412話(2004年02月20日 ON AIR)
「お空からやってくる」
作/樋口美友喜
 

     雪だ
     ふわふわと、空からやってくる

女の子 雪や!雪や、雪や、雪や。

     うれしくてぴょんぴょんはねまわる

女の子 お空からぁー、ふわふわー、こんにちわや。
父上 うん。空から、はるばるやってきてるねん。
女の子 遠い?お空からここまでは遠い?
父上 ううーん、そうやな、どのくらいかな。
女の子 なんキロメートル?
父上 キロメートル?難しいこと聞くようになったな。
女の子 数かぞえられる。いーち、にーい、さーん、しーぃ。
父上 足し算は?出来るようになった?
女の子 いちがふたつ。
父上 うん、いちがふたつあったら、2になるってことやな。
女の子 それ。
父上 今年から小学校か?
女の子 ランドセル買うの。赤いの。リンゴアメみたいに赤いの。
父上 春になったらやろ。
女の子 うん。あ!

     女の子の小さな手のひらに、ひとつ、小さな雪が降りてくる

女の子 雪、ほら、雪つかんだ。
父上 どれどれ?
女の子 あー…なくなった…
父上 しょうがないな。熔けるから、雪は。
女の子 さっきまであったのにぃ。あ!また雪つかんだ!あー、溶けてもうた。
父上 手のひらの体温で、なくなってしまうねん。
女の子 つまらん。
父上 ほら。

     父上の手のひらには、熔けずにどんどん雪が積もる

女の子 うわー。すごーい。雪いっぱいや。私も、雪手いっぱいにしたい。
父上 うーん、それは無理やねん。
女の子 なんで?
父上 だって、普通はな体温で雪が溶けてしまうから。
女の子 むー。じゃあ、地面は?体温ないからつもる?
父上 うーん、つもらんな。
女の子 なんで?もっと降ったらつもる?
父上 大阪じゃなぁ、つもらんなぁ。北海道行かなんと。
女の子 ちぇー、やわ。あ…雪、少なくなってきた。
父上 ほんまや…
女の子 みじかい。ちょっとや。
父上 ほんまやな。
女の子 雪の日やなくて、なんでおひさんの日やったらあかんの?
父上 だって、ほら、お空からどうやってここまでくる?
女の子 あー…ほんまやぁ…
父上 ああ、もうすぐ止むなぁ。
女の子 あんな、あんな、ゴールデンにな、兄ちゃんがな、ゆうえすじゃいにつれていってくれてな、ほんでな、夏になプールもいってな、ほんでな、どらえもん見てな、ほんでな、お母さんにカレーつくってあげてな、そしたらな、お母さん笑ってな、ほんでな、兄ちゃんがな、
父上 十数えられるか?
女の子 うん。できるよ、私十数えられるよ。
父上 そしたら目つむって数えてみ。
女の子 うん。いくで。いーち、にーい、さーん、しーぃ、ごーぉ、ろーく、なーな、はーち、きゅーぅ、じゅーう。数えたー。

     と、女の子が目を開けると、もう雪は止んでいた

女の子 あー…雪、やんでもた…あー…おひさんでてきた。

     女の子、お空にむかって言ってみた

女の子 またなぁー、雪ふったらなぁー、お空からなぁ、ここまで来てなー。

     父上は、雪にのって女の子に会いにくるのだ


                               おしまい
閉じる