571話(2007年3月10日 ON AIR)
「 迷宮入り 」

作 /上田誠

 

殺人現場。
男と女、事件を推理している。

   

これは、難事件ですねえ。

これは、不可解な事件だなあ。
被害者は、どうやって殺されたのか……。

   

やはり、このバットが、事件と関係あるんですかねえ。

うーん。

このバットで、ひと思いに、ガツンと。

んー、確かに、現場に落ちてるという点で、いかにも怪しいが、
ただいかんせん、このバット、プラスチックだろう。

あー。

金属バットならまだしも、プラスチックバットで、人は殺せんだろう。

   

だとすると、こっちのフライパンはどうですか。

フライパンかー。

このフライパンを、被害者の頭に、振り下ろして、

うーん……。チャーハンが入ってなければなー。

そうなんですよー。

チャーハンが、並々と入ってるからなあ。

殴ったら、米がこぼれますからねえ。

そんな形跡、どこにもないからなあ。

   

となると、こっちに落ちてる、ゴルフクラブ。

うん、うん。

これだとほら、人を殴るのに、もってこいですから。

まあ確かに、これは、凶器にはなるだろうが、
ただし、被害者はこれ、首を、絞め殺されてるだろう。

あー。

だから私は、ゴルフクラブとか、そういうのは、一切、関係ないと思う。

なるほど。

殴られてないわけだから。

   

となると、犯行に使えそうなのは、このロープ。

そうだな。確かにこのロープは、太さもちょうどいいが、
ただしこれは、間違いなく凶器ではない。

ええ……。

なぜならば、これは、現場保存用のロープだからだ。

そうですよねー。

警察が、あとから張ったものだから、これは、凶器ではありえない。

   

じゃあ、結局この、被害者の首に巻きついた電気コードなんですかねえ。

そうだね。私ははじめから、これだと睨んでいたよ。

じゃあやっぱり、このコードで、何者かに襲われて、

ところが、それが、そうとも限らんのだよ。
なぜならば、このコードの両端を握ってるのは、他ならぬ、被害者本人だからだ。

   

うーん。となると、やっぱりこれは、殺人ではなく、自殺……。

そうだなー。この、ダイイングメッセージがなければなー。

あー。

「犯人は高木」と、デカデカと書いてあるからなあ。

   

じゃあやっぱり、犯人は高木なんじゃないですか。

しかし、その高木は、隣で死んでるからなあ。

   

あー、となると、まず高木が被害者を殺して、
のあと、高木も、誰かに殺された、というのは……、

いやあ、明らかに、高木の方が先に死んでるだろう。

そっか……。

高木だけ、腐乱死体だから。

うーん……。

   

あと、不可解なのは、なぜこの高木の腐乱死体が、
今日までずっと放置されてたのか、ということだ。

ここ、大通りですからねえ。

   

さらに、なぜ大通りに、チャーハンのフライパンが落ちてるのか。

関係ないですからねえ。

   

そして、この被害者が、どう見ても、地球上の生命体ではないということ。

銀色ですからねえ。

   

また、この頭上の円盤状の物体は、なんなのかということ。

ずっと浮かんでますからねえ。

   

不可解だ……。実に不可解だ。

まあ、私たち、刑事じゃないからいいんですけどね。

警察は、どこへいったんだろうか。

それも謎なんですよねえ。

       ・
       ・
       ・
 

歩き去る2人。

END
閉じる