537話(2006年7月15日 ON AIR)
「 オバケの西崎さん 」

作 /ごまのはえ

西崎

ばってんこ。ばってんこ。カラカラ、カラカラ、ばってんこ。

(演出家のように手を叩き)カット!

西崎

・・・。

それダメ。

西崎

え?

ばってんこ。やめたほうがいい。

西崎

えーマジっすか。でも、

あ、「でも」言った、「でも」って言った。

西崎

いや、でも、これは、平安時代から俺ばってんこなもんだから、

知らない。平安時代とか知らない。だってだって怖くないもん。

西崎

いや、

怖いお化けになりたいんでしょう。

西崎

でも、

西崎

次「でも」って言ったら、私協力しないから、

西崎

あぁ・・・お願いします。

ばってんこ辞めて、普通に挨拶しましょう。「西崎です」って。

西崎

え?普通に?

そっちのほうが絶対怖い。暗闇からいきなり「西崎です」は絶対怖い。

西崎

はぁ。

で?それから?

西崎

「お母さん大事にしてるか?」

やさしいじゃん!

西崎

いやでも、怖いお化けが言うからこそ、

だから怖くないんだって西崎さん!

西崎

でも、

でも禁止!あ、わかった。くらやみから現れて西崎ですって言った後、「知ってんねんぞ」

西崎

は?

「知ってんねんぞ」。相手の顔じーっと見て言うの。

西崎

失礼だよ。

お化けが、何言ってるのよ。

西崎

「何を」って聞かれたら、

その時うすーく笑うのよ。

西崎

脅しじゃん。

お化けが何言ってんのよ。今年の夏は大活躍したいんでしょ。

西崎

だけど、

なに?アンタが相談にのって欲しいって、

西崎

わかったよ。ごめん。

で、去り際なんだけど

西崎

「お母さん大事にしてるか」だけは言わせてよ。これアイデンティティだから、

んー・・・わかった。じゃぁ「おかぁ」まで言わしてあげる。

西崎

えー?

その代わり何回も言っていいから、

西崎

「おかぁ」「おかぁ」って?

そう。

西崎

言いながら帰ってくの?

そう。

西崎

怖いよそんなの!

お化けでしょ、西崎さん!

おわり
閉じる