581話(2007年5月19日 ON AIR)
「 弁解の余地もない 」

作 /後藤雄一(はいてっくくねくね)

 

大阪の、とあるマンションの一室。

 

一緒に暮らしている男と女が向かい合っている。

まあ、とりあえずさあ。

…うん。

一服しいや。

うん。

灰皿。

…うん。

 

ライターでタバコに火をつける音。

 

男、「ふーっ」と息を吐く

落ち着いた?

うん。

じゃあ聞かせてもらおうか?

うん。

なんで会社辞めたん。

………うん。

うん、じゃなくて。

いやぁ。

いやぁじゃなくて!どうすんのこんな広いマンション借りて家賃も払っていかなあかんし。

うん。

これから半年かけて結婚資金ためるんとちゃうかったん?

うん。そうやけど。

なんで。

うん。

な・ん・で・辞めたん?

いや……ちょっとムカついて。

ちょっとムカついたくらいで、いちいち会社辞めとったら、いくつ会社あっても足らんで?

いや……ちょっとムカついて、つい。

つい?

頭、はたいてしもてん。

…………誰の?

社長の。

……社長って、あの、なんか、ゆで卵に海苔貼り付いたような髪型の?

そうそう髪型っていうか、なんか全体的にゆで卵に海苔貼り付いたような感じの。

……。

なんかな、もう色々うるさいからさ、もう「やかましいわオッサン、ペチコーン」って。

…………なあ。

ん。

あんたそれ、辞めたんやなくて、首になったっていわへん?

 

女、溜め息。

 

間。

どうする?とりあえず。再就職とか。

……。

しばらく考えな分からんか。

辞めたくて辞めたわけやないねん。

はたきたくて、はたいたんやろ?頭。

…………俺な。

うん。

死んだオカンによう言われとってん。「あんた、ええ加減で辛抱知らん男やから、あんたのお嫁さんになるコはきっと苦労するで」って。俺「そんなことないわぁ!」って言い返したんやけど、……結局、オカンの言う通りやったなあ。

お母さんってのは子どもの事、よう見てはるから。

ごめんな。

……情けない顔すんな。男やろ?

……。

しゃあないなあ。こっち、き。

……。

頭、撫でたるわ。

 

間。

あ、そや。

え?

そしたら給料はどうなるん?今月分の。

ああ、……もらってきた。

あ、もらってきたん?

中途半端やけど……17日分。

……しゃあないな、とりあえず。

うん。

焼肉でも食いに行こか?

え?

それで。

ちょ、ちょっと待って焼肉?俺、首になったんやで?

うん。

次の会社も決まってへんし、あんまり贅沢なもん食ったら。

とりあえずパワーつけな、次の会社どころやないやろ。

いや、でも。

あんた、今、死んだ魚みたいな目してるで。

……。

じゃあ、行くかあ。

なあ。

ん?

俺さあ、お前の事、誰かに似てるなあって、ずっと思ってたんやけど。

……うん。

死んだオカンに似てるな。

(少し笑って)行くで、マザコン。

はーい、ママ。

やかましいわ、おっさん。

終。
閉じる