第307話 (2002/02/15 ON AIR)
『15日のチョコレート相場』 作:四夜原 茂
<ゲスト出演>高木 稟
(転球劇場)


駅前の雑踏
コースケがナミエを待っている

コースケ

うー、さぶさぶー。

遠くから明るい声が・・・
ナミエ コーちゃーん。
コースケ

あ、やっと来た。

ナミエ

ごめんごめん。待った?

コースケ

待ちましたよ。風に吹かれながら20分。

ナミエ

本当にごめんね。なかなかお化粧が決まらなくて。

コースケ

…塗りすぎ。

ナミエ

え?そうかな?

コースケ

久しぶりだね、ナミエ。

ナミエ

本当、半年ぶりくらい?

コースケ いやあ、1年は経ってるだろ。で、なに?大事な用事って。
ナミエ

うん。これ、コーちゃんにあげようと思って…。

コースケ

これ?う。けっこう重いな。

ナミエ チョコレート。
コースケ

チョコレート?なんで?

ナミエ なんでって?バレンタインデーのチョコよー。
コースケ あ、そっか。いただきまーす。



ナミエ

で?

コースケ

は?

ナミエ

なによ、その反応。それじゃ近所のオバチャンからミカンもらった時みたいじゃないの。

コースケ

あ、本当にミカンもらったんだよ、昨日。ミカン箱持ってご近所中みんなに配ってた人がいてね。

ナミエ

あー、きっと故郷のオジイちゃんからどっさり送られて来て、処分に困ったのね。

コースケ

そう。ご近所に均等に7個ずつ配ってたね。最後は足りなくなって、八百屋に買いに走ったって言ってたよ。すごいね、オバチャンの感覚は。もちろんオレ「ありがとう、いただきまーす」って言って、おいしくいただいたよ。
ミカンの次はチョコレート。けっこう好きなんだよな、チョコレートも。いただきまーす。

ナミエ

ちょっと待って。コーちゃん、今の話の流れだと、そのミカンと私のチョコレートが同列に扱われてない?ご近所に公平にミカンをバラまくオバチャン、イコール、チョコレートをバラまく私、みたいな。

コースケ

違うの?

ナミエ

ひっどーい。ちがうわよ。これはちゃんとしたチョコレートなのよ。

コースケ

ちゃんとした…チョコレート?

ナミエ

そうよ。

コースケ

カカオパウダー100%混ぜものなしの純チョコ。

ナミエ

そう言うと思ったわ。

コースケ

いや、だって…。

ナミエ

そうなの。

コースケ

でも、あの…。

ナミエ

そうなのよ!愛の…告白よ。

コースケ

(ブーッとふき出す)

ナミエ

こらこら、今のは笑う所じゃなくて、グッとくる所だよ。

コースケ

無理だよ。グッと来るためにはいろいろ必要だよ。毎日積み重ね。

ナミエ

あったじゃないの、いろいろ。

コースケ

1年前だろ、期限切れだよ。

ナミエ

そういう事に期限なんてないのよ。ある日、顔を洗ってる時なんかに頭にキラリとひらめくものなのよー。

コースケ

小ジワも増えて来たから、あいつでもいいから早目に手を打っとこうとか?

ナミエ

え?!小ジワ、増えてる?

コースケ

わかんないよ、塗りすぎてるから。

ナミエ

あー、よかった。

コースケ

それでその、まあ「愛の告白」だとしてもだよ。

ナミエ

そうそう、愛の告白よ告白。OK?ね、OK?

コースケ

ちょっと、あせらないでよ。今日はもう15日じゃないの。どうして、バレンタインデーらしく昨日告白しないんだ?

ナミエ

おー!それよ、それ。うちにある日めくりをね、1枚、破り忘れてて、今日が14日だと思ってたわけよ。ごめんごめん。

コースケ

日めくりって、あの1日に1枚ずつ破ってくやつ?そんなものがある家最近ないよー。

ナミエ

まあ、14だろうと15だろうとたいした違いはないでしょ。クリスマスだって、本当は25日だけどイブの24日の方が幅を利かせてるじゃないの。きっと大事なのは15日で、14日はバレンタインイブかなんかじゃないかな。

コースケ

聞いたことないな、そんな話。

ナミエ

いいじゃないの、どうしてそう細かい所にこだわるのかなぁ。昨日はちょっと忙しかったのよー。

コースケ

え?さっき日めくりがどうとか…。

ナミエ

あ。味見していいわよ。味見してから決めてくれてもいいの。

コースケ

味見って…昔、したことあるけど。

ナミエ

は?このチョコレートの味見を昔したことあるっていうの?

コースケ

ああ、チョコレートか…あの。愛の告白にチョコの味なんて関係あるの?

ナミエ

まあ、なんてこと言うの!乙女がこの日のためにどれだけいろんな店のチョコレートをためしてると思ってるの!体重がハネ上がる危険を冒してまでパクパク食べてるのは、何のためだと思ってるの!?

コースケ

わかりました。わかりましたよ。じゃあ、ちょっとカジッてみます。えーと、どれにしようかな…ずいぶん多いな、これ。

ナミエ

ふふふ、クリスマスケーキもそうだけど、ハイシーズンをはずすと大変お安く手に入るのよ。

コースケ

そうなの?

ナミエ

半額よ、半額。この手作りチョコなんかもハイシーズンの13日に予約すると3千円もするのよ。それが15日に予約すると半額。ちくしょう。どこなってるのよ、もう。

コースケ

ちょっと待って。今、疑問が2つ湧きました。
(1)手作りチョコがどうして予約できるのか。
(2)「ちくしょう。どうなってるのよ、もう。」とは、何がそう感じさせたのでしょうか?

ナミエ

え?!知らなかったの?手作りチョコは、文字通り手で作るチョコレートじゃないの。素人が作るチョコレートなんか美味しくないし、ちゃんとプロがホワイトチョコで文字を入れてくれる素晴らしい作品。それが手作りチョコよ。

コースケ

知らなかった。機械で作らないから手作りチョコなんだ。確かに、このホワイトチョコで書かれた文字はプロっぽい。「ユースケ」かあ……、あれ?オレは「コースケ」だけど?

ナミエ

は!(息を呑む)
………忘れてた。

コースケ

忘れてた?

ナミエ

そうよ。プロがね、ちょっとしくじったのよ、それを忘れてたわけよ。さ、食べて食べて。ほらほら。

コースケ

ちょ、ちょっと、あ、あぐ、あぐあぐ。

頭を押さえられて無理矢理口に

ナミエ

どう?

コースケ

うーん。結構うまいな。やっぱプロの味だ。

ナミエ

でしょ。こっちのもちょっと食べてみない?朝型チョコだけど。

コースケ

朝型チョコ?

ナミエ

朝一番の頭がボーっとしてる時を狙って、「ドカン」と攻撃する戦略なのよ。金と銀の包装紙が目をチカチカさせて、この重さ。3キロよ、3キロ。このあとにもらうチョコレートがかすんじゃうわけ。

コースケ

戦略って、そんな事考えてる人いるの?

ナミエ

いるわよ。みんなそうよ。目を血走らせて物陰に潜み、きっかけを待つ。
「来た。ひとりだ。今だ。行けー!」「ドカーン!」

コースケ

あの。チョコレートの重さとかじゃなくて、やっぱ誰がくれたかが重要なんじゃないの、やっぱ。

ナミエ

なに言ってんの、幻想よ、そんなの。ミヨコなんか毎朝仮面を付けてから出勤してるのよ。

コースケ

仮面?厚化粧ってこと?

ナミエ

いいえ、本当の仮面、知らないの?流行ってるのよ。ミヨコは仮面のおかげで結構もてるのよ。

コースケ

と言ってもさ、その性格とか相性とかもあるし。

ナミエ

矯正プログラムもあります。1ヶ月で、誰にでも好かれる性格にコロッと変われます。

コースケ

ちょっとちょっと、そんな事言い出したら、誰でもいいみたいな事になっちゃうじゃないの。

ナミエ

誰でもいいのよ。そう、誰でもいいの。きっかけと印象的なチョコレートさえあれば、なんとでもなるものなの。ただ、問題はね、男が女を見て誰でもいいと思うなら、女が男を見ても誰でもいいと思えることね。だからちゃんと、第1志望、第2志望、第3志望、第4志望、第5志望を決めて戦略を立てることが大事なの。

コースケ

それで、オレは、何番目なの?

ナミエ

ええとね……ええと…………………1番目。

コースケ

ずいぶん考えたね。

ナミエ

受け取ってくれる?チョコレート。

コースケ

だって、もうこれ、カジってるし。

ナミエ

やったー!

コースケ

なにが「やったー」だよ。チョコレートもらうだけだよ。

ナミエ

いいのよ。それで。ふふふ。

コースケ

寒いから、どっか行こっか。

ナミエ

うん。あ、ちょっと待って、キャンセルの電話入れるから。

コースケ

ああよかった。オレより後の奴もいたんだ。

ナミエ

うううん。コースケが最後。いくつかキャンセルするからね。チョコ食べながら待っててね。あ。もしもしー、わたしー。