33話(1996年11月15日 ON AIR)

「私たち結婚しました」

作・飛鳥 たまき
(チャペル。結婚式前の華やいだざわめき。
しばらくして、はじまりを告げる鐘の音が響く)
耕平
白いロードの向こう、頬を輝かせた陽子が立っている。
オルガンのふるえる音色がチャペルを包む。
動悸が高まる
陽子はお父さんと腕を組み、顔を上げ、俺に向かってまっすぐ歩いてくる。
陽子
結婚式は教会でって思っていた。
昔見た外国映画。
??花嫁は少しうつむいて、かっこいいお父さんと白いロードをゆっくり進む。??
えーっ、…父さん…変だよ、歩き方……リズム、合わせてよー、ほら、いーち、にーい、一、二…
耕平
お父さんは組んでいた陽子の腕をほどくと、そっと、陽子を押し出した。
陽子と俺は並んで祭壇の前に立つ。
賛美歌が厳かに響いた。
陽子がキリッと口をむすぶのがわかった。
俺も背筋をのばす。
陽子
どこかで聞いたことがある。
どこかで歌ったことがある。
賛美歌。
島のおばぁちゃんも、ユキも舞子も……みんなが歌っている。私たちのための祝いの歌。
(病めるときも、健やかなるときも……)
耕平
「耕平、あなたは陽子を妻としますか」
問の答えは、はっきり、くっきり、大きな声だぞ、耕平。……なのに……
「はい」
気持ちとは裏腹に声はうわっずっていた。
陽子
ここは一番厳粛なシーン。
映画では確か、花嫁、花婿、二人の顔のクローズアップ。
わっ……耕平…裏返ってるよ。声。
耕平
「誓いのキスは好きなところに軽くですよ」
牧師はにっこりほほ笑んで、そういった。
陽子との約束は左のほっぺ。
そっとベールを上げる。陽子のふっくらした唇が目に入った。
ふっ、ふふっ…
小さい笑いで空気が一気にやわらいだ。
えっ?……
陽子
えっーー、耕平、約束違うよ。
ほら、みんなが見てるわ。
思わず私は耕平をかわす。耕平の突き出した口はすべって左のほっぺにふれた。
耕平
「指輪の交換です」牧師が前に進み出る。
指輪に掘られた日付はプロポーズの日。
海沿いの道を夕日に向かって走りながら、俺は力強くいう。
「結婚しよう」
一瞬の沈黙の後陽子は一言「はい」と答える。
思いっきり考えた、思いっきりのシチュエーション。
なのに、大渋滞。
太陽はとっくに沈んでしまっていた。
陽子
ドライブの帰り、渋滞する国道をさけ、左に大きくカーブをきった時だった。
「結婚しよっかー」
耕平はさらりといった。
「なんでこんなに混んでんだよー」
ぼやいた続きの台詞だった。
だから、
「そうしよっか」
私も軽く答えた。
耕平
チャペルの扉が大きく開かれた。
秋の日ざしが鋭く差し込む。
白くハレーションを起こした目の前にフラワーシャワーが降り注ぐ。
最高の笑顔を見せる陽子もストップモーション。
陽子は空高く投げ上げた。
陽子
空がぬけるように青い。
まばゆさに思わず目をとじた。
網膜に耕平の笑顔がやきつく。
映画ならここで終わる。
でも、耕平と私はここから始まるのだ。
 
拝啓 お元気ですか。
私たち結婚しました。
夢と希望と…愛にあふれています。
是非、見に来てください。
十一月十五日         耕平
                   陽子