568話(2007年2月17日 ON AIR)
「 ラストシーン 」

作 /平野舞

 

銃声

平野巡査

「小林警部~!」

小林警部

「この、オレとしたことが・・・うかつだったな」

平野

「警部!しっかり!しっかりして下さい!」

小林

「平野、無事か・・・」

平野

「あたしなんかをかばって。小林警部は、本当にバカです!」

小林

「フッ・・・バカとは、これまた言ってくれるな。
おまえはその元気の良さだけが取り柄だな。」

平野

「しゃべらないで下さい。今すぐ助けを呼んで来ます」

小林

「いや・・・もう・・・もういいんだ」

平野

「しっかりして!」

小林

「今、オレは満足している・・・。これでこのヤマもようやく解決するだろう。あいつを追い続けて3年。ヤツをやるかオレがやられるか・・・いつもそんなつな渡りの日々だったさ。こうなる運命だったのかもしれんな・・・」

平野

「私・・・私警部のこと誇りに思います。小林警部ほどすばらしいデカは日本中、いえ世界中、いえ宇宙中探したってきっといません」

小林

「宇宙中・・・か・・・スケール、でかすぎやしねぇか」

平野

「デカだけに・・・」

小林

「泣くんじゃねぇよ。さっきの元気はどこいったい?ああ、そうだ。・・・あれ・・・やんなきゃ・・・だな。タバコ、ちっと吸わしてくれや」

平野

「・・・はい。」

小林

「今時、マッチでタバコか・・・ふーっ(とタバコを吸って)うめぇや。やっぱデカの最期は、コレじゃなくっちゃな。・・・煙が空に登っていくぜ。」

平野

(泣く)

小林

「・・・平野・・・おまえに・・たのみがある。」

平野

「何ですか?」

小林

「署の裏庭にあるパンジーに、水をやってくれ。」

平野

「パンジー?」

小林

「それからとなりにあるトマトちゃんにも」

平野

「パンジーとトマトちゃんですね。わかりました。大丈夫です。安心して下さい」

小林

「ジャガイモ野郎にもよろしくたのむ」

平野

「ジャガイモ野郎」

小林

「あと、なすびとキャベツ。それに大根もだ。おっと・・・オクラも・・・忘れちゃいけねぇぜ」

平野

「警部、裏庭、耕してたんですね」

小林

「全部・・・食って・・・いいから・・・よ・・・(ガクッ)

平野

「警部―!!」

小林

「あ、それから、おたまじゃくしのやつらも、まかせていいか?」

平野

「水槽のですか?」

小林

「カエルになったら・・・池に放してやって・・・く・・・れ・・・(ガクッ)

平野

「け、警部―!!」

小林

「あ、それから」

平野

「警部っ!?」

小林

「最後に、・・・あれ・・・聞かせてくれないか。」

平野

「あれ・・・ですか?」

小林

「オレがおまえに教えた、あれ、だよ」

平野

「こんな時に何言って・・・」

小林

「こんな時だから。おまえが一人前のデカになるのが・・・オレの夢でもあるのさ、
マイ・ドリーム」

平野

「でも、でも私・・・」

小林

「さあ・・・。オレの命の炎がもえ尽きる前に。聞かせてくれ、平野。」

平野

「わかりました・・・・。」

 

平野、立ち上がり。

平野

「月にかわって・・・おしおきよ・・・!」

小林

「・・・ザッツ・・・オールライト」 (ガクッと尽きる)

平野

「警部のバカー!!」

   

おしまい

閉じる