60話(1997年5月23日 ON AIR)

「飾り窓の女」

作・み群 杏子
ある日突然俺の部屋にあいつがやってきた。どこからだって?大通りの角にある雑貨店のショーウィンドウからさ。あのショーウィンドウの中に、君みたいな人、いたっけ?
わたし、人じゃないもの。
人じゃない…って…
わたし、絵なの。
絵…そういえば、綺麗な女の絵が一枚飾ってあったっけ。つまりあいつは、ショーウィンドウにディスプレイされていた額縁の中から、俺の部屋にやってきたって言うんだ。
あなた、いつもものほしそうに、私のこと、見てたでしょ。
君のことを見てたんじゃないよ。君と一緒に飾ってあったコーヒーカップがほしいなと思ってたんだよ。
あのカップならもってきてあげたわ。ほら。
あいつはすました顔で、お茶を入れていた。気がつけばチェックのクロスの下のテーブルも、学生時代から使っている安物ではなくて、あの店にあった、アンティーク風のかっこいいやつだ。それだけじゃない。飾りだなに、スタンド、ソファ…この部屋中が、あのショーウィンドウの中みたいになってるじゃないか。
なんで、俺なんかの所に来たの?
実は、もう一人候補者がいたの。あなたと同じ目をして私のことを見てくれてたんだけど、すっごいおじいちゃんだったのよね。私だって人を選ぶ権利あるわよ。結婚するなら若い方がいいわ。
けっこんだって!?
そ。これ、私のお嫁入りの道具よ。よろしくね。
…もしかして、隣の部屋には、ベッドが入ってなんてこと…
よくわかったわね。
ふすまをあければ、いつもの万年床のあった場所に、あの店の奥にあったベッドがでんと置かれていたのには驚いた。ベッドは渋いチェックのカバーやシーツで覆われている。
お気に召して?それ、ラルフローレンよ。
お気に召してって、あんまりじゃないか。
どうして?あなたいつも、お店に来ては、こんなベッドでねむりたいって、思ってたんでしょ。知ってるのよ。
そりゃ、思ってたけど…でも、俺はまだ、結婚なんかしたくないんだよ。就職だって、したとこだし、やりたいことだっていっぱいあるしさ。
結婚したって、やりたいことはできるわよ。
だけど、俺にだって選ぶ権利はあると思うけど。何も好きこのんで、額縁の中の女と結婚なんかしなくたってさ。…悪いけど、出ていってくれないかな。
ひどい!やっぱりあのおじいちゃんにしておけばよかった。あの人だったら、私を追い出したりなんかしないわ。連れ合いは死んじゃってるし、二人の子供も独立して遠くに行ってしまっているんですもの。私のこと、大切にしてくるはずだわ。
だったら、そうすればいいじゃないか。今からでも間に合うよ。よかったら俺が連れていってやろうか。
けっこうよ。自分で行けるから。
あいつが怒って部屋中の荷物と一緒に出ていったあと、俺はちょっぴり後悔した。あのラルフローレンのベッドで抱いてみたらどんなだっただろう。
今も、ショーウィンドウの前を通るたびにあいつのことを思い出すんだ。ウィンドウのディスプレイはあの日とはすっかり変わって、春らしく変わっていた。白木のテーブルに、白い花ばかりを生けた硝子の花瓶。そしてその横に、小さな陶器の人形が飾られている。
お、なかなか可愛いじゃないか。
ほうんとうに、可愛い?
え?
こっちよ、こっち。ほら、あなたの目の前。