第343話 (2002/10/25 ON AIR)
「冷めるための方法論」 作/樋口美友喜

煙を吐く街、鉄の街、色の街、夜の街
細い路地は、向かい側の看板を叩き落とそうとするくらいせめぎあっている
熱をもった女 拡声器で大声を上げた
熱女 おはようございます。昨日の夜はなまめかしい夜でございましたでしょうか?朝日がやけに目にしみて、ちょっとうつむき加減に歩くのは、“あらひょっとして?二人しか知らないあの部屋の出来事を、もしかして街のみんなは知っているんじゃないかしら?”なんて、あるわけない想像に、してやられる皆さん。
古いレコードが大音響で鳴らされる
それは懐かしいけど、今聞くとくすぐったいような ばかばかしいような歌
熱女

おはようって目が覚めることよね。目が覚めるってことは現実が飛び込んでくるってことよね。てことはよ?昨日の夜、繁華街でちょっとイケてるおねえちゃんのナンパに成功して、なだれ込むようにしてベッドに連れ込んだけれど、朝日が差し込むと現実と後悔がこんにちは。

道行く人は 知らぬ顔

熱女

ああ、夜のネオンはあきたけじょうでも美しく見せる。

バタンとホテルの扉が開いて宿主が階段を駆け下りてくる

宿主

ちょっと、ちょっと。

熱女

静かな住宅街に、ラブホテルはんたーい。

宿主

これから稼ぎ時って時に「おはようございます」はないんじゃないの?

熱女

これから稼ぎ時って時にやるから効果があるんでしょうが。

宿主 せめて、朝にやってよ。その台詞は朝に通用するものじゃないの?
熱女

やることやって、コトが終わってから文句たれたって何にもならないでしょうが。

宿主

ああ、そうね、なるほどね。

熱女 今まさにチェック下ろして、右手で取り出そうとしている時に、いやがらせが効果を発揮するんでしょうが。やってスッキリ、シャワーなんて浴びられたら私の声まで洗い流されるでしょうが。
宿主 あら、あら、その通りよね、ほんとにね。…なんて言うわけないじゃないの。馬鹿じゃないの、あんた。営業妨害で訴えてやる。
熱女 大きく息をすった
熱女

住宅街にそんなぴんくい建物はいらない。責任者でてこーい。

宿主

いるじゃないの。

熱女

あ?

宿主

ここ。

熱女

あんた?

宿主

そう。

熱女

へええ。

宿主

へええ、じゃないの。

熱女

熱い夜でしたか。ああ、そうですか。何?ここで眠った一夜は特別ってか?

宿主

何?今、無視した?ねぇ、無視なの?

熱女

排除、排除、はい、排除。ばーか。おー。

宿主

…は・はぁーん…あ、そう。

熱女 何?
宿主

そういうわけね。は・はぁーん。

熱女 何?その外人みたいなノリは?
宿主

いるのよね。

熱女 何?
宿主

ドラマ的に言うと、「寂しい女」ってやつ?

熱女 誰が?
宿主

どうりで、なんかひがんだ声だなーって、だなーって思ってたの。

熱女 誰がよ。
宿主

そりゃ妨害したくもなるね。だって秋の夜長に一人っきりって虚しいもの。寂しいもの。

熱女 ご町内のみな…あー、ちぇっくちぇっく。わんつー。
宿主

聞いてる?ねえ、聞いてる?

熱女 ご町内の皆様、ご用心。この静かな住宅街のドマンナカにございますー、ラブホテルにはー、狂犬病の犬がいます。
宿主

犬は嫌いよ。

熱女 ついでにシーツは1週間取り替えません。
宿主

失礼ね。毎日ブルーダイヤで洗ってるわよ。

熱女 極めつけー!そこのホテルのオーナーは隠し撮りしたビデオで毎日慰めている。
宿主

…え?

熱女 え?
宿主

え?

熱女 は?
宿主

何で?

熱女

何が?

宿主 何で知ってるわけ?

風が ただ通り抜けた

熱女

あんた…。

宿主

何?

熱女

寂しいやつね。

宿主

あんたに言われたくない。

熱女

長いんだもん。

宿主

え?

熱女

秋の夜は。

宿主

中途半端だからいけないのよ。キアツが。カーッと熱くなるか、ゾーっと冷たくなるかどっちかならね。

風が ただ通り抜けた

宿主

こうやって吹く風なんか気にならないのに。

熱女

あっちの角の部屋は?

宿主

え?

熱女

どんなのが使ってる?

宿主

あ?ああ、高校生じゃない?制服だったし。

熱女

マニアってこともあるじゃない。

宿主

それはないわ。女学院の制服だもの。あそこの制服あんまり手に入らないし。

熱女

となりの部屋は?

宿主

会社帰りっぽかった。

熱女

不倫?

宿主

ほとんどの部屋がそうよ。

熱女

ふーん。

風がまた通り抜ける

宿主

やっだ。冷えてきたじゃないの。

熱女

あ…。

宿主

何?

熱女

ほら、分からない?

宿主

え?

熱女

匂い…。

宿主

…あら、キンモクセイ?

熱女

風に乗ってくるんだ…。

宿主

まあ、悪くないね。

熱女

え?

宿主

窓締め切って、はげんでる奴らはこの香りに気づきもしないんだから。ちょっとお得。

熱女

なんか…。

宿主

何?

熱女

それも、ちょっとひがみっぽいけど。

宿主

悪かったわね。

熱女

でも…その気持ち分かる。

風がどんどんキンモクセイを運んでくる

熱女

お花見?じゃない、お花嗅ぎ?

宿主

どうでもいいわよ、呼び方なんか。

熱女

あー…。

宿主熱女

いいかおり…。

二人とも、その香りを胸いっぱいに吸い込んだ
熱女 吸い込んだ空気を声にした
拡声器で

熱女

…半年前から別居している奥さんはどうして妊娠三ヶ月?

宿主

まだやる気?

熱女

もうやめるわ。馬鹿馬鹿しい。

熱女 拡声器をほおり出して ただ夜を歩き出した
キンモクセイの香りのするほうへ