45話(1997年2月7日 ON AIR)

「リクエスト・フォー・ユー」

作・飛鳥 たまき
(車の中、カーラジオから音楽が流れている)
DJ(クッキー)
・・・〃クッキーのリクエスト フォー ユー〃 次のリクエストは・・・ <和田先輩、お元気ですか?あと一週間ですね。何もできないけど応援してまーす。がんばってくださーい> ってメッセージくれたのは神戸市灘区のまみちゃん。ワダ君は受験生かな?リクエスト曲は(キーディ/プリティ・ボーイ)クツキーもしてま?す。
良介
・・・土曜日朝、十時二十一分、新神戸着・・・ 神戸は初めてって言ってたよな、夏海・・・どこへ行こうかな・・・・・ほんと遠いよな・・・
(クラクション)
良介
・・すごいことだぜ、夏海・・五〇〇キロも離れた二人が熱ーい想いを抱き続けるっていうのは・・・
DJ(クッキー)
続いてのリクエストは<会いたいよー>と一言。 姫路市のキキさんからクー君へ。OK!かけちゃうよー。(シャイ)(If I ever fall in love)
良介
『遠距離なんて自信ない』脅すようにいったあと、うつむいた夏海。俺だって・・・自信なかった・・・でも・・会えない時にこそ、夏海のこと思ってる自分に気づいた・・・今度の土曜日、何がなんでも休むぞ!
(クラクション)
良介
「おい、おい、赤だろう、赤」 こうなんだよ、夏海。こっちじゃあ赤信号は注意して渡ろうっていうんだ。
DJ(クッキー)
さあ、どんどんいきまーす。<失恋してん。忘れよう思うても忘れられへん・・ めっちゃ好きやった・・・私自身にリクエストします。(アン・ルイーズ/ステイ)ぜったいかけて>いいよ。みほちゃん。うすーい胸だけど、かしてあげる。みほちゃんに(アン・ルイーズ/ステイ)
良介
・・いいよな、人をめっちゃ好きになるって・・・『そうそうあることじゃないんだぞー実はすごいことなんだぞーえらいんだぞー』・・うん、俺もそう思う。夏海の言うとうり!
DJ(クッキー)
神戸は須磨区のジュンからマーコへ。<夕日みてるかー>のfaxメッセージ。わあ、ほんとーきれいー。クッキーからもおすすめ。家にいる人はいそいで窓をあけて、ドライバーのみなさんはちょっとわき見して、夕日みてくださーい。リクエストは(モンキーズ/デイドリーム・ビリーバー)
良介
・・・あれ!?俺らのラッキーナンバー・・・
(口ずさむ)
良介
この曲を聞くと何かいいことあるんだよな・・・出会った時だろう・・・就職決まった日だろう・・・・初めてのデートの日だろう・・・おうー、夕焼け・・・
DJ(クッキー)
(モンキーズ)の(デイドリーム・ビリーバ)でした。<良介 元気ですか。次の休み神戸に行くからねーー>川崎のナツミちゃん、川崎?ああ神奈川県の川崎市、遠くからのリクエストありがとう。神戸のリョウスケ君、あなたへです。(マイケルジャクソン/ヒール・ザ・ワールド)。
良介
リョウスケ?・・・えっー?川崎のナツミ?・・・エーッ?!おれ??・・・俺だよー・・・
小春日和の一日だった。空も、仕事も、気分も。もやがかった空気は夕陽ににピンクに染まっている。道は一直線に東向き。俺はバックミラーにすっぽりはまった太陽を見ながら走っていく。やがて空は群青色に変わり、車の赤いテールランプが次々つき始めた。土曜日朝、十時二十一分、新神戸着。五日たてば夏海に会える。