446話(2004年10月15日 ON AIR)

「忙しいんだよ、俺は」

作・金替康博
 
男、なにか熱心に書いている。レポートか? 明日提出する書類か?
ま、何でも良いんだけど。女、そのような男を気にしない。
線路に石があるでしょ。
うん、あるね。
あれ、見てたら怖くなったのね。
・・・ふーん。
「なんで?」って聞いて。
長い?
短い。
なんで?
夜中に集まって来るのよ。
え? なに?
夜中に集まって来るの、あれ。大きさとかだいたい揃ってるでしょ、あの石。
集まって来るって、なに?
大きさとか、揃ってるのね、だいたい。だから、おそらく「もうそろそろかな、俺」とか言って来るの。
・・へえー。
言ってみて。
え?
「もうそろそろかな、俺」って言ってみて。
「もうそろそろかな、俺」
怖い。
忙しいんだよ俺。
電車の音。部屋のそばに線路でもあるのか。
静かになる部屋。
ぞろぞろ集まって来るのよ。山という山から、もしくは川という川から。「もうろそろかな、俺」って思った石たちが。・・・ぞわぞわ。
ぞわぞわ?
じゃあ、ぞろぞろ。え? ぞろぞろとぞわぞわどっちが良い?
・・・ぞわぞわの方が気持ち悪いな。
でしょ。だから言い換えてみたの。
でも、ごろごろでしょ。石なんだし。
・・普通じゃない。
だって石がぞわぞわって変だろ。硬いんだから、ごつごつしてるんだから、石は。
軟らかいの、その時だけ。移動する時だけは、適度に軟らかいの。
知ってるだろ。俺、今、忙しいの。
石は、長い長い道のりをやって来るの。
・・・
何日も何年もかけて。
・・誰か見るだろ。そんなに動いてたら。
敏感なの。人の気配がすると石みたいになるの。緊張して、石みたいに。
・・石なんだろ。
緊張しいなのね。
・・・(石なんだろ。)
すり減って、すり減って。たどり着けない石もいるわ。それは、道端の砂になるの。小さくなりすぎたのね。それで、ゴウンゴウンって掃除されるの。
ゴウンゴウン?
夜中にやってるじゃない。車の下にブラシ付けたけたやつが。
水出して、ブラシ回して。
じゃ、掃除好きのおばさんに(箒ではかれたり・・)
自分がなにをしてたか忘れちゃう石もいるわ。長い移動を続けてるうちに忘れちゃうの。
雨で流され(ちゃう石も・・)
その石は海を見るの。忘れて、移動してるうちに、海に出ちゃうの。誰もいない海。夜中に、月だけが輝く海を見るの。ザザーン、ザザーン
・・・
そして思うの
・・・
そして海を見た石は思うの
・・・
・・石は海を見てなんて思うんだろう?
着いたって思うんじゃない? ・・やっとたどり着いたって。
うん。
まだ怖い?
ううん。あと、お正月の餅に乗ってるみかんあるでしょ。あれの茎のとこに付いてる葉っぱなんだけど。あるじゃない、ね。何段にもなってる餅の上に・・・
電車。女の話をかき消すように
おわり