58話(1997年5月9日 ON AIR)

「走って、女になる」

作・飛鳥 たまき
(郊外を流れる一級河川の土手。萌え出た緑が鮮やか。風が吹いている。
河川敷では少年野球の試合。 歓声が聞こえてくる。
息を切らせながら土手を走り上がってくる女の子)
「おっ、新顔だね」
みどり
「…?…(まわりをキョロキョロ見る)誰?」
「おれ、風」
(風、ヒュルルーとみどりの体を風で包む。
みどり、黙って走る)
「おいおい…蹴りはもっと小さく…」
みどり
「………」
「……ほら、一、二、一、二……初めて?」
みどり
「…そう」
「どこまで?」
みどり
「…土手を走って、渚大橋をわたって、向こう岸をさかのぼって、上渚橋を渡って帰ってくる」
「…約六キロか…初心者にはちょっときついぞ」
みどり
「………」
「三キロくらいから始めるほうがいいと思うよ」
みどり
「……いいの」
「…リズム、リ・ズ・ム・……吸って吸って、はいてはいて……」
(みどりの息ずかいが荒くなる)
みどり
「…走るのよ。走って女になるの!」
「走って、女ねぇー……初めからとばすと続かないよ……もっとゆっくり…聞いてる?」
みどり
「聞こえてるわ」
「足痛めるぞ…」
みどり
「視線は十メートル先の地面を見つめて、栄光のゴールをイメージしながら走る。本にそう書いてあったわ」
「自分のペースで、走ること自身を楽しみながらってのもあるよ」
みどり
「………(もごもごと)楽しんでるわ」
「そんなに必死になっちゃ駄目だよ」
(みどり、ますます息荒くなる)
「せっかくの太陽だろう。せっかくの眺めだろう」
(遠くでトランペットを練習してる音。電車の響き)
「…ようこそ、俺のなわばりへ。仲間を紹介するよ」
みどり
「……」
「ほら、あそこ、土手の中ほど。あいつ、高校生になったばかり。ブラスバンド部に入ったんだ。毎日、練習にきてる。大分うまくなったー」
みどり
「…光り輝く高校時代…」
「河川敷でやってる少年野球、『渚モールズ』ってチームなんだけど、春の公式戦、3回戦まで勝ち進んでたんだぜ。奇跡、奇跡だよ、これは」
みどり
「優勝しそう?」
「そう。すごいだろ?……おっとー、リズム狂ってきてるよ。吐いて…吸って…」
(野球の歓声)
「俺、結構、味方してやってんだ。(ピュー)ってね……あーー渚大橋のとこ、君の仲間がきたぞ。彼は走り始めて一年。一人前になってきたね」
みどり
「一人前か……一人前、一人前…」
(みどり、ゆったり、リズミカルな走りになってくる)
「草の緑がきれいだろ。この前の雨で一気にのびたんだ」
みどり
「川向こうの山の木、ブロッコリーみたいよね」
「ブロッコリー?……なるほど。その調子、その調子、一、二、一、二……ブロッコリーね…そう言われれば、山が急にころころしてくるんだよね…(ピューン)合格!君を『エンジョイ・ウインド』クラブ会員として認めます。」
みどり
「それって生意気じゃない?」
「……足がいい。すらりっとのびて…」
みどり
「あーっ、どこ見てんのよー」
「ちがうよ、ちがうよ。筋肉ついたら、いい走りができるなっておもってさ」
みどり
「ほんと?ホノルルマラソン夢じゃない?」
「いいぞ!めざせホノルル!……一、二、一、二…その調子、その調子…リラックスして…」
(風、勢いよく吹く)
みどり
「完璧な女になって、あいつなんか…あいつなんか……(だんだん泣き声になっていく)」
「おい、どうした?」
みどり
「(涙声で)…なんでもない……」
「………一、二、一、二……走って女になるんだろ……いい女になるんだろ…」
(渚大橋に平行にかかる鉄橋を電車が走ってくる)
みどり
「…………(鼻をすすりながら)一、二、一、二…」
(トランペットのスムーズなメロディーが聞こえてくる)
「おう!…ペットも様になってきたぞ」
(大橋の上は四車線の道路。車が行き交う。
川から風が吹き上がってくる。
みどり、涙ふいて渚大橋を走っていく。
「(キュルルと急転回して)俺のなわばりここまでー。こっからは一人で走れ。……リズムだぞ。リラックスだぞー。ホノルルだぞー!」
みどり
「(振り返って)明日も伴走よろしくー」
(みどり、再び前を向いて走りながら手をふる。
大橋の上でランナーとすれ違う。
橋の上を風が吹きすぎていく)