582話(2007年5月26日 ON AIR)
「 ひつじが1匹 」

作 /山内直哉

 

ひつじが801匹、ひつじが802匹、

   
 

幻想的な曲にエコーのかかった声が被る

   

(囁く感じで)ひつじが1匹、ひつじが2匹、ひつじが3匹…

   

はいはいはい、止めまーす

はい?

あのねえ、ちょっと色っぽい。寝付けないわ、これじゃ

どうすればいいんでしょうかく

女性バージョンは初めてだからねえ。試行錯誤して行くしかないんだけど

じゃあ、色々やってみてもいいですか?

うん、じゃあ次は、もう少し大きな声で

分かりました

じゃあ、もう1回行きまーす。いいですか~、はい

   
 

幻想的な曲にエコーのかかった声が被る

   

(威勢よく)ひつじが1匹~!ひつじが2匹~!ひつじが3匹~!

   

はいはい、止めよーう。止めよーう

試行錯誤ってことは、まあ、こんな感じもアリですよね?

ナイね。今のはナイよね

え、でも、声は出てましたよね

うん、出すぎ? 市場じゃないんだから。ひつじを競り落してるみたいに聞こえたわ

ああ。もう少し抑えた方がいいですかね

そうだよね。何のためのひつじかよく考えて

ああ

え、「ひつじが1匹」って聴いたことあるよね

子どもの頃に

じゃあ、その感じを思い出して

ああ、はい

じゃあ、もう1回行きまーす。どうぞ

   
 

幻想的な曲にエコーのかかった声が被る

   

One sheep jumped over the fence, two sheep jumped over the fence…

   

No No No No~! Why!Why!Why!

すみませんでした!

はいはい、今のは、自分で何が違うか分かるよね

ココは日本でした

だよねー

つい。すみません

君は何、海外にいたの

中3までイングランドに

ああ、そう

   
   
   

グランドマザーがよく寝る前にひつじを

数えてくれたんだ

見せてくれました

実写!?

グラニー…

それは、素敵だけど、そろそろね、真剣にやってもらわないと

(すすり泣き)

ああ、いや、そんな、泣かないで。怒ってるわけじゃないよ

あ、いや、すみません。ちょっと、亡くなったグランドマザーのことを

ああ…おばあさん。そっかあ

何か、ごめんなさい。

続けて大丈夫?

はい、今は、忘れますっ

じゃあ…いいですか?もう1回行こうか

お願いしますっ

はい、では、行きまーす。どうぞ

   
 

幻想的な曲にエコーのかかった声が被る

   

ひつぎが1式、ひつぎが2式、ひつぎが3式、ひつぎが4式…

   

はいはいはい、よーしよしよし

何でしょうか

あのねえ、お葬式になっちゃった

え?What?

あ、気付いてない? ひつぎが出てきたよお。しかも、舌巻いてるし。

ああ…Oh!No!

グランドマザー?

忘れようとしたのに…

そうかあ。でもね、忘れることはないよ。まだ元気にしていらっしゃるんだから

え?

さっき、お会いしたらね、「マコちゃん、仕事頑張ってるねえ」って喜んでたよ

今、どこにいるの!?

隣の部屋にいらっしゃるから

グラニーっ!

待って!

会わせて!

会うのは仕事が終わってから

グラニ~

早く終わらせて会おう。じゃあ、もう一度行くよっ

はいっ!

   
 

幻想的な曲にエコーのかかった声が被る

ひつじが1匹、ひつじが2匹、ひつじが3匹・・・

ひつじが873匹、ひつじが874匹、ひつじが875匹…

閉じる