535話(2006年7月1日 ON AIR)
「 もともとそういう奴だから 」

作 /上田 誠

 

男女、悪口を言っている。

本っ当、あいつやな奴だねえ。

(冷笑)やな奴だねー。
もうだって、もともとそういう奴だからね。

そっち方面の。

うん、そっち方面のっていうか、そっち系の。
うんうん。うんうん。

そっちラインのね。

そっちの方向性の。
そっちにだから、カテゴライズされるよね。
そっちにこう、座標が寄ってる、みたいな。
マトリックスがね。
うんうん。うんうん。
マトリックスがそっちに傾いてるよね。

そっちにバイヤスがかかってる、みたいな。

うんうん。
もうだから、そういうムードを醸してるよね。
(笑)あー。
そういうムードをまとってるよね。
そういうバックボーンを持ってるっていうか。
背景をね。背景を背負ってるよね、そういう。

空気感を。

世界観を。もともと。

(冷笑)あー、もうだから、運命的にそうなんだよね。

宿命的にね。

そうそう、そういう宿命なんだよね。
そういうなんていうの、業をはらんでるよね。
(笑)カルマを。
(笑)カルマを背負ってるよね。
うーん。うんうんうん。
ホントだから、もともとそういう奴なんだよ。
もともとっていうか、そもそも?
そもそも。ことの始まりが。事始めが。
そこスタートみたいなね。

そこありきみたいな。

そこを、出発点にしてるっていうか

そこを起点にしてるよね。
(笑)そこが、彼のルーツっていう。
(笑)そこが、彼のオリジナルだよね。オリジナリティだよね。
だから、やっぱ、そうなって然るべきだよね。
うーん。
必然的にそうなっちゃったんだよ、彼は。
運命的に。
宿命的にね。
 もう、そうなる摂理だったんだよ。
もそうなる道理だよね。
 そそうならざるを得なかったよね。
そうしかなりようがなかった。
なるべくしてそうなったよね。

そうなる以外に道はなかった。

そこにしか道は用意されてなかったよね。

そういう道ができてたっていうか。
そういうレールが敷かれてたよね、彼の前に。
あーもう、そうなるように導かれてた、みたいな。
そうそう。運命に。
(笑)宿命にね。
だから、あいつ、もっとそっちに行くと思うよ。
あー、さらにそっちのラインに。
そっちのベクトルにね。
そっちに、より引っ張られていくんだ。
っていうかむしろ、そっちを目指していくと思うよ。
あー、今後の方向性としては。
そうそう。ベクトルとしては。

もうだって、そっちに向いてるもんねえ。
体がね。体勢がね。
体勢っていうか、魂だよね。
(笑)魂が。魂がそっちに向いてるよね。
そっちへナビゲートしていってるよね。
そっちをだから、ゴールとしてるよね。
最終到達地点にしてる、みたいな。
ガンダーラとあがめてるよね。
(笑)うーん。どこいくんだろうねえ。
あいつねえ。
END
閉じる