第322話 (2002/05/31 ON AIR)
『殴られ屋』 作:樋口 美友喜
ゲスト出演:金替康博(MONO)

飲み屋や 客引き 勧誘 人の声と車の騒音が入り混じる夜
ガツンと鈍い音
喧騒からすこし離れた暗がりで 何度も何度もその男は殴られていた

殴られ屋 っはい、もういっちょ。


ガツンと鈍い音

殴られ屋

かー、いいパンチしてんな、自分。よし来い。


ガツン

殴られ屋

っはい、来た。最後に一発、どかんっと…。

言い終わらないうちにガツン

殴られ屋

いやぁ、どうも。合計8発なんで、ああ、最後の一発はおまけしとくし。はい、どうも毎度ありー。またいつでもどうぞ。


ちゃらんとお金を数えては

殴られ屋

いち、にい、さん、し…やっぱり一発五百円は高いかなぁ?
あ、ちょっと、そこの眉間にシワ寄せてお姉ちゃん、一発どお?…って、何や、子供か。

少女 ちゃう。
殴られ屋

あ?

少女

子供と違う。

殴られ屋 そうか。あ、ちょっと!
少女 …出てる…。
殴られ屋 そこのおにーさん、拳でうっぷんはらさへん?安いで。
少女

鼻血。

殴られ屋

かー、今日は食いつき悪いなぁ。んー(と伸びして)はぁぁ、ちょっと待つか。


座って目をつむる殴られ屋
それを見ている少女

少女

あ!

殴られ屋

何やねん?

少女

あ、死んだんかと思って。

殴られ屋

休憩してるだけや。

少女

救急車呼んだろか?

殴られ屋

はぁ!?何でやねん。こんなん全然痛ないねん。子供には関係ない商売や。向こう行けや。

少女

知ってる。さっきから見てたから。

殴られ屋

知ってるんやったら…。


ちゃりんと五百円玉が落とされた

殴られ屋

あ?

少女

一発五百円なんやろ?お金払ったら私でもお客さんやし。

殴られ屋

そうは言うてもな、これはオトナ向けの商売やで、説明すると…。


殴られ屋が言い終わらないうちに

少女

消費者の~権利!!


と少女は見事な左ストレート

殴られ屋

いってぇっっっ!

少女

あれ?何?痛くないんとちゃうの?

殴られ屋

いて、いて、いててて、いてー。うわ、鼻血、うわ、いて。

少女

え?ほんまに?え?どうしよ。

殴られ屋

あほか。オトナの商売や言うたやろ。ちゃんと楽しむルールがあんねん。

少女

へ?

殴られ屋

殴るのは左のほっぺたのみ、一発五百円ぽっきり。

少女

そうやったん?

殴られ屋

ちゃんと説明聞け。しかも女のクセにグーで殴るか、グーで。

少女

左ストレートばっちり決めてもた。ごめんなさい。

殴られ屋

子供や思って油断したわ。めっちゃ力あるやんけ。

少女

左のほっぺただけなんや。

殴られ屋

何?

少女

もう一回。ちゃんとお金払うし。


ちゃりんと五百円玉

殴られ屋

そんなうっぷん溜まってんのかお前。その年で。

少女

あかん?

殴られ屋

ええけど。左やぞ。左。絶対に間違うなよ。

少女

左利きやし、右やったらあんまり力も入らんから。

殴られ屋

よし来い。

ガツン

少女

もう一回。

ちゃりん

殴られ屋

よし来い。

ガツン

少女

もう一回。

ちゃりん

殴られ屋

よし来い。

ガツン

少女

もう一回。

ちゃりん

殴られ屋

よし来い。

ガツン

少女

もう一回…。

殴られ屋

俺が言うのも何やけどあんまり無駄遣いせんほうがええんちゃうん?

少女

なんか、全然晴れへん。

ガツン

殴られ屋

え?

少女

やっぱり全然殴ってる感じせえへん。

ガツン

殴られ屋

そんな文句言うた客、初めてや。

少女

あ…違うねん、これは私のことやから。

ガツン

殴られ屋

だってこっちは生身ちゃうから、しゃあないわ。

少女

生身?

ガツン

殴られ屋

殴られても殴られても、何も感じひんから。

少女

職業病と違うの?

ガツン

殴られ屋

だから、麻痺してたからこの商売出来るんやけど。

少女

事故?怪我とかしたん?

殴られ屋

まあ、そんなとこ。

ガツン

少女

私も、この手、麻痺してる。

殴られ屋

え?

少女

感覚なんかどこにもないのに、でもやっぱりこの手で殴ってるねん。