38話(1996年12月20日 ON AIR)

「シンパシイ」

作・み群 杏子
ね、確か今日だよね、二人が新婚旅行から帰ってくるの。
そうでしょ。あっこちゃんが昨日、そんなこと言ってたもん。
あなた、二人に早く帰って来てほしいの?
そりゃ、決まっているじゃないか。だってあっこちゃんの作るご飯ったら、いつも同じなんだぜ。
だってしかたないわよ。あっこちゃんはただ、二人が残してくれたレシピ通りに、私たちのご飯を作りにきてくれるだけだもの。
あっこちゃんてさ、コースケの何? 美人だね。
妹よ。ちょっとあなた、私のコースケを呼び捨てにしないでよ。
じゃ、どう言えばいいのさ。
コースケさん。 私だって、あなたのレイコさんには、敬意を表して、レイコさんて呼ぶわよ。
あーあ、これからのこと考えると気が重いよ。俺、生まれてからずーっと、レイコと二人で気楽に暮らしてきたんだぜ。
私だってそうよ。 私だって、コースケと二人だったのよ。
お風呂だって二人で入って、寝るときだって、いつも一緒だったんだから。
私、コースケの足の間で眠るのが大好きだったのよ。
それなのにレイコのやつったら!
レイコさんって呼ぶって言ったろ。やきもちはみっともないぜ。
ご飯だっていつも、食べやすいようにコースケが口の中で噛み砕いてから私に食べさせてくれたのよ。
ちぇ、過保護だよなあ。 レイコと俺の関係はもっとクールだぜ。
レイコは俺のこと、ホーロー者って呼ぶんだ。かっこいいだろ。
俺、しょっちゅう出歩いてるからさ。
出歩いているって、どこ行くの?
いろいろさ。君、一度もホーローしたことないの?
ないわ。 だって、コースケは、絶対に家から出してくれないのよ。
じゃ、今度連れてってやるよ。
本当!?
ああ。ここならいつでも抜け出せるしね。もう見つけてあるんだ、抜け穴。
すごい!新築の家でも抜け穴ってあるんだ。
ああ。ここならいつでも抜け出せるしね。
すごい!新築の家でも抜け穴ってあるんだ。
きっと、レイコがコースケさんに内緒で作ったんだ。俺のために。
大工さんにこっそり頼んでさ。
人間って、どうして結婚式なんてあげるのかしら。ふしぎ…。
すっげえごちそうが出るんだぜ。君も貰ったろ。残り物。
あっこちゃんが持ってきてくれた、あのお頭付きのタイ?
うん。
でも、タイって、おいしくない。私はサンマの方が好き。
俺も。
私たちって、食べ物の好みだけは合うみたいね。
ああ。
考えたら、私たち、振られた者どうしなのね。あなたはレイコさんに、私はコースケに。
ちょっと、オーバーじゃないか。
私、あなたに、シンパシイを感じるわ。
シンパシイ?
コースケが言っていた言葉。二人の人間が、ある種の哀しみをわかちあうことですって。
人間じゃないだろ俺たち。でも、その、シンパシイってさ、ひょっとして、愛に変わることってない?
君って、結構、魅力的だね。
(おもわせぶりな甘え声を発したのち)
…あ、足音がする… 帰ってきたわ!
もー、いいところだったのにぃ。ま、いいか、続きはまたこの次にしてと。
では、ご主人様のお出迎えといきますか。
二人
「ニャオーーーン」