561話(2006年12月30日 ON AIR)
「 トップランナー 」

作 /上田 誠

 

歓声。
マラソンの、中継。

   

世界国際マラソン、スタートしてから1時間20分。
現在、トップは依然として、ペナン共和国のマジャであります。

マジャ選手すごいですねー。

このままいけば、マジャ、悲願の初優勝。
そればかりか、世界記録も、夢ではありません。

大変いいペースですよ。がんばってほしいですねー。

ええ。あーっとしかしこれは?

あー、ちょっと中継車、近いですねえ。

マジャのすぐ前を走っているテレビ中継車が、排気ガスをもうもうと出しておりまして。
マジャ選手、もろにそのガスを浴びながら、走っております。

マジャ苦しそうですねえ。

これは辛い。のちのちこれが、ペースダウンにつながらなければいいが。

やっぱり、アウエーの洗礼ですかねー。

ペナン共和国のマジャ選手、慣れない排気ガスを浴びながらも、懸命に走っております。
中継車は、気づいてないようだ。苦しそうなマジャ選手。

あー、顔がゆがんでますねえ。

中継車、どうか早く気づいてほしい。

近いし、あと、量が多いですからねえ。

黒い煙をもうもうと吐き出す中継車。それを浴びるように走る、マジャ選手。

直接、体に響きますよねえー。

   
2人

ああ!

これはいけない。

いま、ものすごい出ましたよねえ。

大量の黒い煙。マジャ選手の姿が、一瞬見えなくなりました。

これ、注意した方がいいんじゃないですか?

あー、マジャ選手、涙ぐんでおります。優勝がかかっている。しかし、煙で前が見えない。

レースに明らかに影響出てますからねえ。

あらゆるコンディションと戦うスポーツ、それがマラソンでありますが、
それにしても、これはひどい。

こんなにアップにしなくていいのに。

アップの顔を放送しようとするあまり、その選手自身に、被害が及んでるという皮肉。
近代スポーツの暗黒面でありましょうか。

   
2人

あー。

またですよこれ。

マジャ選手、またも大量の排気ガスにつつまれました。

あーあーあー。

もうずっと浴び続けております。風もちょうど、中継車から、マジャ選手に向かって、
一直線に吹いております。

これねえ、マジャ選手、彼の故郷は、ペナン共和国なんですけどね。

ええ。

ものすごい、空気が綺麗な国らしいんですよ。だからマジャにとってこれは、
致命傷だと思うんですよね。

なるほど。

未体験でしょう、こんなの。

まるで悪魔の色のような煙。マジャ選手にどこまでも、執拗に付きまとう。

   
2人

あっ!

マジャが、スパートしましたよ!

マジャがここで思い切ったスパート!中継車もそれに合わせて、スピードを上げていく。

ああ、ああ……。

煙がもうもうと立ち昇る!マジャ選手がそれを振り切ろうとする!
しかしエンジンには勝てない。
金メダルは取れるのか。現在一位は、ペナン共和国のマジャ選手。

 

   ・

 

   ・

 

   ・

END。
閉じる