436話(2004年08月06日 ON AIR)
「催事人」
作/腹筋善之介
出演/能登(のと):男、45歳
あずみ:女、24歳
 
  軽快な音楽が鳴り響く。まるで、レースか何かが行なわれているようだ。
実は、催事屋能登さんが経営するウイロウ屋が、とある百貨店の店先に店舗を借りて出すことになった。その準備中だったのだ。百貨店オープンに間に合わせなくてはいけないので、少し焦って準備をしている。
あずみ 「能登さん、これは?」
能登 「ああ、そっちの光当たるところに並べてくれる。」
あずみ 「はい。えーーーっと、ここに、並べると。」
能登 「朝から、バタバタして悪いなあ。」
あずみ 「いえいえ、そのつもりで来てますから。」
能登 「ありがとう。ああそれは、そこの横に。」
あずみ 「はい。もう、ヨモギは出さないんですね。」
能登 「夏はヨモギも桜もあかん。夏はこれや!」
あずみ 「美味しそうですよね。」
能登 「綺麗しな。冷やすとめっちゃ美味しいよ。他で売ってるところもあるけど、うちが一番安いし。」
あずみ 「売れますね。」
能登 「やったらええねんけどなぁ。」
あずみ 「売れますよ!私やったら買うもん。」
能登 「はは。買わんでも何個か持って帰りや。」
あずみ 「ありがとうございます。」
能登 「当たり前やがな。」
あずみ 「なんか急に雇ってもらって、すみません。」
能登 「いやいや、こっちも人手が足りんかったから助かったよ。それにあずみちゃんやったら一年ぐらいバイトしてくれてるから、大体分かってるしな。なーんも分かってない人雇うより、ずっとええわ。その、キンツバ、前の時はなかったやろ。」
あずみ 「ほんまですね。結構これ高いですね。」
能登 「小豆ようさん使ってるからな。会社は、休んでるん?」
あずみ 「やめたんです。」
能登 「そうやったんか。おっと、後30分で開店やな。いそがな。ゆずは、キンツバの隣な。」
あずみ 「はいー。隣、おかき屋さん入ってますけど、雪若さんとちゃうみたいですね。」
能登 「雪若は、倒産したんや。」
あずみ 「ええっ!あんなに儲けてはったのに!」
能登 「時代の流れかな。早かったわ、バッと儲けて、バッと無くなってしもうた。あずみちゃんが居った頃の催事屋はほとんど無くなったわ。残ってるんは、うちぐらいやで。」
あずみ 「凄いですよね。」
能登 「細々とやってるとこが残るなんてな。ありがたいこってす。」
あずみ 「だって、美味しいもん。」
能登 「もうちょいキンツバつんでくれる。」
あずみ 「はい。能登さん、彼氏のこととか聞かないんですか?」
能登 「えっ?ああ、どないしてるん?あずみちゃんバイトしてた頃、よう買いに来てたよな。」
あずみ 「別れたんです。入社して凄く忙しくなって、会えなくなって。会社は倒産するし。」
能登 「倒産したんか!」
あずみ 「はい。なんか色々あって。」
能登 「ふうん。小銭両替してきてくれるか?」
あずみ 「あっ、はい!」
  小銭を両替に行くあずみ
能登 「ああ、おばあちゃん、おはようございます。まだなんですよ、すみません。急いではる?百貨店の方が開店するまでは、売ったら怒られますねん。けど、いっつも買ってくれてはるから、これ持って行って。ええから、ええから。荷物多いな。この紙バッグに入れて行き。ええて、百貨店のやから、気にせんでいいねん。はい、はい。また来てくださいー。」
あずみ 「お待たせ。久しぶりやったから、ちょっと迷いかけました。」
能登 「ありがとさん。さあ、そろそろやな。」
あずみ 「はい。久しぶりやから、緊張しますー。」
能登 「そうやろな。無理しなくていいねんで。」
あずみ 「はい。」
能登 「照明つけてくれるか。」
あずみ 「はい。消費税も考えてちゃんとレジ打てるかなあ。」
能登 「大丈夫や、落ち着いて打ったらええ。‥‥あずみちゃんの彼氏、今でもちょくちょく買いに来てるよ。」
あずみ 「ええっ。ホントですか。」
能登 「うん。さあ、開店や!」
あずみ 「あっ、はい!」
能登 「おはようございますーー。いらっしゃいませー」
あずみ 「いらっしゃいませーー!いらっしゃいませー」
能登 「愛知県三河のウイロウですーー。創立300年安川のウイローー!葛を使ってますのでね、肌理(きめ)細やかでおいしいですよー。こちらのね、梅ゼリーもね、冷やすと最高です!さあどうぞーー!」
あずみ 「あっ、いらっしゃいませ!はい、キンツバですね。ありがとうございますー」
  二人の販売する声が百貨店前の往来にこだまする。


おわり
閉じる