423話(2004年05月07日 ON AIR)
「ラジオミュージカル『夢芝居』」
作/蓮行(劇団衛星)
 
「ラジオミュージカル」
おお。
  (イントロが始まる)
…え?ああ、始まってる。てか、拍子木から ♪ディケドットまでが長い。交響曲始まりそう。
絶対いけるよ、これ。新しいもん。まだ誰もやってないもん。
ああ…。
踊りなさい。踊りなさい、あなた。
意味ないでしょ。
男  伝わるよ。そこが目玉なんだから。
ええ?
次、♪ズンドコドッ、はい、のとこだからね。
ええ? ♪ズンドコドッ、はい。
♪恋の~。…あ、間違えた。
イントロ。あまりに長い。
♪恋の~(上手に歌に入れず)あ。…歌この人歌ってるから、俺、朗読するわ。「台詞ひとつ、忘れもしやしない」(少し違う)
♪ズンドコドッ、はい。ま、台詞見ながら言えますからね。私も朗読しよ。
「誰の筋書き」
二人 「花舞台」
…ああ!(と、何かに火がつく。)見えた!「行く先の影は見えない」!
♪ズンドコドッ、はい。あの、僕、朗読係だから。
(それを聞かずに)その向こうに広がる、花舞台!…そういうことだったのか、やっと分かった!
……。僕は…もう、何も言えなかったわけで…。
ああ、もっと練習したい。時間がない、もっと練習したい!
「稽古不足を」
へ?
「幕は待たない」
はい!
二人 ♪恋はいつでも初舞台~。
  ブチッ。(と演奏を止める)
ああ!
演奏長いんで。ズンドコから再開。
ああ、はい…。
♪ズンドコドッ、はい。
♪恋の~。あ、また間違えた。
集中が足りないんですよ!
あ、はい、すみません。
ああ、でもこれ、絶対いけるわ。私の中でめっちゃ広がってるもん。そう!まさに、「たぎる思い押さえられない」!
♪ズンドコドッ、はい。 あの、僕が朗読なんで…。
踊ればいいでしょ!
二人 ♪花舞台~。
踊りなさいよ、あなたが!
あの…でもね、踊っても見えないから、意味ないと思うんだ。
♪ズンドコドッ、はい。
バカー!(平手打ちの音)
あ…!
意味のないものなんてない!もともと踊りなんか見えたって意味あるかどうか微妙なんだから!
あ、じゃあ、はい。タップします。音出るからタップします。
  (タップダンスの音始まる)
よーし。 ♪こなしきれない、涙と笑い~。歌え、踊れ!
はい!
二人 ♪恋はいつでも初舞台~。
あ、これ、間奏切った方が…。
  (と思ったが、すぐにサビの繰り返しがくる。)
止めちゃ駄目!
ああ、もう? ♪男と
♪女~
♪あやつり
♪つられ~
二人 ♪対のあげはの~
オスあげは~ ♪誘い
メスあげは~ ♪誘われ~  わ、何かこれちょっとやらしい。
二人 ♪心はらはら~(女は感極まって涙声になってる。)
こら、カーテンコールまで泣くんじゃない。
二人 ♪恋はいつでも初舞台~。
  (歌終わる。)
(遠い声で)本当に、、本当に…ありがとうございました!
はあ…はあ…。いかがだったでしょうか?俺達のこの全く新しい作品世界にかける想い。上演希望される業界関係者の方、アクセスはこちらまで。
あ、これ、ラジオなんで字幕出ないですよ。
ああ…。


おわり
閉じる