35話(1996年11月29日 ON AIR)

「まどろみ戦士」

作・腹筋 善之介
登場人物
かなみ/高校生
進之介/かなみのおじいちゃん
縁側。初冬の昼。廊下を歩いて来るかなみ。 
かなみ
「おじいちゃん、ただいま!… あー、また…。 た・だ・い・ま!!」
おじいちゃん
「…んー… んんっ… (あくび)おあっー…」
かなみ
「おじいちゃん、寒くない?」
おじいちゃん
「おお、かなみ、おかえり。…今日は、ええ天気じゃから、ぽかぽかしとるぞ。こっちに、お座り。」
かなみ
「ん…うん!着がえてから…」
(自分の部屋へ歩いて行くかなみ。)
かなみ
私は制服を脱ぎ、黄色のセーターを着て、縁側に行った。やはり、おじいちゃんは うとうと と、まどろんでいた。…おじいちゃんは、なんてのんびりしているんだろう。毎日、一日中、ボーッとしている。…庭向こうの塀の上には、牛のホルスタインみたいな、白と黒の模様のついたネコが,大きなあくびをしながら、眠っていた。
おじいちゃん
「んー… んー… たみ子、…んんん…。」
かなみ
おじいちゃんの寝言。…たみ子!?…2年前から入院している、おばあちゃんの名前だ。…おじいちゃんの横に座ると、私もなんだか、眠くなり、……うとうと と、してしまった。
(ジャングルのように薄暗い森の中。)
進之介
「かなみ!かなみ!!」
かなみ
「…ん?… んん?(あくび)あー…ん!?… おじい…!?」
かなみ
おじいちゃんではなかった。…いや、白髪を黒い髪に、シワもなくし、年を若くした、おじいちゃんだった。そして私は、森の中に居た。
かなみ
「あの…進之介おじいちゃん?」
進之介
「ああ!…うん?…しまった、感づかれた!!」
かなみ
「え?」
進之介
「あぶない!ふせろっ!!」
かなみ
「ええっ? きゃぁ! 痛い!!」
かなみ
地面に伏せた私の頭上を、何かものすごく大きな動物が飛び越えて行った。
(頭上を飛び越えて行く)ズォォーーーン!!」
かなみ
そいつは、振り向き、白いキバを見せて唸った。
(その動物の低い唸り声)ギャーーーオンンン!!」
かなみ
ネコの怪物だ!!
進之介
「現れよったな、ばけも物め!!はァッーーーッ!!」
(その怪物に向かって行く進之介。激しい、戦い。)
かなみ
それは、本当にすさまじい戦いだった。素早い動きで、攻撃をかわし、怪物ネコとの間合いを詰める進之介おじいちゃん。剣を振り上げて、叫んだ。
進之介
「どけっー!!」
(怪物ネコの低い唸り声)ギャーオォォン!!
かなみ
怪物ネコは、森の中へ消えて行った。私は…私は何が何だか解らず、ボーゼンと地面に座り込んでいた。
進之介
「かなみ、大丈夫か?…ああ、おまえの黄色いセーターが目立ったのか!」
かなみ
そう言って、進之介おじいちゃんは、皮袋から、白い粉を取り出し、私の セーターにふりかけた。すると、みるみると黄色が白い色になった。そういえば、そこは…その世界は、すべて白黒にしか見えなかった。
進之介
「これでよし。さあ、行くぞ かなみ!」
かなみ
「え?」
(電話の音が聞こえてくる。)
かなみ
私は、縁側に居た。…どれぐらい眠っていたのだろう。隣で、白髪のおじい ちゃんが眠っている。…変な夢!そう思って、クスッと笑うと、ホルスタイン模様のネコが、 ニャオと鳴いて、塀の上を歩いて行った。
かなみ
「痛っ! あれっ?… 足にアザがある!」
かなみ
それは、あの森の中で、地面に伏せた時出来たアザだった。セーターも、少し色あせて、白くなっていた。……私は、おじいちゃんのまどろみの中に入り込んだのかもしれない。
おじいちゃん
「…んん… ムニャムニャ? たみ子… んん?」
かなみ
いや、きっと入り込んだんだ。そして、おじいちゃんはおばあちゃんに会 おうとしていたんだ。……… おじいちゃんが、ボーッとしはじめたのは、 おばあちゃんが入院してからだもの。…私は、おじいちゃんをなんだか、カッコイイと思った。
進之介
「行くぞ、かなみ!!」