6話(1996年5月10日 ON AIR)

「耕平と結婚する。」

作・飛鳥 たまき
耕平
次の角を曲がれば陽子の家はすぐだ。
「陽子さんと結婚します。許して下さい。」
いや、許してじゃないよな。許されなかったら、
耕平、お前は陽子をあきらめるのか?
「おれたち結婚します。いいでしょうか」
何いってんだよ、いいに決まってるだろう!
おれはいろいろとつぶやいてみたが
申込の言葉に決定打はない。
角を曲がる前に大きく深呼吸し、
「ようし!」自分に声をかけた。
陽子
もう、まいった、まいった。
何をそんなに格好つけるのっていいたくなる位の
バタバタぶり。
念入りに掃除をして、玄関口には打ち水なんか
しちゃって…
「シャンパン用意しておきましたよ」
母さんは一人はりきっている。
父さんは迷ったあげくのはて、明るいブルーの
シャツを着た。
耕平
進められるままにビールを飲み、ウイスキーを飲んだ。
陽子のお父さんは、一時も黙ることなく
しゃべりまくっている。
酔いがまわってきた。
陽子がおれをにらんでいる。
陽子
時計は十時をとっくにまわっている。
耕平も父さんもいい気なもんだわ。
もう知らないから。
耕平
「耕平さん、そろそろ帰らなきゃ…」
お母さんが時計をみながら言った。
おれはその言葉にはじかれたように正座した。
「陽子さんを下さい。お願いします」
大声で言った。
陽子
「日曜日、耕平が来るよ」って
言ったときから分かってたはずなのに、
父さんは思いもかけないことを聞いたように
目をまるくした。
一瞬の緊張のあと、母さんがそそくさとたって、
シャンパンをとってきた。
シュワシュワ シュワシュワ
シャンパンは祝いの音をたてた。
耕平
お父さんはどうして返事をくれなかったんだ?…
「よろしく頼む」とか「ふつつかな娘だが」とか
なんとかいってほしかったよな。
…でも、シャンパンをあけたということは、
OKってことだよなぁ。
今夜の会話を追ってみるが、
頭はとっくに溶けてしまっていた。
垣根のそばを通ると、バラの甘い香りがした。
陽子
シャンパンを飲み干した。ドラマのような感じは
ないけれど、それでもうれしかった。
でも、「下さい」は嫌いよっていったのに…
これだけは言っておくわ、耕平。
もらわれていくんじゃないからね!
耕平
結局明快なOKの返事はなかった。
でも、あれから1ヶ月たって、お父さんの言った言葉。
「耕平君、将来、君らに何かあった時には、たとえ陽子が
悪くても、…陽子の方が悪くてもだ、一方的に君を
責めるからな」

陽子、幸せになろな。
陽子
あれから父さんは不機嫌だ。
「すねてるだけよ」
母さんはそういうけど、
「おめでとう」のことば位あってもいいでしょ。
いいわよ、父さんがOKくれなくったって。
自分で決める。耕平と結婚する。
耕平
婚約発表はみんなに一斉に知らせたくて
二人の写真を入れて、ハガキを出すことにした。
陽子
須磨の海岸。
うれしそうな顔、何をいって笑ったんだろう。
耕平も私もいい笑顔してる。