第350話 (2002/12/13 ON AIR)
「微熱」 作/深津篤史

誰?

男 包丁の手をとめ

目、覚めた。

うん、あれ。

まっててな。もうじきできるから。

頭、いたっ。

冷蔵庫、勝手に空けたけど。

ええと。

何?

ちょっと。ちょっと。
はい。はい。

ええとね。

おかゆ、たべるやろ。

おかゆ。

具だくさん、栄養たっぷし。

へえ。

たまご入り

うん。

それにおねぎと干しエビ、おとうふ、みそじだて。

へえ。

もうじき、できるから。

と男立ち上がる。

ちょっと待って。

おねぎ入れたらもう出来上がりやねんけど。

反省するわ。

え。

カゼ気味やってん。

うん。うん。

なのについついよっぱらって。

うん、のみすぎはようないで。

牛丼にビールつけたんは覚えてるねんけど。

豪快やね。

ムナシイやろ。

え。

残業帰りのOLが一人で牛丼、ビールつき。

ええと。

ムナシクなったんよ。で、もう一軒。

うん。

どこ行ったんやっけ。

ええと。

そこらへんからキオクがちょっとやっぱしカゼ薬、お酒でのんだらあかんなあ。

うん、そらあ、あかん、あかん。

反省した。

はい。

って、ちょっと待って。

いや、もう出来上がるから。

あのね。

弱火にして聞いていい?

ああ、うん。

台所へ立った

した?

え。

昨日。

何。

だから。

ごめん、もうよそ、できたけど。

ああ。

食べる?

昨日な。

何。

あんまりうち帰りたくなかってん。

うん。

それでな。

うん。

何やろ。

え、何。

かいがいしいな。

え。

かいがいしい君に悪いねんけど。

何。

昨日、あんまりうち帰りたくなかってん。

うん、うん。

魔がさしたというか。

何。

ああ、何か自分がひどい事してる気になってきた。

そんな事ない。

あのね。

食べる?

あ、うん。

あ、おふとん入ったままでいいから。

ええと。

ちょっと熱いかもしれんけど。

うん。

女 一口おかゆを食べた

どお。

おいしいわ。

うん、うん。

昨日の朝な。

うん。

こうてた文鳥が死んだんよ。

うん。

日なたぼっこが好きでな。

今日もよう晴れてるよ。

うん、こんな日はこう、すうっと目細めてな。

へえ。

気持ち良さそう。

うん。

何やろ。

うん。

私、まだ熱があるんかな。

もう少し横になる?

その目、誰かに似てる。

へえ。

ええ天気やね。

うん。

気持ち良さそう。