんだ、オレと一緒じゃないか。
最初、大変だもんね。
そ。なんかさ、知り合ってすぐの頃って、無理していろいろやりたくなるんだよね。日曜日ごとにどこかへ出かけたりしてさ。
何ヶ月かすると落ち着いちゃうけどね。
1年くらいするともう…。
もう、なに?
空気みたいに普通になっちゃうね。
落ちついちゃって、また最初の映画から始めるのが面倒になってくる。
え?ナミエがそう言ってたのか?
……コーちゃん。どっか行こうか、久しぶりに。
どっかって?
電車に乗ってさ。2人で少し無理したり、苦労したりするわけ。
ナミエ…。
え?
あ、間違えた。
ふふふ、ナミエよ、ナミエ。下り線のホームに行って最初に来た電車に乗るの。
どう?
うーん。結構いいかも知れない。
行こ。
うん。…でさ。君は…誰なの?
汽笛
電車の中
コーちゃん!また何か考えてる?
あ、ごめん。
見て見て、ビルが消えて、家が消えてゆくとさ。夕日があんなにでっかく見えるよ。
ここ、どの辺りなんだろう。
さあ。
ナミエってさぁ。
なに?
………いや、何でもない。