5話(1996年5月3日 ON AIR)

「一枚の写真から」

作・み群 杏子
私(N)
神戸に行こう。そう思ったのが三日前。東京発ひかり109号。
はじめてのひとり旅… きっかけは、古ぼけた一枚の写真だった。  
あの…  
え?  
そこ、僕の席なんだけど。  
(あわてて)あ、ごめなんなさい。誰も来ないのかとおもって…。
隣なの。今、代わります。  
いいよ、そのままで。  
え?  
窓際の方がいいでしょ。景色が見られて。  
いいの?  
どうぞ。行き先も一緒みたいだし。  
え、どうして…  
だって、それ。  
あ。  
女(N)
そうか、膝の上に、北野界隅の地図を広げたまま…
この時、私は彼に、何もかも話してみたい衝動にかられた。
なぜだか分からない。ただ…  
あなたも神戸に行くの?  
いや、僕は帰るんだ。  
ね、これ、見てくれる?  
写真?  
裏を見て。  
… 1953年、春。桜の下にて、佐和子、6歳 神戸、北野町。  
佐和子は、母の名前。その桜は、母が生まれた日に、
記念に植えたものなんですって。
母は、6歳まで神戸にいたの。
これ、引っ越す前に撮った写真だと思う。
今日ね、私、この場所を探しに行こうと思って。
北野町か。  
この間、母が亡くなって…。私、一人きりになってしまって…。
この写真ね、遺品を整理していて、見つけたのよ。
なんだか とてもなつかしい感じがして…。不思議でしょ。
一度も行ったことがないのに。
それはたぶん、ここが君のふるさとだからじゃないかな。  
ふるさと?  
帰りたい場所。 望郷って、古い映画。
ジャンギャバン扮するペペって男がいたんだ。
ペペはパリから、アルジェに逃れてきた凶悪犯でさ、高い丘の
上に あるカスバって所に身を隠していたんだよ。
…ぺぺは、高い丘の上から、いつも海を見ていた。
港からでる船を見ては、いつかパリに帰りたいと思っていたんだ。
ぺぺにとって、港は自由への出口だったんだよ。
あそこから、船に乗りさえすれば、自由になれるってね。
…でも、ぺぺは帰ることができなかった。自由行きの切符を
手にしながら、撃たれて、死んでしまうんだ。…この女の子、
君のお母さんさ、坂道の下に広がっている海を見ていたんじゃ
ないのかな。
 海を?
うん。ほら、カメラの方ではなくて、もっと、遠くを見ているだろう。
ぺぺの見ていた海も、希望につながっていたのかもしれない…。
…変わったでしょうね。神戸も。  
うん…でも、海は変わらないし、僕も負けない。
女(N)
そう言って彼は笑った。きれいな笑顔だった。
とうとう私はやってきた。母の生まれた街に。
地図をたよりに入り組んだ路地を歩く。坂道から坂道へ。
夕暮れが、影を落とし始めた。みつけられないかもしれない。
やはり考えが甘かったのだ。
泣きそうな思いで、 いくつめの角を曲がる。 と…
さくら?
女(N)
 それは見事に咲いた、遅咲きの桜だった。  
あ、海!  
女(N)
振り返ると、道のはるか下に、海が広がっていた。
海は、家々の間から、宝石のように小さく、輝いている。
私は桜の木にもたれて、じっと、海を眺めていた。
かつて、母が見た景色のなかに、今、私はいる。
桜の花びらが、過ぎていった時のように、私の肩に落ちていった。
母さんの桜! 母さんの生まれた ふるさとの海!  
ただいま! 私、帰って来たわ。ここに、帰ってきたのよ。  
やあ。  
あ、あなたは…
あえたね。君のふるさとに。