468話(2005年03月18日 ON AIR)

「ドラゴンのパターン」

作・上田誠
ゲスト出演・池永佳代(維新派)
村外れのほこら。
そこに住んでいる女を、訪ねてきた男。
では、ドラゴンを倒していただけるんですね?
ここに来れば、ドラゴンの倒し方が分かる、と聞いてまいりました。
ドラゴンは凶暴です。これまでに何人もの戦士が、その命を落として参りました。
承知しています。でも私は勇者です。ドラゴンを倒すのが、私の使命です。
分かりました。……ドラゴンは、北の洞窟に住んでいます。
北の洞窟。
北の洞窟に入ると、一番奥が、大きな泉になっています。
ドラゴンは、基本的にその中に、潜んでいます。
基本的に。
ええ。
その、例外もあるんですかねえ。
え?
その、基本的にってことは、外に出てたりすることもあるんですかねえ。
ドラゴンが。たまたま。
そこ、重要だと思うんですよ。洞窟に入って、いきなりドラゴンいたら、
ちょっとヤバイと思うんで。
その場合も、泉の近くには、います。
近くって言うと、その、泉の、ヘリ的な部分。
ええ。
泉のヘリ的な部分に、なんですか、寝てるっていうか、横たわってる感じですか?
そうです。
こうなんか、ダラッとしてる感じですか?
ええ。
あんまりじゃあ、全然関係ないとこにいる、みたいなことは、ないんですね。
そこ知っときたいんで。
ドラゴンは人間をみると、すぐさま襲い掛かってきます。
ああ……。
そのときに効果を発揮するのが、光の宝玉です。持ってますか?
持ってます。
それをかざすと、ドラゴンは一瞬ひるみます。
ええ。
そのスキに、ドラゴンの弱点のノドを、一突きすれば、ドラゴンを倒せると言います。
言います?
倒せます。
倒せるんですよね。それちゃんとした情報なんですよね。
伝説みたいに今言いましたけど。
倒せます。
大丈夫なんですね。不安なんで。
あとその宝玉なんですけど、かざすって言うのは、どういう……。
天に向かってかざしてください。
天にかざすんですか?ドラゴンにではなくて。
ドラゴンにかざしてください。
どっちなんですか?
ドラゴンにかざしてください。
ドラゴンなんですね?ドラゴンにじゃあ、見せればいいんですね?
ドラゴンは大体高い位置に、顔があるんで。
ああじゃあ、天にかざす感じで、ドラゴンに見せると。
ええ。
そしたら、ドラゴンがひるむと。
どの程度ひるむんですか?割と「ウッ」ぐらいの……。
かなりひるみます。
もうなんですか、ドラゴンがのけぞるくらいの。
ええ。
ドラゴンがのけぞって、ノドをさらけ出すくらいの。
そうです。
そこを一突きすれば、でも打点、高いんですよねえ。
のけぞるってことは、さらに高くなりますよねえ。
それ大丈夫なんですかねえ。慎重的に。当たるんですかねえ。
洞窟の中は狭くなってるんで。
え、でも、泉の部分は広いんですよねえ。
っていうか、ドラゴンのけぞりますかねえ、このアイテムで?
ドラゴンはのけぞります。
効くんですかねえ。光の宝玉。
ドラゴンは暗いとこで、ダラッとしてますから。
泉の中か、泉のヘリか、いずれにしても暗いとこで、ダラダラしてますから。
ドラゴン何やってるんですか?
ドラゴンは凶暴です。
凶暴は、凶暴なんですね?
何人もの戦士が、その命を落として参りました。
やるときはやる、みたいな、そういう性格なんだ。普段はダラッとしてるけど、


遠くから、ドラゴンの咆哮。