556話(2006年11月25日 ON AIR)
「 東西のスパイ 」

作 /上田誠

 

街の雑踏。
男、歩いている。
ふと、歩みを止める。

・・・・・・すいません。

!・・・・・・はい?

あなた、さっきから、僕のこと、つけてきてますよねえ?

(ごまかして)いいえ?

(小声で)ちょっと、あんまりね、公衆の面前で、こういうこと言うのもなんなんですけど、・・・・・・あなた、スパイですよねえ。

   

(慌てて)はあ!?ちょっと、違う、何言って、はあ!?

いやいや、めちゃめちゃ動揺してるじゃないですか。あなたスパイじゃないですか。

はあ、違いますよ。あなたがスパイなんでしょう!?

   

(慌てて)バカ、違う、はあ?何いってんのお前、はあ?

あなたこそ動揺してるじゃないですか。スパイだからでしょう。

   

ちっがうよ、バカ、お前がスパイだろう。

あなたがスパイでしょう。

いやいや、俺スパイじゃないけど。

私もスパイじゃないですけど、あなたがスパイって言ってきたってことは。

え、なになに、スパイって言ったらスパイになるわけ?

スパイじゃないとスパイなんて発想にならないでしょう。

うわ、その論理がなんか、スパイっぽいもん。論理的な感じが。

あなたこそ、スパイじゃないと、そんな鋭い反論できませーん。

   

(周りを気にして)ちょっとちょっと。あんまりおっきい声でやめようよ。

ほらほら、そうやって気にすること自体、スパイだからじゃないですか。

いやだから、俺はスパイじゃないけど。

私もスパイじゃないですよ。

だから、スパイであるとかどうとかじゃなくて、モラルだから。これは。

スパイにモラルとかないでしょー。

いやだから、俺スパイじゃないから。
お前、スパイだから、モラルないかもしれないけど、俺モラルあるから。

モラルあるイコールスパイじゃない、とはならないでしょう。

じゃあさ、いいよ。じゃあさ、スパイじゃないのに、何でつけて来たわけ?

そのさあ、つけられてる、って気にしてる時点で、もう、スパイですよって、言ってるようなもんじゃないですか?

いやいや、俺が、俺がスパイだとしたら、お前もスパイだよ?

はあ?

なぜなら、スパイである俺をつけてきたから。

(おおげさに)認めた!

いやいや。

この人、自分をスパイだって認めた!

(慌てて)ちっがうよ、だから、今のは仮定の話で。スパイではないけど。俺が、スパイだったとしたら、自動的にお前もスパイだよ、っていう。

その、つけるイコールスパイって発想、おかしくないですか。

だからイコールスパイとまでは言ってないけど、

   

言ってるじゃないですか。スパイの俺をつけたイコール、お前もスパイだなんて、そんなの、スパイならではの論理でしょう。

   

ちょっと、やめよう。さすがにスパイスパイ言いすぎてるから。

はあ?やめないっすよ。

みんな見てるから。俺たちのこと、スパイだって目で見てるから。

私スパイじゃないですもん。

俺もスパイじゃないけど、(気づいて)君泣いてるよねえ!?

泣いてないですよ。スパイじゃないですもん。

(あわてて)泣くなって。泣いたらスパイみたいになっちゃうから。

泣いてないです!

泣いてるから。明らかに。スパイはね、いつ、いかなるときでも冷徹で、まあ、スパイじゃないよ?スパイであるなしに関わらず、冷徹で、機密を守るべく、そう、あるべきだから。泣くってことは、スパイの規範に反することで・・・・・・

   
 

どんどん、ざわめきが大きくなっていく。

END

閉じる