48話(1997年2月28日 ON AIR)

「最終電車」

作・平尾 くすこ
女、息を切らせて走って行く。でんしゃの発車を告げる笛の音。
アナウンス
まもなく最終電車が発車いたします。お乗りの方はお急ぎください。
急がなきゃ。乗り遅れちゃう。彼女を追い掛ける、もう一つの足音が重なる。
駅員
何言ってるんですか。切符買って乗るのが常識でしょう。
離してください。
アナウンス
最終電車が発車いたします。

電車が発車する音。
駅員
あ、電車がどんどん遠ざかる音がする。
今の終電よ。どうしてくれるの。
駅員
だって、
こういう時にはとりあえず乗せてくれるのが常識じゃない。
あたし、家に帰れなくなっちゃったのよ。
駅員
だって、無賃乗車は、
誰が無賃乗車よ!人をまるで犯罪者みたいに。払わないなんて言わなかったわ。状況考えなさいよね!ボケナス!
駅員
ボケナス?
ええボケナスよ。悪い?
駅員
・・・状況判断違えたのは認めますけど、ボケナスってのは、
ボケナスじゃない。あんたのおかげで大迷惑だわ。あんたみたいな融通のきかない人間はね、これからずっと電車に乗り遅れたままで終わるのよ。
駅員
・・・乗り遅れたのはあんたじゃないですか。
あんたのせいじゃない。
駅員
・・・でも、絶対この電車に乗らなきゃいけないなら、切符買う余裕みて早めに出るとか、
人にはいろいろ事情があるのよ!何よ偉そうに!
駅員
だって、
あたし、あんたにまだ謝ってもらってないわよ。
駅員
・・・。
謝んなさいよ!!
駅員
・・・すみません。
・・・そう素直にくればいいのよ、最初から。あんたのその性格で、いろいろ損してるんじゃない。
駅員
(ふてくされて)ええ。
やっぱり。
駅員
いけないと思ってるんだけど、ついつい言い訳言っちゃうんですよ。・・・ あれに乗らなかったら家に帰れないんですか?
もう、仕方ないわよ。冷えてきたわね。
駅員
ええ。タクシー拾います?
タクシーで行き着けない場所もあるのよ。
駅員
そうなんですか。すみません。
あーあ、乗り遅れちゃったんだ。なんでも人のせいにしてるのあたしも同じかな。いらないケンカばっかり。
駅員
あの、これからどうするんですか。
どうしようかな。このホームで夜明し、なんて無理よね。
駅員
凍死しますよ。
そうかなあ。
駅員
行くとこ・・・ないんですか。
まあね。
駅員
それなら、僕、付き合いましょうか。
は?
駅員
こうなっちやたの、僕のせいだし、せめて、あの、話し相手でもいたらって。あ、変な意味じゃないですよ。
(吹き出して)あんた、変な人ねえ。せっかくの申し出、気持ちだけ受けとっとくわ。
駅員
どうするんですか。
帰る。何だか、張ってた意地が溶けちゃった。
駅員
え、もう帰れないんじゃ。僕のせいで、
ううん、あなたのおかげで帰れるのよ。さっきは当たり散らしてごめんね。
駅員
あの、言ってる意味が、
あたし、さっき彼氏と大ゲンカしたの。すごくつまらないことでね。それで彼の部屋、この近くなんだけどね飛び出して来たの。終電で家に帰るって叫んでね。心のどこかじゃ馬鹿なことやってるの分かってるのに、カッカ腹が立って、止まらなくて、駅まで走ってきちゃった。
駅員
そうだったんですか。
寒いところで引き止めてごめん。仕事の邪魔しちゃったわね。
駅員
いいえ、そんなことないです。
ちょっとだけ素直になれたみたい。あたし行くわ。
駅員
あの・・・良かったですね。一緒に夜明しできなくてちょっと残念ですけど。
何言ってんのよ。さよなら。
駅員
さよなら。お気をつけて。
さよなら。・・・駅員さん、
駅員
え、
ありがとう。