42話(1997年1月17日 ON AIR)

「空中遊泳」

作・桐口 ゆずる
秋のある朝
小鳥がさえずっている
谷野
すいませ?ん、遅くなちゃって。
横田
勘弁してくださいよ、谷野さん。もう出発しようとしてたんですよ。
谷野
寝坊しちゃって・・・あれ、横田さん、顔色悪くありませんか?
横田
いえ、大丈夫です。オホン、それではミナサン、ヘリに乗るにあたって注意事項を説明します。まず、勝手にヘリに近づかないでください。プロペラが危険ですし、砂ぼこりもかなりたちます。それから、乗り込みましたら、シートベルトをしっかり身につけてください。もちろん、ヘリ内は禁煙です。飛行中勝手に立ち上がったりすることは絶対にしないでください。
台詞の途中からヘリコプターのプロペラの回転が高まり、横田は金切り声をあげて、搭乗者に説明をすることになる。ヘリコプターの離陸。そして、騒音が少し遠のく。
谷野
ヘリがふわりと宙に浮き上がったとき、私たちは歓声をあげた。前に座っている役所の横田さんは、肩を怒らせて緊張している。オジサンには、この浮遊感覚の刺激はちょっとツライのかな。寝癖のとれてない横田さんの後頭部が、いつになく可愛く見えた。ヘリは思ったよりもスムーズに上昇を続け、右手に大きく旋回を始める。私と横田さんの住むマンションも見える。綺麗に整備された道路の街路樹が、頼り無い雑草のようになり、小高い山と田園と新興住宅地で構成される私たちのまちの全景が見渡せるようになる。秋の柔らかい陽射しに、シイやカシの紅葉が鮮やかに浮かび上がって、ミッソーニの織物のように美しい。こんもりと広葉樹の繁る山。単調な針葉樹の植林地はほとんどない。貯水池の水面の広がりに、真っ白な雲が流れ、稲刈りを終えた田んぼの間に民家が点在している。私たちのまちって、こんなに美しかったんだ。新鮮な驚きに胸が一杯になる。隣の男の子が、水平線を見渡して『やっぱ地球って丸いなぁ』と言った。
台詞の途中から、ヘリの騒音が、途中から美しい自然を思わす音楽に変わる。飛行を終えて、地上にて。
谷野
横田さん、素晴らしかったですね。
横田
そ、そうだね
谷野
あれ、酔いはったんですか?大丈夫ですか?
横田
いや、大丈夫。む、胸がいっぱいで・・・ハァー・・・
谷野
そういえば、横田さん、いっぱい写真とってたでしょ。アタシ、カメラ忘れたんですよ。良かったら、焼き増しして下さい。
横田
ああ、いいですよ。
谷野
フフフ、横田さん、離陸の時、びびってはったでしょ。
横田
だって、私は前の席だから、ほら、足元まで、ガラスですよ。地面が丸見えで、そこがグーンと離れていくんだから、心臓が縮むかと思いました。
谷野
ほんとはの乗りたくなかったんでしょ。
横田
オホン!
谷野
ずぼしでしょ。
横田
・・・ほんと言うとね、昨日の夜は、てるてる坊主、逆さまに吊して寝ましたよ。
谷野
うわー、そこまでやる?!
横田
いや、それは冗談。でも、ヘリに乗れて良かったですよ。感動しました。女房子供にも乗せてやりたいと思いました。
谷野
それ、絶対いいですよ。横田さん、毎年やりましょうよ、このイベント。今日の乗った人、ミンナ感動してますよ。高校生とか、大学行くために都会に出るけど、こんな美しいまちやったら、将来ぜったい戻って来たいとか、言ってましたモン。
横田
そうですか、それはよかった。
谷野
ぜったい、約束ですよ。
横田
分かりました。じゃあ、次のグループの搭乗がありますから。谷野さん、また後で。
ヘリの音が高まる。そして、遠ざかり
横田
確かに素晴らしい体験だった。朝の憂鬱はどこへ吹っ飛んでしまったのだろう。若者たちの、一様に興奮して、素晴らしい感想を語りあっている姿を見て、このイベントを実現できて本当によかったと思う。けれど、恐らく来年はできないだろう。ずいぶんと市の予算を使ってしまったからだ。こんなことを続けていたら、おそらく議会で問題にされるだろう。
おい、キミタチ、これはきっと、最初で最後の空中遊泳なんだよ。しっかりと楽しんでくれたまえ。
そんな思いを込めて、私は若者たちの乗るヘリコプターを見送った。