406話(2004年01月09日 ON AIR)

「ボンノー ホンノー イチマルハチ」

作・樋口美友喜
ゲスト出演・板倉チヒロ(クロムモリブデン)
チャリンジャリンリンリンチャリン
指先でもてあそばれて鍵同士はぶつかり合って音を出す
チャリンジャリンリンリンリン
煩悩
恨み、
鍵をひとつチャリン
煩悩
妬み、
もひとつチャリン
鍵に名前でもあるみたいに山のように積み上げた鍵を数えていく
煩悩
嫉妬、皮肉、肉欲、食欲、よせばいいのに執着心。怒り、欲張り、見栄っ張り、目移り、女々しい、目の敵、不意打ち、吹聴、無愛想、侮辱、屈辱、オー、ショック…あ?ショックはちと違うね。うん、やり直し。ズボラ、押しつけ、嘘つき、だまし討ち、無学、むかつく、けちん…
かすかに流れていた閉店おきまりの「蛍の光」が急にボリュームを上げた
煩悩
ぼーぅ!何?ちょっといきなりボリュームあげないでよ。びっくりしてどこまで考えたか忘れるじゃないの。
鍵屋
早く帰りたい時にはバイトなら誰だってするテクニックっしょ。
煩悩
はいぃ?
鍵屋
閉店。聞こえない?蛍の光が、ほら、もうおしまいって。
煩悩
まだ8時前ぢゃないのさ。
鍵屋
7時55分。
煩悩
何?こっちは客よー?
鍵屋
昼の1時からずっと。うらみぃ~ねたみぃ~って、他の客が怖くて入って来れないっしょ。
煩悩
そのかわり今日の売り上げに貢献しようとしてるじゃないよ。
鍵屋
分かりました。鍵、108個でーす。合計56275円になりまーす。カード?キャッシュ?どうなさいますー?
煩悩
あんた、煩悩だらけの上に脳のない小娘ね!!昼からずっとやってる作業見てるでしょ?
鍵屋
嫌んなるくらい。
煩悩
108つよ、108つ。これ考えるのに結構苦労してたのよ。
鍵屋
それついこの間、大晦日にまとめて浄化してくれたっしょ?どっかの除夜の鐘が。
煩悩
そんな都合のいいことばっかりやってるからぽーっとしたボンノー野郎になっちゃうの。だからね、年始に108つ、ちゃんと閉じこめる鍵持っておかないと。私くらいのレベルになるとね、ガチャリって鍵かけてコントロール自由なの。完璧な人間てレベルの話よ。もちろん鍵を掛けるのはパントマイム、お見せできないのが残念。だって心の鍵だーもの。
鍵屋
あんたの都合で店開けてるわけでもないっしょ。分かる?
煩悩
分からないのよ。
鍵屋
分からないのが分かんない。
煩悩
あと残りひとつがね、どうしても分からないのよ。107つまでは、いけたんだけどね。
鍵屋
もひとつ分からないのが、それ108つ鍵掛けたら人間じゃなくて人形みたいっしょ?
煩悩
悟るのよ、完全人間は。
鍵屋
あと2分。
煩悩
何急いでるのよ?どうせテレビ?夜盛り上がる?デイバイデイ?
鍵屋
快楽。
煩悩
あぅ?
鍵屋
入ってる?
煩悩
入ってるわよ、色とりどり何種類も。
鍵屋
あと1分30秒、とりあえず速攻でレジ閉めるから。
煩悩
えぇ?じゃ先に払っちゃうわよ。
鍵屋
あとひとつくらいすぐ考えれそうなもんっしょ?どいて、看板仕舞うから。
ジーカタカタカタ、ドタンバッタン 鍵屋はマッハで店仕舞いの支度
煩悩
無理よ、だってこれ以上ないくらい考えたんだもの。ねぇ何でそんなに急ぐのよ。
鍵屋
セコムが8時に強制的に店閉めるから閉じこめられんの!
煩悩
それ早く言ってよ。私客よ?
鍵屋
タイムカード…
煩悩
ちょっと!シャッターきゅるきゅる言ってるわよ。
鍵屋
滑り込むしかないっしょ?
きゅるきゅる、ざざざー、シャッターが降りる音と滑り込みセーフの音
じゃりんりんりんりんと、108つの鍵がなった
煩悩
あ~…セーフねぇ…
滑りこんだままの体勢で、冬のコンクリートの上にへばりついて
二人はしばらく起きあがる気にならなくて
鍵屋
…あっ…分かった…
煩悩
何よ。
鍵屋
ねぇ、「愛」って、煩悩っしょ。
煩悩
違うでしょ…?
鍵屋
あっし、そう思うね。
煩悩
あ~ぁ、ヤな女。
冬のコンクリートは冷たい
それがとても心地良い
あたしたちは人形じゃないから
おしまい