第312話 (2002/03/22 ON AIR)
『春のまっただなか』 作:四夜原 茂

誰かが玄関の呼び鈴を押す
ピンポーン
・・・・ピンポーン
ピンポーン

コースケ き、来た。誰か来やがったよ。どうしよう。
ナミエ

(外から)コーちゃーん。居るんでしょう!
コーちゃーん!


ピンポン ピンポーン

コースケ

ナミエ、ナミエかー?!

ナミエ

(外から)そうよー!早く開けてよー!

コースケ

ちょっと待ってくれ。今、確認するから。

ナミエ

確認?何をよ、私よー。(外から)

コースケ

あー!そのコート、ウールじゃないかー!

ナミエ

そう、カシミヤ100%の……えー?!こんな所から覗いてるのー?(外から)

コースケ ちょっとぉ、レンズから離れて。見えないじゃないか。ウールはまずいよ。どうしてレインコートみたいなのを着て来ないんだよ。頭には、…帽子、帽子かぶってないー!!
ナミエ

だって、髪の毛が乱れちゃうじゃないのー。

コースケ

…悪いけどナミエ。帰ってくれないか。

ナミエ な、なんでよ。せっかく来たのにぃ。
コースケ

明日は雨らしいから、明日また来てくれ。

ナミエ コーちゃん、せっかく心配してやって来たのに、それはないんじゃないの。大事な話もあるのよ。
コースケ 話なら電話で済むじゃないか。
ナミエ

ダメダメ。ちゃんと顔を見ながら話さないと微妙なニュアンスが伝わらないでしょ。開けてよー。

コースケ

…わかった。開けるよ。まずポストを開けてみてくれ。

ナミエ

ポスト?

コースケ

ビニールの袋が入ってるだろ?それにコートとかカバンとかを入れてくれ。そのあと、シャワーキャップ。あるだろ、ポストの底の方に。それをしっかりかぶって、合図を待ってくれ。

ナミエ

えー?ここでシャワーキャップかぶるの?かっこわるーい。

コースケ

いいか。与えられる時間は、5秒で限界なんだ。5秒で何もかも、ビニール袋に入れて、キャップをかぶる。間髪を入れずオレがドアを0.5秒だけ開ける。君が部屋に飛び込む。OK?

ナミエ

えーと、OK。

コースケ

よし。じゃ、秒読み始めるぞ。まず、マスクをしてと…(マスクをする)…。
用意!5,4,3,2,1,ゼロ。


ビニール袋の音が慌ただしくした後
ドアがガチャと開きすぐ閉じる
ナミエが部屋に飛び込む音

ナミエ

いたたたた。コーちゃん、何も、ここまでしなくたって…。え?なになに?


コースケのマスクは毒ガス用のそれであり息を吐く度にシューシューと音がする

ナミエ

なに、それ。

コースケ

亜硫酸ガスを扱う工場で使うガスマスク。
(くぐもった声。時たま「シュー」と音)

ナミエ

苦しくないの?

コースケ

もちろん苦しい。このマスクで活動出来る時間は5分と決められている。

ナミエ

それで黒いヘルメットをかぶって、光ってる蛍光灯を持てば、映画に出られるわよ。

コースケ

動くな!動くんじゃない。

ナミエ

え?!

コースケ

じっとしてるんだナミエ。すぐに済むから…。

ナミエ

ちょっと!なにするつもりなの?!コーちゃん…。

コースケ

だいじょうぶだって。ちょっとの間ガマンするだけでいいんだよ。

ナミエ

た、た、たすけてー!


ゴーと掃除機の音

コースケ

はい、うつ伏せ。

ナミエ

はい。

コースケ

このおしりの所にくっついてるやつが危険なんだ。徹底的に吸い込んどこう。えい、えい、えい。

ナミエ

ウ、ハハハ…。くすぐったい、アハハハ…。


掃除機終了

コースケ

よし。次は保湿。


霧吹きをシューシューやる

ナミエ

もういい?

コースケ

ちょっと待って…あ!ここに飛んでる!(シュー)
あ!ここにも(シュー)

ナミエ

見えるの?

コースケ

見えない。なんとなくそんな感じがするだけなんだ。

ナミエ

会社、今日も休んじゃったのね。

コースケ

ようし。これで大部分はやっつけたな。

ナミエ

やっぱり外には出られないの?

コースケ

外に?!自殺行為だよ。

ナミエ

マスクとったら?

コースケ

危険すぎる。やつらは、人目につかない暗がりからオレを狙ってるスナイパーなんだ。

ナミエ

顔が見えないじゃないの、ぜんぜん。

コースケ

…すまん。写真ならここにある。写真に向かって話してくれてもいい。

ナミエ

キスは?

コースケ

うー…。

ナミエ

マスクのまましてみようか?私もシャワーキャップとかかぶってるし、結構ドラマチックかも。

コースケ

わかった。マスクをとってみる。

ナミエ

いいの?

コースケ

そろそろマスクの限界が来るんだ。息が苦しくなってきた。ゆっくり、ゆっくりとマスクを…。

ナミエ

わ!!(マスクをいきなり剥ぎ取る)

コースケ

あ、そんな、いきなりマスクを……あ!う!

ナミエ

コ、コーちゃん、どうしたの、コーちゃーん!

コースケ

く、く、苦しい、こ、こ、の、ままじゃダメ、だ。

ナミエ

ごめんなさい。どうしよう。

コースケ

じ、人口呼吸を…マウスツゥマウスで…。

ナミエ

わかった。がんばってみる。う。

コースケ

ん。

ナミエ

ハー。う。

コースケ

うう。ん。

ナミエ

ハー。う。

コースケ

ん。

ナミエ

ちょっと。いつまでやらせるつもり。

コースケ

ありがとう。助かったよ。

ナミエ

お茶、入れよっか。

コースケ

うん。ごめんな、ナミエ。あんまり会えなくって。

ナミエ

仕方ないわよ。コーちゃん病気なんだから。でも、もうすぐシーズンも終わるんでしょ。

コースケ

うん。今年は…ちょっと長引きそうなんだ。

ナミエ

そうなの?天気予報じゃ、今年の春は駆け足で通りすぎるって言ってたわよ。

コースケ

その春の駆け足に合わせて、オレも駆け足するらしいんだ。

ナミエ

えー。どういう意味?

コースケ

春の遅い地方ってあるじゃないか。

ナミエ

…え?転勤?!

コースケ

木曽。

ナミエ

木曽?!

コースケ

御岳山のふもと。木曽の御岳支店。

ナミエ

ちょ、ちょっと待ってよ。木曽って、山の中じゃないの?!

コースケ

そうだよ。昭和の始め頃まで、山から切り出した木を、いかだにして。

ナミエ

コーちゃんいかだ下りするの。

コースケ

そうじゃないよ。自転車で営業回りするらしい。支店といっても、オレ、1人なんだけどね。

ナミエ

自転車って…。

コースケ

道が細くって車は入れないらしい。

ナミエ

どうするのよ、そのダースベーダーみたいなマスクかぶって「こんにちわ。今日は、営業にうかがいましたー」って、にこやかにやるわけ?

コースケ

仕方ないじゃん。

ナミエ

…………会社の人、コーちゃんの病気について知ってるんでしょ。

コースケ

もちろん。今日だって、電話して休んでるし…。

ナミエ

わかりました。

コースケ

何が?

ナミエ

何がって、コーちゃんわかってないの?

コースケ

は?

ナミエ

…………沖縄へ行こう。

コースケ

オキナワ?オキナワに支店はないよ。

ナミエ

会社は辞めるの。

コースケ

え?!辞めちゃうの?どうして?

ナミエ

どうせすぐ辞めることになるわよ。何なら、フィリピンとかタイとかベトナムでもいいのよ。とにかく、南の方角に向かって逃げましょう。

コースケ

それはいいけど仕事はどうするのさ。

ナミエ

そんな細かい事は後で考える。いい?

コースケ

無茶苦茶だよー。

ナミエ

あ。窓開けるわよ。

コースケ

え?ちょっと、あー。


窓を開ける
雨が降っている

ナミエ

雨になってる。

コースケ

よかったぁ。今日は平和に過ごせるよ。

ナミエ

沖縄の梅雨入りは5月よ。

コースケ

ナミエは一緒に行ってくれるのか、オキナワ。

ナミエ

ごめんなさい。あたし…パイナップルアレルギーなの。


雨はげしく………