53話(1997年4月4日 ON AIR)

「春・風の中で」

作・飛鳥 たまき
ぼく
恋を実らせる最良の方法は「素直にストレートに」
それがぼくのモットー。
けれど、ホキのまっすぐなまなざしに会うと、
何故かたじろいでいた。
ホキ
「日曜日、ひま?」と聞いた後、
あの人はあわてていいかえた。
「桜を見に行かない?」と。
 続けて
「行こうよ」と。
ぼく
つづら折りの桜並木は山頂の桜公園に続く。
ホキは桜ばかり見上げて、足元を気にしない。
危ない!
ホキはつまづいてはよろけ、
思わずぼくの腕を取とる。
そのたびに、ぼくはときめいた。
ホキ
揺れる花が好き。
薄紅色が好き。
見上げると青い空が透ける。
春霞みの中、目まで桜色に解けてしまいそう。
ぼく
坂を登りきったところに小さな桜の園。
見下ろすと、かげろうのように揺れる高層ビル。
わきあがる街の喧噪。
桜は、もう満開。
強い風に花びらが舞う。
海の見えるところに、ぼくはホキと並んで座った。
ホキ
わけもなく泣きたい日がある。
わけもなく笑いたい日がある。
私の心の中には海がある。
荒れ狂う嵐の日がある。
おだやかな凪の日がある。
風を起こすのは誰?
海を波立たせるのは何?
人はどうして愛さないではいられないのだろう・・・
ぼく
ホキのことばは呪文のように、ぼくを包む。
いつの間にかホキの問いは、ぼくの問いになって
いた。
人はどうして愛さないではいられないのだろう・・・
ぼく
下りはまっすぐ近道を降りることにした。
草が踏まれて自然にできた細い急な坂道。
ぼくはごく自然にホキの手をとった。
手のひらにすっぽり入ってしまう小さな手。
ぼくたちはだんだん無口になっていった。
ホキ
手のひらを通して、私はあの人の声を聞く。
私に答えることなどできない。
黙って、あの人の背中をみながら歩いていく。
ぼく
下りの中ほどにある展望台。
海を見渡せるようにはりだしてある。
風がぱったり止んだ。海は波一つない。
夕暮れの、この時だけの静けさ。
ぼくたちはずっと昔からそうしていたように
ならんで夕日を見ていた。
ホキ
急な坂道は終わった。
でも、あの人は手をほどかない。
・・・どうして?・・でも・・不思議な安心感。
ホキ、これは何?
ぼく
街はおぼろな月夜に包まれ、
ざわめきはもやにくぐもる。
春を告げるやわらかな夕焼け。
太陽は向かいの島の稜線を青くきわだたせた。
遠くで汽笛がなった。
ホキ
汽笛がビルの間をぬって響いてくる。
手の温もりの中に
かすかだけれど、はっきり声を聞く。
私は少し驚いてあの人の顔を盗み見る。
風は終わった。
海から風が勢いよく吹きあげてくる。
桜の花びらが空に舞う。
あの人は遠くをみつめたまま、手に力をこめた。