569話(2007年2月24日 ON AIR)

「災害時のお金」

作・ごまのはえ
「ものすごくがんばって僕たちは7千万円の貯金ができた。」
男と女
「ばんざーい!」
「と、喜んだのもつかの間。うちの町内に隕石がおちた。」
家が崩壊する音。
「僕らは閉じ込められた。」
ケケケケ。
やめて、
ケケケケケケ、
もうやめてよ。今そんなんみてる場合じゃないでしょ。
なんでやねん。
あんた状況わかってるの?通帳こっちかして。しまっとくから。
7千万やぞ。見てみろこのゼロの数。
今、そんなのみてもしゃーないやろ!
大丈夫、心配するな。俺らには7千万ある。
(ため息)
7千万あれば絶対助かるって。
お金ってなに?
は?
何よお金って!こんな時全然役にたたへん。何お金って、それで助かるの?
外と連絡取れるの?食べれるの?ただの数字やん。紙やん。しかも貯金やし。
全然意味ないやん!
落ち着け。
今この状況では、そんな通帳全然意味ないねんで?
意味がないこともないとは、言えないぞ。
あんた頭悪なったなー。
まぁ俺の話を聞いてくれ。お金なんて、もともとそういうもんや。食べるものでもない。
服でもない。爪もきれへん。何の役にもたたない。ただ皆が価値があると信じてるから価値があるだけ。いわば共同幻想、人間の頭脳が作り出したもの。そして今の我々は、食べ物もない、外との連絡もとれない、ただ助けてもらうのを待つばかり、ただ、
お金だけはある。
そんなお金意味がないねん。
悲観的になるな。言ったやろ。金なんて最初っからそんなもん。頭のお遊び。
そこで我々はお金本来の意味に立ち返り、お金をつかって遊ぼうじゃないか。
はぁ?
会社の近くにトンカツ屋があってさ。そこのトンカツが美味そうなのよ。でも千二百円もするわけ。でも俺ら金持ちやん。毎日でも食えるわけよ。
アホ。
毎日食べたとして一ヶ月で、3万6千円。一年で43万2千円。俺らの7千万はびくともしないわけよ。
(ため息)
な、こーゆうこと考えたら、楽しいやろ。
あんた。それ一人で食べるつもり?
え?
それ一人で食べる計算やんな?
あ、
サイテーやなあんた。あんた一人で稼いだ7千万ちゃうねんで。
ごめん。
だいたい毎日トンカツなんか胸焼けするわ。週一でいいの。それより河豚でしょ。
えーあんなん食べた気せーへんわ。
だから、おなかいっぱい食べるのよ。河豚で腹いっぱい。そんな経験できひんで。
ちょっとまてせっかくの7千万なんやから大事につかおう。
チーズフォンデュ。
そのほうが胸焼けするわ。
違うってチョコレートつけるやつとか、フルーツつけるやつとか色々あるねん。
まぁまぁ候補としておいとこ。
ブリしゃぶ。
え?なにそれ?
新鮮なブリをしゃぶしゃぶにするねん。
美味そう!
通販でセット売ってるから、3万円ぐらい。
たか!
何言ってるのそれを週に一回食べたとしても一ヶ月12万でしょ、一年で140万ちょっと、私らの7千万はびくともせーへんて。
男と女
ケケケケケ
おわり