469話(2005年03月25日 ON AIR)
「 粋な帰り 」
作/樋口美友喜
 
  アコーディオンの演奏、少し音が外れて
賑わう繁華街のど真ん中で、時代遅れの腹話術氏が胸を張る
腹話 春だ。今ちょっと春の匂いがしたね。夕暮れ時の風に乗って、ほら、向こうの空がもう闇に食われちまってら。
夕日の赤色が闇に負けて夜が来るってもんだから。ただ冬の夜とはちーと違うね。ほらもう匂い が。
ほらもう風が。冬の寒さじゃねぇ。これそうすがすがしいってぇの?さわやかってぇの?風と空気と匂 いと空が違う。
春だ。
人形 ぶえっくし。マーダ、さみーヨ。
腹話 はーい。ちょっとしゃべっていかんか。そこのあんた、そっちのあんたも…ちょっとー。
人形 アー。さみーノハ気候ジャナシ。人ナミ人ゴミ?
腹話 駄目だね最近は。昨日行った幼稚園で、ほらそらあの余興で。いかん、いかんね。すーぐにネタあかしを知りたがる。やれ、人形と離れてみろだの、人形を1人で歩かせろだの、出来ねぇってことはじじいお前が1人でやってんだろって。
人形 オレ1人デアルイタラ化ケ物ダッツーノ。
腹話 次に言ったのは同時にしゃべれだの、声を送らせろだの、イッコクドウじゃねぇってぇの。口からトランプ出せだの。感心するね。若者の技術には。テレビでさ、目が肥えてんだ。粋ってモンを知らねぇから。見せモンだ。タネも仕掛けもあって当たり前だってぇの。そのタネと仕掛けを知らんフリして楽しむその粋ってモンが足りないねぇ、少ないねぇ。
人形 アーヤダヤダ。スググチる。グチりダシタラスグボケるッツーノ。
腹話 グチるの止めたらボケが始まるってもんだろが。
人形 ヨウスルニ、アレでショ?ウケナカッタンダでショ?
腹話 子供には、わっかんねぇんだこのワビサビが。
人形 イッコクドーはウケテルのニ?
腹話 あいつぁ、それこそワールドワイドじゃねぇか。そか、行くか、世界に。
無理だネ。ヨッパライ相手がオニアイでショ。ホラキタ。
腹話 酔っ払い?
  ショルダーバッグを引きずって、ハイヒールですり足の女
誰が酔っ払い?
腹話 私が言ったんじゃなくて。こいつが。
人形 ソイツ。
誰?
腹話 アイツだって。
人形 オマエ。
ホットケ、ネェちゃん、ボケテるダケダカラ
  アコーディオンでババーンとしきり直しの音を出して
腹話 はい!30分300円の人形ショータイムでございます。いかがで?
笑えないし、払えない。
腹話 いや、今のはつかみで、本編は今から始まりで、
まずつかめてないし。
人形 ショージキだヨ、ネェちゃん。
腹話 オマエどっちの味方?
それでお金はもうからないでしょう。
人形 ソウヨ、モウカルワケナイッツーノ。ヤメリャイイノニヨー。
腹話 金じゃないんだよ。粋な心意気ってぇの?道急ぐ人がちょっと足止めてちょっと眺めてほっくりして家に帰る、そんな仕事があったっていいじゃねぇっかって。そういう仕事が一生できりゃいいかって、金じゃねぇっての。
人形 ゲンジツ見エテナイワケヨ。
腹話 お前本当にうるさいよ。
人形 オマエユメミスギ。
腹話 お前な!
人形 ナンダヨ!
あんたらさ。
腹話・人形 あん?
ストレスたまらないでしょ?そんだけ裏と表言いたい放題言ってたら。
腹話・人形
さてと。
  女はハイヒールを履き直して、バッグを方にかけなおし
帰るわ。ほっくりしたし。
  ふと、女は空を見た
あ…
腹話・人形 はい?
今、春の匂いがした。
  女は腹話と人形に背を向けて家へと向かう
アコーディオンの演奏、少し音が外れて
賑わう繁華街のど真ん中で、時代遅れの腹話術師が胸を張る
人ごみの中で、腹話と人形のやりとりが遠くに聞こえている
腹話 春だ。今ちょっと春の匂いがしたね。
人形 マダハエーヨ。ウスギスギルゾ、ソコノオネェちゃん。
腹話 夕暮れ時の風に乗って、ほら、向こうの空がもう闇に食われちまってら。


おしまい
閉じる